カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1481 から 1500 件目(100 頁中 75 頁目) RSS

  • ギリシア神話
    • 西村賀子
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2005年05月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.43(9)
  • 数多い英雄たちの複雑な関係、神々も介在する入り組んだ物語、重複や矛盾に満ちた展開…。アポロンやアテナなどの名前は身近であるものの、実は読みこなしにくいギリシア神話だが、古代人の世界観を探るという視点から見ていくと、意外に理解しやすい。本書は、古代ギリシアの詩や悲劇がどんな話をどのように語っているかを踏まえながら、西欧文明にきわめて深い影響を与えた伝承の数々を紹介する。
  • 聖者の行進
    • THE FOREVER YOUNG
    • STEP UP RECORDS
    • ¥1980
    • 2018年05月02日
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 並行システムの検証と実装
    • 磯部祥尚/東野輝夫
    • 近代科学社
    • ¥5060
    • 2012年12月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • この一冊で、並行プログラミングの基礎理論、検証技術、実装手法が分かる。並行システムのCSPによるモデル化技術、モデル検証器FDRによる検証技術、JavaライブラリJCSPによる実装手法を詳細に解説。
  • 【輸入盤】『ドン・ファン』『死と浄化』『マクベス』、祝典行進曲 キリル・カラビツ&シュターツカペレ・ワイマール
    • シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)
    • Audite *classics*
    • ¥2721
    • 2018年04月21日
    • 通常3~7日程度で発送
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • カラビツ&シュターツカペレ・ワイマール第2弾は
    ワイマール宮廷劇場の第一楽長就任時代のR.シュトラウスの交響詩!

    プロコフィエフの革命20周年のためのカンタータの録音でも話題のキリル・カラビツ指揮、シュターツカペレ・ワイマール。期待の第2弾はR.シュトラウスの3篇の交響詩と祝典行進曲です。
     ここに収録された交響詩はR.シュトラウスがワイマール宮廷劇場の第一楽長に就任していた時期(1889〜1894)に手掛けられ、うち『マクベス』と『ドン・ファン』はワイマールの宮廷で作曲者自身の指揮により初演されております。ウクライナの俊英キリル・カラビツが明晰なタクトで情熱的に演奏しております。auditeならではの高音質録音でお楽しみください。(販売元情報)

    【収録情報】
    R.シュトラウス:
    ● 交響詩『マクベス』 Op.23(1890)(21:09)
    ● 交響詩『ドン・ファン』 Op.20(1888)(17:21)
    ● 交響詩『死と浄化(変容)』 Op.24(1889)(25:17)
    ● 祝典行進曲 Op.1(6:45)

     シュターツカペレ・ワイマール
     キリル・カラビツ(指揮)

     録音時期:2017年12月19-21日
     録音場所:ワイマール・ホール
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
    Powered by HMV
  • 通貨の日本史
    • 高木久史
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2016年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.21(17)
  • 都の建設のため国産銭が作られた古代、中国からの輸入銭に頼った中世、石見銀山の「シルバーラッシュ」が世界経済をも動かした戦国時代、財政難に苦しめられた江戸の改革者たち、帝国日本の通貨政策…。無文銀銭が登場した7世紀から現在まで、通貨をめぐる歴史はエピソードに事欠かない。通貨政策に大きな影響を与えてきた庶民の事情にも着目しながら、その歩みをたどる。今も昔も私たちを悩ませる、お金をめぐる通史。
  • 昆虫
    • 水波誠
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2006年08月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.67(18)
  • ヒトの脳に比べてなきに等しい昆虫の脳。ところが、この一立方ミリメートルにも満たない微小脳に、ヒトの脳に類似した構造が見られることが明らかになってきた。神経行動学は、ファーブルやフリッシュを驚嘆させた「陸の王者」の能力を、精緻な実験によって脳の働きと結びつけ、ダンスによる情報伝達、景色記憶、空間地図形成能力など、昆虫の認知能力の解明に乗り出している。本能行動の神秘に迫る最新生物学の成果。
  • 東京ひとり散歩
    • 池内紀
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 2009年09月25日
    • 要確認
    • 送料別
    • 2.83(9)
  • 関西の城下町に生まれ育った著者が武蔵野の一角に住み着いて早数十年ー東京はふらりと歩くのに格好の町だ。角を一つ曲がれば江戸や明治と対面し、地方都市が失つてしまった年中行事が今なお生きている。足の向くまま歩けば、祭りの熱気に行き会い、懐かしい商店街に誘われ、荷風が排徊した路地裏に迷い込む。しめくくりは、居酒屋であれやこれやともの思う贅沢な時間ーひとり散歩の愉しみ、ここにあり。
  • ポピュリズムとは何か
    • 水島治郎
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2016年12月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.29(34)
  • イギリスのEU離脱、反イスラムなど排外主義の広がり、トランプ米大統領誕生…世界で猛威を振るうポピュリズム。「大衆迎合主義」とも訳され、民主主義の脅威と見られがちだ。だが、ラテンアメリカではエリート支配から人民を解放する原動力となり、ヨーロッパでは既成政党に改革を促す効果も指摘される。一方的に断罪すれば済むものではない。西欧から南北アメリカ、日本まで席巻する現状を分析し、その本質に迫る。
  • 実践人工心肺
    • 南淵明宏
    • 医学書院
    • ¥3960
    • 2002年03月01日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 日本銀行と政治
    • 上川龍之進
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2014年10月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.5(10)
  • バブル経済崩壊、デフレ、リーマン・ショック、世界金融危機ー。日本経済は1990年代以降、長期低迷に陥った。政府の景気対策は有効に働かず、政治家、エコノミストらの批判は、インフレを懸念し、腰が重い日本銀行に集中する。本書は、速水優、福井俊彦、白川方明、黒田東彦ら4人の日銀総裁を通し、自民・民主両政権から、景気回復や民意を大義名分に、独立性を奪われ、政治に左右されていく日本銀行の軌跡を描く。
  • R&B馬鹿リリック大行進
    • 高橋芳朗/宇多丸
    • スモール出版
    • ¥1760
    • 2016年02月27日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.5(4)
  • オシャレでアーバンな海外のR&B…でも、その歌詞をよく読んでみたら、しょーもない下ネタだった!TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』で大反響を巻き起こした、伝説の特集シリーズを完全書籍化。爆笑できてタメになる、音楽の再発見と探究の書!
  • だからデザイナーは炎上する
    • 藤本貴之
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2016年02月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.67(4)
  • 過日、あるデザインが世界を騒がせた。疑惑から炎上し、撤回に至った五輪エンブレムだ。その背後にはデザイナーや業界の勘違いが見え隠れする。必ず類似が見つかるこれから、新しいデザインは生まれるのか?生き残るデザイナーの条件とは?目前に広がる「冬の時代」に備えよ!

案内