カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

コーヒー の検索結果 標準 順 約 2000 件中 841 から 860 件目(100 頁中 43 頁目) RSS

  • コーヒータイムブック
    • 川口葉子/藤原ゆきえ
    • ネオテリック
    • ¥1760
    • 2006年12月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 4.33(3)
  • 世界で最初にコーヒーを発見した人間は誰?映画の中で最も変なコーヒーの飲みかたをしたした俳優は?コーヒータイムにめくる本。
  • もっと知りたいコーヒー学
    • 広瀬幸雄
    • 旭屋出版
    • ¥2200
    • 2007年08月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • コーヒーを工学、経済、歴史、医学、香りの科学などいろいろな側面からとらえたコーヒー学の世界。
  • コーヒー1杯からわかる経済
    • 造事務所/丸紅経済研究所
    • 大和書房
    • ¥1430
    • 2007年07月
    • 要確認
    • 送料別
    • 2.75(13)
  • 新聞やテレビで飛び交う「ブルー・オーシャン戦略」「コーポレート・ガバナンス」「マネー経済」「GDP」「管理会計」…などの経済用語、経営用語を、「喫茶店のコーヒー」や「おすし屋さんのすしネタ」といった身近な話題で解説。
  • 夜明けのコーヒーを君と一緒に
    • 森村誠一
    • 角川春樹事務所
    • ¥649
    • 2007年05月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.5(2)
  • 元毎読新聞の記者・藤中太郎は、自らが辞める原因となった次期総裁候補・鏑木が利権を貪る地方都市に再就職した。就職先は気骨ある社長の武富に社員はもう一人という零細紙だが、藤中は使命感に燃え、敢然と鏑木の金権構造にメスを入れた。そんな藤中に、度重なる妨害工作が襲い、ついには殺人事件が…。しかし、社長の一人娘・淳子と交わした約束を守るためにも、藤中は戦い続ける!ジャーナリズムの良心、社会的責任を鋭く問う、森村ミステリーの傑作長篇。
  • バール、コーヒー、イタリア人
    • 島村菜津
    • 光文社
    • ¥792
    • 2007年03月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.07(30)
  • バールとは何か?単にお酒を提供するカウンター形式の店でもないし、喫茶店とも少し違う。コーヒー(エスプレッソ)に軽食でも大丈夫なら、お酒におつまみでもかまわない。気軽に入れる立食中心の店で、時にケーキ屋やジェラート屋、タバコ屋、トトカルチョ屋、コンビニにも化ける。そんなバールが、人口五八〇〇万の国に、個人経営の店を中心に一五万五六〇九軒も存在する(二〇〇六年)。そして、イタリア人の九八パーセントがバールを利用し、外食費の三分の一をも投じている。イタリアの象徴、そして、スタバ化、マクドナルド化に抗う最後の砦としてのバールの魅力を、書き尽くす。
  • コーヒーの科学と機能
    • ヴァン・チュエン・グュエン/石川俊次
    • アイ・ケイコーポレーション
    • ¥11000
    • 2006年11月
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.0(1)
  • 病院長のコ-ヒ-タイム
    • 森岡恭彦
    • 産業図書
    • ¥2200
    • 2006年07月10日
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 患者と医療者側の狭間、医食同源、江戸から明治にかけて活躍した医師たちの生き様、世界の中の日本人、様々な世相についての思いを語る日赤医療センター元院長の軽妙洒脱なエッセイ集。
  • コーヒー
    • 奥田民生
    • ¥854
    • 1995年05月21日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • コーヒーは愛の香り
    • 宇野ゆう子
    • ビクターエンタテインメント
    • ¥3204
    • 1992年10月21日
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • バッハ:コーヒー・カンタータ
    • クリストファー・ホグウッド/エンシェント室内管弦楽団/J.S.バッハ/クリストファー・ホグウッド/エマ・カークビー/エンシェント室内管弦楽団
    • ユニバーサルミュージック
    • ¥1922
    • 1996年10月02日
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)

案内