カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

シュラスコ の検索結果 標準 順 約 100 件中 1 から 20 件目(5 頁中 1 頁目) RSS

  • Winart (ワイナート) 2016年 07月号 [雑誌]
    • 美術出版社
    • ¥1980
    • 2016年06月03日
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • ワインファンに贈る、ワインと食のステータスカルチャーマガジン◯巻頭特集
    日本ワイン特集
    〜世界に挑む個性豊かなブドウ 甲州&マスカット・ベーリーA〜

    ワイン消費量が伸びるなか、ひときわ人気の高まっている日本ワイン。
    その根幹をなすのが、日本固有品種として世界にも認知されはじめている甲州とマスカット・ベーリーAのふたつの品種だ。
    本特集では、日本ワインファンなら知っておきたい2品種について、歴史や味わいの特徴などをワイナリー取材を交えて徹底解説する。
    さらに、それぞれのワインに相性のよい料理の選び方指南や、
    家庭で手軽に楽しめるデパ地下お惣菜との相性を採点表付きで紹介する。


    ◯第2特集
    南米よりニューウェーブ襲来! ブラジルワイン

    今夏のオリンピック開催に湧くブラジルワイン。
    ブラジルの魅力は、サンバやシュラスコ、色彩豊かなファッションだけではない。
    じつはワインの生産量も品質もグングン急成長を遂げている、世界では注目の新興ワイン産地のひとつなのだ。
    現地入りし、ワイナリーやトップソムリエにブラジルワインの洗練された味わいの魅力を取材した。


    ◯その他現地特集
    ボルドープリムールテイスティング2016年レポート
    最優秀ソムリエコンクール世界大会レポート


    ◯新連載
    日本酒サムライ、ブルゴーニュでワインに挑む

    「醸し人九平次」の銘柄で人気の、日本酒蔵元である萬乗醸造。
    その当主・久野九平治氏がフランスワインの本場・ブルゴーニュに乗り込み、ワイン造りを始めるという。
    そのワイナリーの名は「ドメーヌ・クヘイジ」。ドメーヌ・クヘイジの初出荷ワインができるまでのワイナリー密着レポート。


    ◯チリ白ワイン50本テイスティング
    夏にピッタリのチリの3000円以下のワインを比較試飲。人気のレギュラー企画。

    ※内容は現時点のもので、変更になる可能性がございます。
  • 【輸入盤】『ケルティック・エアーズ』 バリー・ダグラス(ピアノ)、イーマー・マクギオン(アイリッシュ・フルート)、カトリーナ・マッケイ(スコテ
    • ピアノ作品集
    • Chandos
    • ¥2721
    • 2016年10月05日
    • 通常3~7日程度で発送
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • バリー・ダグラスの真骨頂!
    ケルティック・アルバム第2弾!

    2014年に発売され大きな話題を呼んだ「ケルティック・リフレクションズ」に続くバリー・ダグラスによるケルティック・チューンのピアノ・アレンジ・アルバム第2弾!
     北アイルランドの首府ベルファストに生まれ、1986年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝した世界的ピアニスト、バリー・ダグラスが、故郷アイルランドやスコットランドの美しい旋律に思いを馳せるこのアルバム。前作では一部の曲にアイリッシュ・フルートが参加していましたが、今作ではさらにスコティッシュ・ハープ、シェトランド・フィドルが加わり、よりケルティックな香りの漂うアルバムとなりました。ピアノ・ファンや美メロ・ファンにはもちろん、ケルト音楽愛好家にも広くおススメできるアイテムです。(輸入元情報)

    【収録情報】
    『ケルティック・エアーズ〜様々な作曲家、伝承曲』

    ● Mna na hEireann
    ● The Foggy Dew
    ● The Minstrel Boy
    ● Molly Malone
    ● Boatman
    ● Fear a' Bhata
    ● Master McGrath
    ● The Lark in the Clear Air
    ● The Star of the County Down
    ● The Fields of Athenry
    ● Planxty Irwin
    ● Buachaill on Eirne
    ● On Raglan Road
    ● Brendan's Air
    ● Roisin Dubh
    ● Oro 'se do bheatha abhaile
    ● イーマー・マクギオン:Ballyvaughan Pier
    ● The Runescape Jig
    ● Secret Circle Reel
    ● Brendan's Air (tune by Brendan Monaghan)
    ● クリス・スタウト&カトリーナ・マッケイ編:Barry's Reels
    ● Unst Bridal March

     バリー・ダグラス(ピアノ)
     イーマー・マクギオン(アイリッシュ・フルート)
     カトリーナ・マッケイ(スコティッシュ・ハープ)
     クリス・スタウト(シェトランド・フィドル)

     録音時期:2016年2月5,6日
     録音場所:アイルランド、Curtis Auditorium and Recording Suite, CIT Cork School of Music, Bishopstown
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

    Disc1
    1 : バリーヴォーンの桟橋 - ルーンスケープ・ジグー シークレット・サークル・リール*(メロディ作曲:エーマー・マクジョウン)
    2 : ブレンダンの歌*(メロディ作曲:ブレンダン・モナハン)
    3 : フォギー・デュー(霧に濡れて)(アイルランド伝承曲)
    4 : 船乗り*(アイルランド及びスコットランド伝承曲)
    5 : フィールズ・オヴ・アセンライ(アセンライの野)(メロディ作曲:ピート・セント・ジョン)
    6 : プランクスティ・アーウィン*(メロディ作曲:ターラク・オカロラン〔1670-1738〕)
    7 : ミンストレル・ボーイ(吟遊楽人の少年)(アイルランド伝承曲)
    8 : 黒毛のばら*(アイルランド伝承曲)
    9 : モリー・マローン(アイルランド伝承曲)
    10 : アーン湖畔から来た少年*(アイルランド伝承曲)
    11 : オン・ラグラン・ロード(ラグラン・ロードで)*(アイルランド伝承曲)
    12 : スター・オヴ・ザ・カウンティ・ダウン(ダウン州の星)(アイルランド伝承曲)
    13 : マスター・マグラース(アイルランド伝承曲)
    14 : ラーク・イン・ザ・クリア・エアー(晴れた空にひばりが)(アイルランド伝承曲)
    15 : アイルランドの女たち*†(メロディ作曲:ショーン・オー・リアンダ〔1931-1971〕)
    16 : バリーのリール†(メロディ作曲バリーのための歌:カトリーオナ・マカイ
    17 : 厳しい闘い:クリス・スタウト)
    18 : アンストの結婚行進曲†(シェトランド諸島の伝承メロディ)
    19 : おかえりなさい*†(アイルランド伝承曲)
    Powered by HMV
  • シューベルト:ピアノ五重奏曲≪ます≫
    • バドゥーラ=スコダ バリリ四重奏団員/ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団員/ヨーゼフ・ヘルマン/フランツ・シューベルト/ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団員
    • ユニバーサルミュージック クラシック
    • ¥1870
    • 2019年12月18日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • サラマンダー【Blu-ray】
    • マシュー・マコノヒー/クリスチャン・ベイル/イザベラ・スコルプコ/ロブ・ボウマン
    • (株)博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
    • ¥2750
    • 2016年08月17日
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 5.0(1)
  • カウボーイになった男
    • 井上修一
    • エフビー
    • ¥1980
    • 2019年03月15日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • 東京ドーム254個分の広大なオーストラリアの牧場でバイクにまたがり牛を追う男、カウボーイになる夢を実現したハングリータイガー会長、井上修一だ。1969年に横浜の丘の上に創業したハンバーグ・ステーキレストランは、O157事故、BSE禍による2002年、3店を残し9割の店が消滅。しかし、ブランドと希望は残った。現在、ハングリータイガーは10店を地域に愛される店として盛業。社長を息子に譲った井上は、牧場経営に専心する。本書には、安全でおいしいビーフを提供したい、という井上の牛肉への思いがたっぷり込められている。
  • 【輸入盤】ピアノ・ソナタ全集 パウル・バドゥラ=スコダ(1967-71)(12CD)
    • シューベルト(1797-1828)
    • Rca
    • ¥3036
    • 2017年09月22日
    • 通常3~7日程度で発送
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • パウル・バドゥラ=スコダ/シューベルト:ピアノ・ソナタ全集(12CD)

    ウィーン生まれの巨匠ピアニスト、パウル・バドゥラ=スコダの90歳を記念して(1927年10月6日生まれ)、1970年にRCAから発売されたシューベルトのピアノ・ソナタ全集が初CD化されます。
     1967年5月から1971年5月にかけてウィーンとローマで録音されたこのシューベルト全集は、ウィーン生まれで当時RCA の副社長・統轄企画部長だったリチャード・ジョージ・マレク[1902-1987]の肝いりで実現したもので、21曲のソナタのうち、未完のソナタについてはバドゥラ=スコダ自身による補筆完成が行なわれ、さらに第13、16、17、20、21番の5曲については、全曲ボックス発売時に差し替えられた別録音があり、今回のCD化ではそうした別録音も全て収録されています。
     1971年暮れにこの全集がLP13枚組で発売された時、英グラモフォン誌は「シューベルトと同郷のバドゥラ=スコダには、ウィーン音楽の様式が血脈となって流れている。感情もドラマも決して過剰にならずにコントロールされ、シューベルトがベートーヴェンとは異なる個性の持ち主であることを示している。バドゥラ=スコダの解釈の基調となるのはくつろいだ抒情と素朴さであり、厳格なソナタ形式ではなく、ロマンティシズム溢れる夢想を追求するシューベルトの本質をこれ以上ないほどに的確に表現している」と絶賛しており、日本での1970年〜71年にかけて単売で発売され、高い評価を得ていました。
     バドゥラ=スコダはこのRCA全集以外にもウェストミンスターやハーモニック・レコーズなどに複数のシューベルトのソナタを録音しており、さらに独ゲヌイン・レーベルからは近年の再録音のリリースが続いています。またアルカナ・レーベルで1992〜96年には自身が所有するフォルテピアノでの全集を完成させるなど、シューベルト作品への深い愛着を持つバドゥラ=スコダ。2012年、ライプツィヒ『大衆新聞』は、バドゥラ=スコダについて、「音符を鍵盤で完全に引き立たせ、愛と知的な敬意をもって演奏する、20世紀の最も優れたシューベルト・ピアニスト」と絶賛しているほどです。そうしたバドゥラ=スコダの全盛期に、RCAならではの優秀なステレオ録音で収録された全集の復活は、ピアノ愛好家、シューベルト愛好家にとって待ちに待った再発売と言えるでしょう。
     オリジナル・アナログマスターからの24bit/192kHzリマスター。オールカラーの別冊解説書には、ピアニスト自身による新しいエッセイ、録音データを網羅したトラックリストとディスコグラフィが掲載されています(欧文のみ)。個々のディスクは初出時のLPジャケット・デザインによる紙ジャケットに封入され、CDレーベルも当時のLPレーベル・デザインを採用し、厚紙製クラムシェル・ボックスに収容されています。(輸入元情報)

    【収録情報】
    シューベルト:ピアノ・ソナタ全集

    Disc1
    ● ピアノ・ソナタ第1番ホ長調 D.157(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson)
    ● ピアノ・ソナタ第2番ハ長調 D.279(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )

    Disc2
    ● ピアノ・ソナタ第3番ホ長調 D.459(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )
    ● ピアノ・ソナタ第4番イ短調 D.537(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )
    ● ピアノ・ソナタ第5番変イ長調 D.557(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )

    Disc3
    ● ピアノ・ソナタ第6番ホ短調 D.566(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )
    ● ピアノ・ソナタ第7番変ホ長調 D.568(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )

    Disc4
    ● ピアノ・ソナタ第8番嬰ヘ短調 D.571(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )
    ● ピアノ・ソナタ第9番ロ長調 D.575(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )
    ● ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 D.613(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )

    Disc5
    ● ピアノ・ソナタ第11番ヘ短調 D.625(録音:1967年、ローマ、RCA Recording Studio A)
    ● ピアノ・ソナタ第13番イ長調 D.664(録音:1971年、ウィーン、Studio Grayson)
    ● ピアノ・ソナタ第14番イ短調 D.784(録音:1967年、ローマ、RCA Recording Studio A)

    Disc6
    ● ピアノ・ソナタ第15番ハ長調 D.840(録音:1968年、ウィーン、Studio Grayson )
    ● ピアノ・ソナタ第16番イ短調 D.845(録音:1971年、ウィーン、Studio Grayson)

    Disc7
    ● ピアノ・ソナタ第17番ニ長調 D.850(録音:1971年、ローマ、RCA Recordin
    Powered by HMV
  • ラストラン 殺しの一匹狼
    • ジョージ・C.スコット/トニー・ムサンテ/トリッシュ・ヴァン・ディーヴァー/リチャード・フライシャー
    • 復刻シネマライブラリー
    • ¥3459
    • 2019年12月16日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 3<2018リマスター>
    • キリンジ
    • (株)ワーナーミュージック・ジャパン
    • ¥3080
    • 2019年08月07日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • いつか王子様が
    • アレクシス・コール/フレッド・ハーシュ/スティーヴ・ラスピーナ
    • ヴィーナスレコード(株)
    • ¥1351
    • 2010年12月15日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 最高の音で楽しむために!
  • 【輸入盤】ピアノ・ソナタ第14番、第20番 バドゥラ=スコダ
    • シューベルト(1797-1828)
    • Genuin
    • ¥2519
    • 2008年08月05日
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • バドゥラ=スコダ得意のシューベルト:ソナタ集
    なんと2008年2月ウィーンにおける最新スタジオ録音!

    2007年のワールド・ツアーの一環で来日し、日本もツアーで回って元気なところをみせてくれた御年81歳の巨匠バドゥラ=スコダの最新録音。GENUINレーベルではバドゥラ=スコダのシューベルトが2タイトル発売になっています。
     今回は得意としているシューベルトのソナタ2曲で、第20番は2007年の来日公演でも演奏した得意中の得意です。年齢を全く感じさせないテクニック、鮮やかな音色、強靭なタッチに驚嘆する。老練、枯淡の境地とは無縁のみずみずしいシューベルト。(東武トレーディング)

    シューベルト:
    ・ピアノ・ソナタ第14番イ短調 D.784
    ・ピアノ・ソナタ第20番イ長調 D.959
     パウル・バドゥラ=スコダ(ピアノ)

     録音:2008年2月22-23日、ウィーン(デジタル)

    Disc1
    1 : Schubert: Sonata, D784: I. Allegro giusto
    2 : II. Andante
    3 : III. Allegro vivace
    4 : Sonata, D959: I. Allegro
    5 : II. Andantino
    6 : III. Scherzo. Allegro vivace-Trio. Un poco piu lento
    7 : IV. Rondo. Allegretto
    Powered by HMV
  • ロッシーニ:歌劇 オテロ
    • カレーラス/フォン・シュターデ/ロペス・コボス/フィルハーモニア管弦楽団/ジョン・マッカーシー/ロッシーニ/フランチェスコ・マリア・ベリオ/ヘスス・ロペス=コボス/ジャンフランコ・パスティーネ/フィルハーモニア管弦楽団
    • ユニバーサルミュージック
    • ¥5339
    • 2005年06月29日
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)

案内