カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

コーヒー の検索結果 標準 順 約 2000 件中 201 から 220 件目(100 頁中 11 頁目) RSS

  • 美味しいコーヒーって何だ?
    • オオヤミノル
    • マガジンハウス
    • ¥1760
    • 2013年05月23日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.0(3)
  • アーティストのように作ってロックミュージシャンのように表現したい。それが信条の異端の焙煎家オオヤミノル。美味しいコーヒーとは何かをテーマにサンフランシスコ→鹿児島→鎌倉→東京の名物ロースターたちを訪ねて論議を重ねた。最先端のコーヒーは日本から生まれる。
  • 真珠色のコーヒーカップ
    • 赤川次郎
    • 光文社
    • ¥586
    • 2006年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.65(55)
  • “レインボー・ハウス”も開業し、チーフとして忙しい毎日を送る爽香。ある夜、爽香は、暴走族に襲われたという少女を助ける。その同じ晩、S工業グループ会長の息子・色部健治が暴走族同士の抗争で殺されていた…。犯人は、健治と対立するグループのリーダー・緑川邦夫だという情報が入るが…。読者とともに登場人物たちが年齢を重ねる人気シリーズ第19弾。
  • トウモロコシの先住民とコーヒーの国民
    • 中田英樹
    • 有志舎
    • ¥3080
    • 2013年03月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • 一九三〇年代の中米、グァテマラ。「未開」社会を客観的にとらえることをその使命とする現代人類学が、この国のマヤ系先住民の調査から生まれた。人類学者たちは先住民「未開」社会に何を「発見」したのか?近代的な「知」によって綴られた歴史から削除されていった人びとの姿を描き出し、多文化共生が掲げられる現代において、他者を理解するという行為が無自覚に孕んできた問題を問い直す。
  • シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書
    • 岩田リョウコ
    • ガイドワークス
    • ¥1628
    • 2017年02月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • 全米でベストセラー!世界のコーヒーシーンを牽引するアメリカで一番有名な珈琲愛好家は日本人女性だった!大人気サイト「I LOVE COFFEE」を運営するシアトル在住の筆者がアメリカ人に教えたちょっとパワフルで、ちょっとシニカルで、でもコーヒーのことがとてもよくわかる世界一わかりやすいコーヒーの本!世界中で翻訳され、いよいよ日本語版で登場!日本語版限定ボーナスページ付き!
  • 東京映画館
    • キネマ旬報社
    • ¥1375
    • 2015年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.43(8)
  • 珈琲飲み
    • 中根光敏
    • 洛北出版
    • ¥2640
    • 2014年09月19日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 美味しい珈琲を探し求め、全国の珈琲店をめぐり歩く。やがて、職人が淹れる作品のような珈琲を、いつか自分の手でも、と思いつめ、店で修業するにいたる。やがて、市販の豆では飽き足らず、生豆を仕入れて自家焙煎を始める。やがて、コーヒー農園に渡航しさえする。やがてとやがての間で、次々と浮かぶ謎ー「美味しいとは?」「一杯の価格の基準は?」「喫茶店の始まりは?」…。珈琲に、うきみをやつした実体験をもとに、「コーヒー文化」の妙味を、洒脱に紹介する。
  • おいしいコーヒーの経済論増補版
    • 辻村英之
    • 太田出版
    • ¥2090
    • 2012年04月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • 不公正な貿易を変えるために。コーヒーの経済研究の第一人者による画期的な業績。
  • カラーひよことコーヒー豆
    • 小川 洋子
    • 小学館
    • ¥481
    • 2012年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.06(62)
  • インドとドイツの区別がつかなかった子供のころ。「君、明治生まれ?」とボーイフレンドに揶揄された学生時代。そんな遠い日の思い出と、ささやかな日常の場面の中にある人生の真実ー。三十一の宝石のような掌篇が詰まった、小川洋子さんのエッセイ集。文庫化に際し、書き下ろしエッセイを収録。
  • 記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 7
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥462
    • 2013年06月26日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 4.0(61)
  • いちばん逃げたくないと思っているのは、勝利自身のはずだ。誰よりも勝利こそが、今の自分を不甲斐なく思っているに違いないんだから…。勝利がオーストラリアに旅立ち、残された傷心のかれんを支える弟の丈。勝利の辛さもかれんの寂しさも、そばでずっと見てきた丈には、わかりすぎるほどわかる。そんなもどかしい日々の中、由里子の思いがけない提案によって、新しい光が差し込み始める。

案内