書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。


Tips:引用記法:>>(大なりを二つ)で始まる行は引用文として扱われる。
同性婚 by id:Kodakana

Malta 15th European country to legalise gay marriage, Edwin Vassallo votes against - The Malta Independent

7月12日、マルタ共和国議会は結婚平等法案の採決を行い、与野党双方のほとんどの議員が賛成して可決した。結婚平等法は「結婚の構成を近代化する」ことによって同性間の結婚を法制化する。採決に当たって Joseph Muscat 首相は党議拘束なしの投票を宣言するように求めたが、野党国家党代表 Simon Busuttil は党の政策宣言に基いて党員は賛成すると述べ、自由投票を受け入れなかった。

反対する人々に何と言うかとの報道陣からの質問に対して、Muscat 首相は1973年の同性愛非犯罪化の際の反対論や、離婚や民事結合を導入した時に起きたことを指摘した。

唯一反対票を投じた野党議員Edwin Vassallo は、誰ものために互いの信念を尊重しようと主張し、社会の中で多様な見解を尊重できなければそれは恥であると付け加えた。

シェア いかにも!
同性婚 by id:Kodakana

Malta to legalise gay marriage and ban gendered words in legislation | The Independent

マルタ共和国は、同性婚を法制化するに当たって、結婚に関する法制度上のジェンダー的用語を廃棄しようとしている。法案では、婚姻法から「夫」「妻」「母」「父」のような用語を除き、ジェンダー中立的な用語に置き換える。一部の議員は、従来の用語を維持しつつ同性婚のための新しい用語法を追加することを提案している。これについて Helena Dalli 平等相は「何らかの形の新しい用語法を導入することは平等に反する」と述べた。

シェア いかにも!
同性婚 by id:Kodakana

PM Muscat commits himself to passing gay marriage law before summer - The Malta Independent

マルタ共和国の総選挙は6月3日に投票が行われ、野党国家民主党の43.8%に対し与党労働党は54.9%を獲得し、Joseph Muscat 首相が続投する見込み。Muscat 首相は夏休み前に議会を開き、政府は棚上げになっていた同性婚法案の可決を推すと述べた。首相はその政権が市民的自由を牽引することを再び約束し、夏が終わるまでに同性婚法を成立させることに集中すると述べた。

シェア いかにも!