カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

フェミニズム の検索結果 新刊 順 約 540 件中 181 から 200 件目(27 頁中 10 頁目) RSS

  • フェミニズムのための哲学
    • ヘルタ・ナ-グル・ドツェカル/平野英一
    • 青木書店
    • ¥5170
    • 2006年08月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 性的な不平等の克服のために哲学は何ができるのか。ウィーンの哲学的蓄積から、英米のジェンダー論、フレンチ・フェミニズム等を読み直す。“差異化”をキー概念に、人間学、美学、科学論と理性批判、政治論と法哲学における代表的議論を整理・検証。「フェミニズム哲学」の展望を示す。
  • 棗椰子の木陰で
    • 岡真理
    • 青土社
    • ¥2420
    • 2006年07月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.5(2)
  • 爆撃されるイラクの街に生き茂った棗椰子が、世界を変える夢の力を呼びさますー第三世界の女性たちの声に耳を澄ましフェミニズムを大きく動かした著者が、文学や映画をはじめとして、出来事の深みに降りゆく想像力をもつさまざまな試みのなかに、新たな世界への扉をさぐりあてる。
  • tour feminism PART 1
    • 黒夢
    • ユニバーサルミュージック
    • ¥2772
    • 2006年06月14日
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 迷走フェミニズム
    • エリザベト・バダンテール/夏目幸子
    • 新曜社
    • ¥2090
    • 2006年06月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(3)
  • 男はいつでも抑圧者で女はいつでも犠牲者?母性は女の本能でポルノは男だけのもの?男性虐待/少女の蛮行/男性の美容整形/女性用ポルノ…多様化する男女関係やセクシュアリティの現実を見ようとしないフェミニズムに明日はあるか。真の男女共生・男女平等への道は何か。
  • 近代アジアのフェミニズムとナショナリズム
    • クマ-リ・ジャヤワルダネ/中村平治
    • 新水社
    • ¥3080
    • 2006年05月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 近代アジアで「歴史から隠されて」きた女性解放運動に光をあてる待望の書。スリランカ人女性歴史家の手になる渾身の一作。
  • ジェンダー家族を超えて
    • 牟田和恵
    • 新曜社
    • ¥2640
    • 2006年04月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 女性の生と性への縛りに抗し、果敢にたたかってきた近代のフェミニストたち。明治・大正から戦後までのジェンダーと家族・国家の歴史に分け入り、異性愛や血縁に拠らない新たな家族のつながり、社会との関係性を探る。女性天皇・男女共同参画をめぐるジェンダーバッシングにも正面からこたえる。
  • トランスジェンダ-・フェミニズム
    • 田中玲
    • インパクト出版会
    • ¥1760
    • 2006年03月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.67(4)
  • 私は「男になりたかった」のではない。「女ではない」身体が欲しかっただけだ。フェミニズムとの共闘へ、クィアコミュニティの深部から放つ爽快なジェンダー論。
  • 社会政策の基礎
    • 吉沢昌恭
    • 法律文化社
    • ¥2200
    • 2006年01月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ナラティヴ・セラピーみんなのQ&A
    • ショーナ・ラッセル/マギー・ケアリー
    • 金剛出版
    • ¥3080
    • 2006年01月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • この本に盛り込まれているのは、世界中のいろいろな地域で活躍するセラピストたちによって形作られた治療的会話のストーリーです。本書の各章は、ナラティヴ・セラピーを実践するための重要なキーワードについての10個ほどの質問にそって技術書風に書かれている。セラピストが実際に遭遇する困難事例も数多く紹介され、外在化するための会話のこつや、再著述の始め方・進め方にもふれられているので、大変読みやすいものとなっている。好評の『ナラティヴ・セラピーって何?』に続く、ダルウィッチ・センター入門書シリーズの第2弾。
  • ジェンダーと教育
    • 生田久美子
    • 東北大学出版会
    • ¥2420
    • 2005年12月01日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 本叢書は、COE研究会(公開研究会・学内研究会)や国際シンポジウム等の成果をふまえ、ジェンダー法学・政治学に関する最高水準の理論と最新の情報とを提供することによって、世界と日本の男女共同参画推進に役立つことを目的としている。
  • 家族を蔑む人々
    • 林道義
    • PHP研究所
    • ¥1540
    • 2005年11月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.5(2)
  • 一九九〇年頃までのフェミニズムは、学習と組織化と浸透の段階にあった。九〇年代はフェミニズムが政権の中心を占め、上からの意識革命を進めた時期である。二十一世紀に入ると、フェミニズムを甘く見たり油断していた男性や保守層が事態の深刻さに目覚め、反撃を開始した。一つの教義体系となっているフェミニズムと戦うためには、その方法論的・理論的間違いを論破しなければならない。本書にはフェミニズムのどこが間違っているかが、理論的・方法論的に整理され、正しい理論が提示されている。
  • 国際関係論とジェンダー
    • J.アン・ティックナー/進藤久美子
    • 岩波書店
    • ¥2970
    • 2005年11月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • リ-ディングス環境(第3巻)
    • 淡路剛久
    • 有斐閣
    • ¥4620
    • 2005年11月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 第3巻は、環境や環境問題が人間の生活にどう関わるのか、環境破壊が生活にどのような打撃を与えてきたのか、それに対して、人間や社会の側がどのように生活を守り、環境を守ろうとしてきたのか、についての重要論攷を体系的に精選・抜粋し編集解題を付した。
  • ザ・フェミニズム
    • 上野千鶴子(社会学)/小倉千加子
    • 筑摩書房
    • ¥858
    • 2005年09月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.3(29)
  • 決着をつけましょうー。当代を代表するフェミニスト二人が、フェミニズムについて徹底的に語りあった。「夫婦別姓は支持しない。」「リベラリズムはフェミニズムの敵である。」「援交と新・専業主婦は、家父長制につく白アリである。」「老後は女どうしで、という欺瞞。」…etc.今、あなたのフェミニズム観は、根底から覆る。
  • ラカンとポストフェミニズム
    • エリザベス・ライト/椎名美智
    • 岩波書店
    • ¥1650
    • 2005年09月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ポスト構造主義による安定的な主体の概念の解体は、フェミニズムに何をもたらすのか。われわれが自らの性的位置づけを選びとるに至る無意識の過程をめぐり、ラカンは男女2つの性を対立的なものとして捉えない図式を打ち出した。ファルス中心主義として激しい批判にさらされてきたラカン理論のなかにフェミニズムの進むべき新たな道をさぐる。
  • 環境思想キーワード
    • 尾関周二/亀山純生
    • 青木書店
    • ¥2200
    • 2005年05月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 「環境思想」を読み解くために必要な用語・人物など約150項目をコンパクトに概説。もっと知りたい人のための文献案内付。

案内