カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1381 から 1400 件目(100 頁中 70 頁目) RSS

  • 教育とは何?
    • 尾木直樹/茂木健一郎
    • 中央公論新社
    • ¥842
    • 2017年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.25(5)
  • この本には、日本の教育への厳しい指摘が満ち溢れています。トレーニング主義や階段を上がるように基礎から発展へと機械的に教えるステップアップ方式は、脳科学からも、それほど成果なく危険さえあるようです。高校入試や偏差値教育は害悪でしかないこと。子どもたちは、学ぶ意欲は萎え、自立力をなくしています。早急に一人一人の個性を大切にした世界基準の教育を目指していかなければなりません。
  • 古事記の起源
    • 工藤隆
    • 中央公論新社
    • ¥907
    • 2006年12月20日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(10)
  • 古事記は、八世紀に編纂された日本最古の書物のひとつである。しかし古事記は突然出現したのではない。縄文・弥生期から連綿と続く、無文字時代の神話がその源にあった。著者は、無文字文化の「生きている神話」「生きている歌垣」が今なお残る中国長江流域の少数民族文化を調査し、神話の成立過程のモデルを大胆に構築。イザナミやヤマトタケルの死、スサノオ伝承、黄泉の国神話、糞尿譚などを古事記の深層から読み直す。
  • 100人のバカ
    • 岡留安則/佐高信
    • 七つ森書館
    • ¥1404
    • 2007年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 2.0(2)
  • 『噂の眞相』の大評判連載「7人のバカ」を単行本化。佐高信と岡留安則の文化人総まくり対談も収録。
  • 新類型の信託ハンドブック
    • 田中和明
    • 日本加除出版
    • ¥3672
    • 2017年06月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • 信託法で創設された新しい類型の信託を中心に、創設の経緯、理論・実務上の問題提起とその対応、活用・想定事例の紹介、税・会計を詳説。スキーム図も豊富に掲載。本書で新類型の信託がさまざまな形で活用できる。
  • 書店員X
    • 長江貴士
    • 中央公論新社
    • ¥907
    • 2017年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.7(15)
  • 2016年、地方の一書店が仕掛けた「文庫X」なる謎の本が、日本中を席巻した。表紙をオリジナルの手書きカバーで覆い、タイトルと著者名を隠すという前代未聞の試みは、全国650以上の書店を巻き込み、30万部を超えるヒットを記録。マスコミにも大きく取り上げられた。本書では、ヒットに至るまでの道のりとアイデアの秘訣を分析し、それらと著者自身の半生を踏まえた上で、世の中を生き抜く力について語る。
  • がむしゃら行進曲
    • 関ジャニ∞[エイト]
    • (株)ジェイ・ストーム
    • ¥1179
    • 2014年12月03日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.64(14)
  • ※初回仕様は終了いたしました
    ★仕様/特典 通常盤
    ■カップリング曲「Cannonball」 収録
    ■シャララ∞エイトリボン ※初回プレス分のみ
    ■∞エイトステッカー[がむしゃら行進曲Ver] ※初回プレス分のみ
    ■3タイトル連動応募券(チラシ封入) ※初回プレス分のみ

    美しいこの世界に声を枯らし唄う 君たちが明日の"ヒカリ"だ 輝き続けてくれ“INFINITY RECORDS” 3 ヵ月連続リリース第三弾!!

    「がむしゃら行進曲」は、丸山隆平主演の日本テレビ系土曜ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』の主題歌!がむしゃら度が100%凝縮された関ジャニ∞流メッセージソング!
    [初回限定盤]特典DVD には、「がむしゃら行進曲」Music Clip & Making 収録。さらに“丸山先生の「がむしゃら行進曲」振り付け完全指導テキスト”を封入!
    解説を読んでMusic Clip を見てマスターしたら、みんなで歌って踊って盛り上がろう![通常盤]にはカップリング曲「Cannonball」収録のほか、
    初回プレス分には“シャララ∞エイトリボン”を封入。身につけて踊れば、振り付けが一層楽しくなるはず!
    さらに[初回限定盤]・「通常盤」初回プレス分のみ、3タイトル連動応募券封入!
    ※「がむしゃら行進曲」はアルバム「関ジャニズム」には収録されません。

    <収録内容>
    01:がむしゃら行進曲(作詞・作曲・編曲:Peach)
    02:次の春です。(作詞:SAKRA / 平義隆 作曲:SAKRA 編曲:山路一志)
    03:Cannonball(作詞:TAKESHI 作曲:Susumu Kawaguchi / Joakim Bjornberg / Christofer Erixon / Atsushi Shimada 編曲:Atsushi Shimada)
    04:がむしゃら行進曲 (オリジナル・カラオケ)
    05:次の春です。 (オリジナル・カラオケ)
    06:Cannonball (オリジナル・カラオケ)

    往年の名曲をスーパープライスで!
  • 国連の政治力学
    • 北岡伸一
    • 中央公論新社
    • ¥950
    • 2007年05月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(13)
  • 国家を超える結束の場として構想された国連が誕生して六十年。冷戦とその後の激動を経て、その地位と役割は大きく変動した。国際社会でアメリカ中心のシステムが機能するなか、国連は世界の平和と安全の維持という最大の目的を果たしうるのか。また、一九二の「対等」な加盟国をもつ組織の意思決定はどうなされているのか。研究室から外交の現場へ身を移した著者の二年半の体験から、国連の現在と未来を照らし出す。
  • 本当に使える戦略の立て方5つのステップ
    • 山田修(経営コンサルタント)
    • ぱる出版
    • ¥1728
    • 2014年04月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 「戦略カード」を使って「5つのステップ」を展開!「誰でも」「課題が見つかり」「解決できる」“あなた自身の戦略”で、やり方を変えて、結果を出す。ありそうでなかった、課題解決型戦略立案のすべて!
  • だからデザイナーは炎上する
    • 藤本貴之
    • 中央公論新社
    • ¥842
    • 2016年02月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.67(3)
  • 過日、あるデザインが世界を騒がせた。疑惑から炎上し、撤回に至った五輪エンブレムだ。その背後にはデザイナーや業界の勘違いが見え隠れする。必ず類似が見つかるこれから、新しいデザインは生まれるのか?生き残るデザイナーの条件とは?目前に広がる「冬の時代」に備えよ!
  • アメリカの20世紀(上(1890年〜1945年))
    • 有賀夏紀
    • 中央公論新社
    • ¥799
    • 2002年10月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.5(2)
  • 一九世紀末、アメリカは急速な工業化に起因する社会の混乱を克服し、政府・企業・研究機関の三者が協力する体制を確立した。このシステムの下で経済発展は加速し、未曾有の大恐慌と二度の世界大戦を経て、世界をリードする超大国にのし上がっていくー。自由と民主主義の理念、物質的な豊かさが一体となった「アメリカ文明」が世界を席捲する二〇世紀前半を、社会・文化的側面に光を当てながら叙述する。
  • 研究不正
    • 黒木登志夫
    • 中央公論新社
    • ¥950
    • 2016年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 2.33(7)
  • 科学のすぐれた成果を照らす光は、時として「研究不正」という暗い影を生み落とす。研究費ほしさに、名誉欲にとりつかれ、短期的な成果を求める社会の圧力に屈し…科学者たちが不正に手を染めた背景には、様々なドラマが隠されている。研究不正はなぜ起こり、彼らはいかなる結末を迎えたか。本書は欧米や日本、中韓などを揺るがした不正事例を豊富にとりあげながら、科学のあるべき未来を具体的に提言する。
  • 海軍と日本
    • 池田清(政治学)
    • 中央公論新社
    • ¥712
    • 1981年11月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.17(7)
  • 折口信夫
    • 植村 和秀
    • 中央公論新社
    • ¥885
    • 2017年10月19日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(1)
  • 民俗学者、国文学者にして釈迢空の号で知られる歌人、そして小説家でもある折口信夫。多方面にわたる業績は「折口学」と総称されるが、全貌をひととおり眺めるのは容易ではない。本書ではその生涯をたどり、関東大震災、二・二六事件、敗戦から占領へという日本崩壊への危機感がこの稀有な思想家を生み出したことを示す。さらに、折口の思想をナショナリズムとの関係性から読み解き、真の保守主義とは何かを問う。
  • 鉄道会社の経営
    • 佐藤信之
    • 中央公論新社
    • ¥1015
    • 2013年12月20日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.11(11)
  • 通勤通学に欠かせない大都市の路線、飛行機と熾烈な競争を繰り広げる新幹線、風光明媚なローカル線…。日本の鉄道はバラエティに富んでいるが、それらの経営はいったいどのようにして成り立っているのだろうか。観光に活路を見出す地方私鉄、エキナカで増収を図るJRなど、身近にありながら知ることの少ない鉄道会社の経営について、歴史と現状を解説。さらに今後の鉄道を、誰が、どうやって維持していくかを提言する。
  • 明治維新と幕臣
    • 門松秀樹
    • 中央公論新社
    • ¥885
    • 2014年11月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.89(11)
  • 明治維新は、西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允ら薩長土肥の志士が中心となって成し遂げたというイメージが強い。進取の気風に富む西南雄藩が、旧態依然たる江戸幕府に取って代わったのは、歴史的必然だったとさえ捉えられている。だが本当に幕府は無為無策で、すぐれた人材を欠いていたのか。本書は、行政実務に精通し、政権交代後も継続登用された中・下級の旧幕臣たちに光を当てるものである。明治維新への新たな視座。

案内