カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1361 から 1380 件目(100 頁中 69 頁目) RSS

  • 道路の日本史
    • 武部健一
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2015年05月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.63(9)
  • 邪馬台国の頃には獣道しかなかった日本列島も、奈良時代になると幅12mの真っ直ぐな道が全国に張りめぐらされ、駅馬の制度が設けられた。中世には道路インフラは衰退したが、徳川家康は軍事優先から利便性重視に転換して整備を進める。明治以降は奥羽山脈を貫くトンネルを掘った三島通庸、名神高速道路建設を指揮したドルシュなど個性溢れる人物の手によって道路建設が成し遂げられる。エピソード満載でつづる道路の通史。
  • 日本政治とメディア
    • 逢坂巌
    • 中央公論新社
    • ¥1012
    • 2014年09月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.83(8)
  • 1953年のテレビ放送開始は、政治家とメディアの関係を大きく変えた。政治家たちは出演してPRに努める一方、時に圧力をかけ、報道に影響を与えようとする。佐藤栄作政権で相次いだ放送介入、田中角栄が利用した放送免許、「ニュースステーション」の革命、小泉フィーバー、尖閣ビデオ流出事件、そして橋下徹のツイッター活用術まで、戦後政治史をたどり、政治家と国民とのコミュニケーションのあり方を問い直す。
  • よみがえる恐竜・古生物
    • ティム・ヘインズ/ポール・チェンバーズ
    • SBクリエイティブ
    • ¥3080
    • 2006年07月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.67(21)
  • 本書は、10年間にも及ぶ期間を経て制作された、イギリスBBCの超人気科学番組『ウォーキングwithダイナソー』『ウォーキングwithビースト』『ウォーキングwithモンスター』の3シリーズを一冊にまとめた古生物図鑑です。地球上での生命の進化という、40億年にわたる壮大なストーリーを、この一冊で紙上体験することができます。
  • 海の帝国
    • 白石隆
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 2000年09月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.79(17)
  • 「海のアジア」、それは外に広がる、交易ネットワークで結ばれたアジアだ。その中心は中国、英国、日本と移ったが、海で結ばれた有機的なシステムとして機能してきた。世界秩序が変貌しつつある今、日本はこのシステムとどうかかわっていくべきか。二世紀にわたる立体的歴史景観のなかにアジアを捉え、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイを比較史的に考察する。第一回読売・吉野作造賞受賞。
  • 読売新聞「編集手帳」(第23集)
    • 竹内政明
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2013年02月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 目に見えない駅伝もある。いつの日か金色のタスキを受け取るのは誰だろうー前半は吉報の連続に心躍らせた「五輪の季節」とすれば、後半は新党結成と政権交代に揺れた「政治の季節」。編集手帳の洒脱なエッセイで、激動の12年下半期を振り返る。
  • 中学校新学習指導要領の展開音楽編(平成29年版)
    • 副島和久
    • 明治図書出版
    • ¥1980
    • 2017年11月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • 資質・能力の整理や見方・考え方など改訂のキーポイントを明示。各学年の内容の改善・充実点を具体的な指導事例を交えて解説。知性と感性の両方を働かせる指導要領を具現化した授業プランの提案。
  • チャレンジ!学校心理ゲーム
    • さくら美月
    • ほるぷ出版
    • ¥1430
    • 2002年02月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 学校でも家庭でも、キミはまわりの人からまるでちがったイメージをもたれていると感じたことはないかな?それは、キミのなかに自分でも気づかない「かくれた性格」があるせい。心理ゲームは、キミの「かくれた性格」をみごとに明かしてくれるよ。そうした一面があることを知れば、学校でも家庭でももっと積極的に行動できるはずだ。さあ、楽しい学校心理ゲームにチャレンジしよう。
  • 読売新聞「編集手帳」(第31集)
    • 竹内政明
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2017年02月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(3)
  • 予測のつかない時代が始まった激動の半年をコラムでたどる。
  • 保育内容健康新版
    • 民秋言/穐丸武臣
    • 北大路書房
    • ¥1870
    • 2014年03月02日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 中国の論理
    • 岡本隆司
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2016年08月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.73(18)
  • 同じ「漢字・儒教文化圏」に属すイメージが強いためか、私たちは中国や中国人を理解していると考えがちだ。だが「反日」なのに日本で「爆買い」、「一つの中国」「社会主義市場経済」など、中国では矛書がそのまま現実となる。それはなぜかー。本書は、歴史をひもときつつ、目の前の現象を追うだけでは見えない中国人の思考回路をさぐり、切っても切れない隣人とつきあうためのヒントを示す。
  • 99・9%の人間関係はいらない
    • 安井元康
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2016年12月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.0(6)
  • なぜ周りの目を気にするのか?人付き合いを「リストラ」して「孤独力」を磨けば、キャリアは切り拓かれる!「非学歴エリート」として自分を貫く著者が、「自ら進んで社内で嫌われる」逆バリ戦略を伝授する。「飲み会を断ることで、かえって評価される方法」など仕事術が満載。
  • 戦略型ITマネジャー
    • 芝本 秀徳
    • 日経BP
    • ¥2640
    • 2019年03月15日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ITでビジネスを切り拓く未来が求める人材。
  • 日本哲学小史
    • 熊野純彦
    • 中央公論新社
    • ¥990
    • 2009年12月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(6)
  • 明治初年にフィロソフィーという考え方が移入されて以降、日本哲学にはいくつものドラマが生まれた。例えば漱石や鴎外のように、文学と混淆していた黎明期、西田幾多郎が『善の研究』で日本中の青年を魅了し、田邊元や和辻哲郎が西洋の哲学者と切り結びつつ独自に思想を花ひらかせた頃、西田とはまったく異なる文体で大森荘蔵や廣松渉が哲学を語り始めた戦後…。本書によってはじめて、近代日本哲学の沃野が一望される。
  • ケータイを持ったサル
    • 正高信男
    • 中央公論新社
    • ¥770
    • 2003年09月25日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.5(61)
  • 「ひきこもり」など周囲とのコミュニケーションがうまくとれない若者と、「ケータイ」でいつも他人とつながりたがる若者。両者は正反対に見えるが、じつは成熟した大人になることを拒否する点で共通している。これは「子ども中心主義」の家庭で育った結果といえる。現代日本人は「人間らしさ」を捨て、サルに退化してしまったのか?気鋭のサル学者による、目からウロコの家族論・コミュニケーション論。
  • 狼と香辛料(15)
    • 支倉凍砂
    • アスキー・メディアワークス
    • ¥605
    • 2010年09月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.21(53)
  • ホロの仲間の名を冠す『ミューリ傭兵団』。彼らに会うため、ロレンスたちは鉱物商・デバウ商会が牛耳るレスコの町を訪れることになる。デバウ商会には、北の地の征服を企んでいるとも、さらなる鉱山開発を進めようとしているとも噂があり、そのため商会は町に武力を集めているという。だがロレンスとホロが訪れた町は、意外にも活気に溢れた平和な様子だった。訝しがりつつもロレンスたちは、ミューリ傭兵団が滞在する宿屋を目指すことに。そこで二人が出会った人物とはー?北を目指す狼神ホロと行商人ロレンスの旅は、いよいよ最終章へ突入するー。
  • 日本写真史(上)
    • 鳥原学
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2013年12月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.67(4)
  • 19世紀半ば、日本へ輸入された写真。日露戦争を経て新聞・出版メディアが拡大するなか報道写真が成長。第二次世界大戦時にはプロパガンダに利用され、また敗戦直後には「マッカーサーと天皇」の写真のように、社会に大きな影響力を持つようになった。戦後は戦禍や公害問題を追及するリアリズム写真が隆盛を誇ったが、経済成長とともに私的テーマ、広告へと多彩化する。本書は1974年まで120年に及ぶ歴史を描く。
  • 統一思想要綱新版
    • 統一思想研究院/日本統一思想研究院
    • 光言社
    • ¥4400
    • 2000年09月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 日本の心
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1540
    • 1992年08月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)

案内