カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1601 から 1620 件目(100 頁中 81 頁目) RSS

  • 知って得する人、知らずに損している人
    • 阿知波浩平
    • 産労総合研究所出版部経営書院
    • ¥1650
    • 2014年04月26日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 働く人のバイブル。入社から結婚・出産・育児・介護・怪我・病気・退職・年金まで、社会保険の適用・法律の保護とその手続きを解説。
  • 世界の見方の転換(1)
    • 山本義隆
    • みすず書房
    • ¥3740
    • 2014年03月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 1.0(1)
  • 『磁力と重力の発見』『一六世紀文化革命』、そして。「なぜ、どのように西欧近代において科学が生まれたのか」を解き明かす、近代科学誕生史“三部作”の完結篇。レギオモンタヌスら人文主義者がその体系も復元し、数学や観測による天文学を自然哲学への有用なアプローチと位置づけることで、変革への最初の一歩を刻む第1巻。
  • 老子講義
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥3190
    • 1995年06月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.5(2)
  • 地図と愉しむ東京歴史散歩(お屋敷のすべて篇)
    • 竹内正浩
    • 中央公論新社
    • ¥1100
    • 2015年10月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(1)
  • 大名屋敷をひきついだ華族たちの邸宅は、経済危機、震災や空襲によって、多くが消えていった。跡地の多くは学校や大使館、企業迎賓館、ホテル、高級住宅地やマンションへと変わった。だが、宏壮な豪邸の面影を残すものも現存する。本書は、華麗のお屋敷をはじめ、歴代総理の私邸、川辺に存在した邸宅、住宅開発の変遷までを徹底収録。巻末に明治二十年と大正五年の全国・全華族のお屋敷リスト(のべ一五〇〇家)も付す。
  • 四大公害病
    • まさのあつこ
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2013年10月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.75(4)
  • 四大公害病とは、水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市公害を指す。工場廃液などが痙攣、激痛、発作といった重い障害を多くの人にもたらした。当初、企業は工場との関係を否定。だが医師・研究者らが原因を究明し、1960年代末以降、患者が各地で提訴。70年代半ばまでに次々と勝利した。本書は高度成長の「影」である公害病の全貌を明らかにすると同時に、21世紀の今なお続く“認定”をめぐる国と被害者との訴訟・齟齬も追う。
  • 人事・労務の仕事便利帳第5版
    • 高橋美智恵
    • 法学書院
    • ¥1980
    • 2016年06月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • 各種の社会保険事務や、従業員の異動・退職等に際しての手続業務がわかる!マイナンバー制度、ストレスチェック制度、女性活躍推進法、青少年雇用促進法等々の、新制度・法改正に対応!!
  • 電車の運転
    • 宇田賢吉
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2008年05月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.35(37)
  • 時速100キロ以上の速さで数百トンの列車を率いて走行し、時刻通りにホームの定位置にピタリと停める…。このような職人技をもつ運転士は、何を考え、どのように電車を運転しているのだろう。また、それを支える鉄道の仕組みとはどのようなものだろう。JRの運転士として特急電車から貨物列車まで運転した著者が、電車を動かす複雑精緻なシステムと運転士という仕事をわかりやすく紹介する。
  • 新・日本の外交
    • 入江昭
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 1991年01月10日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.11(11)
  • 軍事はもとより政治にまして経済を優先されてきた戦後日本は、世界有数の貿易黒字国・債権国となったいま、「持てる国」として世界経済の不均衡を助成していると批判される。そして、戦後世界秩序の大転換の中で、経済力と軍事力の間のギャップが不信感を呼んでいる。市民国家そのものが変貌し、協調と責任分担を根本理念とする、地球化時代というべき国際秩序の下で、日本に何が可能か。戦後五十年を検証して日本の未来を考える。
  • ケータイを持ったサル
    • 正高信男
    • 中央公論新社
    • ¥770
    • 2003年09月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.47(60)
  • 「ひきこもり」など周囲とのコミュニケーションがうまくとれない若者と、「ケータイ」でいつも他人とつながりたがる若者。両者は正反対に見えるが、じつは成熟した大人になることを拒否する点で共通している。これは「子ども中心主義」の家庭で育った結果といえる。現代日本人は「人間らしさ」を捨て、サルに退化してしまったのか?気鋭のサル学者による、目からウロコの家族論・コミュニケーション論。
  • チェ・ゲバラ
    • 伊高浩昭
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2015年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.6(8)
  • 1928年、アルゼンチンに生まれた革命家チェ・ゲバラ。医学生時代にラテンアメリカを旅し、貧富の格差や米国支配の問題に目覚める。カストロ兄弟と共にゲリラ戦で活躍し、59年のキューバ革命政権樹立に貢献。要職を歴任するものの、思いは全ラテンアメリカでの革命推進にあった。再び戦地に赴くチェ。だが前哨戦のコンゴ、続くボリビアで過酷な現実に直面し…。彼の遺した膨大な文章と関係者への取材から実像に迫る。

案内