カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1841 から 1860 件目(100 頁中 93 頁目) RSS

  • 江戸の料理史
    • 原田信男
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 1989年06月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.5(3)
  • 人間はそれぞれの歴史的環境に応じて、時代に見合った食の文化を生み出してきた。わが国も例外ではなく、生活に余裕がみられるようになった江戸時代には、室町時代を通じて独自の発展を遂げてきた日本料理が、徐々に庶民生活のレベルまで根を下ろし、独特の料理文化が花関いた。本書は、幅広い展開をみせた江戸の料理文化の在り方を、300年それぞれの時代相を写す多くの料理書を中核にすえて、社会状況との関連の中で考察する。
  • 世界の見方の転換(1)
    • 山本義隆
    • みすず書房
    • ¥3740
    • 2014年03月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 1.0(1)
  • 『磁力と重力の発見』『一六世紀文化革命』、そして。「なぜ、どのように西欧近代において科学が生まれたのか」を解き明かす、近代科学誕生史“三部作”の完結篇。レギオモンタヌスら人文主義者がその体系も復元し、数学や観測による天文学を自然哲学への有用なアプローチと位置づけることで、変革への最初の一歩を刻む第1巻。
  • 源頼政と木曽義仲
    • 永井晋
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2015年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.17(8)
  • 以仁王の平氏追討の挙兵に加わり、内乱の端緒を開いた摂津源氏の源頼政。以仁王の遺児を奉じて、平氏を西へ追い落とし、入京に成功した木曽義仲。悲劇的な最期を遂げる二人は、時代の転換点となる治承・寿永の乱(源平合戦)の幕開きを象徴する人物である。保元・平治の乱、宇治合戦、倶利伽羅峠の戦い、そして都落ちと敗死…。皇位継承をめぐる政治的背景も織り交ぜつつ、二人の実像と動乱の時代を描きだす。
  • 色彩心理学入門
    • 大山正
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 1994年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.9(10)
  • 色彩の研究は、ニュートンの実験に始まり今日の色表示体系に至る流れと、ゲーテの観察に始まる、色の主観的な体験の現象学の流れとがあり、そこに両者に欠けた色覚の生理学の流れが加わっている。さらに色には、感情や文化と結びつく複雑な側面もある。この広範囲におよぶ色彩のさまざまな問題を、主要な人物の貢献を紹介しつつ解説する。色彩への実用的知識が要求される現在、その課題にも応えてくれる格好な入門書となっている。
  • 健康心理学入門
    • アンソニ-・J.カ-ティス/外山紀子
    • 新曜社
    • ¥2200
    • 2006年02月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(1)
  • 自己管理から介護、看護、医療の現場まで。健康と心の深いつながりがよくわかる読むエクササイズ。
  • 身代わり伯爵の結婚行進曲
    • 清家未森
    • 角川書店
    • ¥586
    • 2013年06月下旬
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.09(13)
  • 「死ぬ気で頑張るから!討ち死にする覚悟はできてるし」盗まれた国宝をミレーユが発見した事が発端で、リゼランド宮殿に招待されたミレーユ達。一庶民であった自分がシアラン大公の婚約者として女王陛下に対面する事に、ミレーユはテンパリまくり。しかも女王は口説き文句を連発する男装の麗人だつた!!パパの隠し子疑惑までが浮上し大混乱の中、水面下では国を揺るがす事件が動きはじめー!?ついに禁断の最終章、開幕!!
  • 織田信長合戦全録
    • 谷口克広
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2002年01月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(4)
  • 家督を継いだ十九の年より本能寺に没するまで、織田信長は四方の敵と戦い続けた。初期には、劣勢を覆した桶狭間の戦いのように少数精鋭の部隊を自ら率いて戦い、後には、浅井・朝倉氏攻めや対本願寺戦のように、羽柴秀吉らの部将を配して多方面にわたる戦線を同時に指揮した。際だった戦巧者ぶりを示す戦略や戦術への考察も併せ行い、天下統一の基礎を作った信長のすべての戦いをたどる。
  • 古関裕而
    • 刑部 芳則
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2019年11月20日
    • 予約受付中
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • トルコ行進曲
    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト/久保祐子
    • オンキョウパブリッシュ
    • ¥770
    • 2018年11月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 古代飛鳥を歩く
    • 千田稔(歴史地理学)
    • 中央公論新社
    • ¥1100
    • 2016年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(4)
  • 六〜七世紀の飛鳥時代は危機と動乱の時代であった。仏教伝来、蘇我氏の台頭と聖徳太子の理想、斉明女帝の大公共工事、大化改新、壬申の乱、そして平城京遷都…。飛鳥を散策すれば、当時の人々の息吹を感じとることができる。現代に生きる私たちとの「近さ」に驚くことだろう。蘇我氏や息長氏などの豪族の足跡、道教や神まつりの痕跡、都城、寺院や古墳などを訪ね、76の章で日本の原風景である古代飛鳥へ読者をいざなう。
  • 機械加工新版
    • 中山一雄/上原邦雄
    • 朝倉書店
    • ¥4070
    • 1997年03月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 本書は機械製作のための数ある加工法の中の除去加工について概説したものである。
  • 名門高校はここが違う
    • 永井 隆
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2019年07月09日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 5.0(2)
  • 優秀なリーダーたちを輩出する高校は、いったいどんなところ?本書では、長きにわたり優秀な人材を輩出している、いわゆる“名門高校”19校の卒業生たちを取材。偏差値や東大進学者数ランキングなどのデータには表れない、“校風”をあぶり出した。学校行事の思い出や、強く印象に残っている授業など、具体的なエピソードから浮かんでくる名門高校の姿とは。そして、“名門高校”であり続ける理由とは?
  • 華族
    • 小田部雄次
    • 中央公論新社
    • ¥1034
    • 2006年03月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.71(9)
  • 明治維新後、旧公卿・大名、維新功労者などから選ばれた華族。「皇族の藩屏」として、貴族院議員選出など多くの特権を享受した彼らは、近代日本の政治、経済、生活様式をリードした「恵まれた」階級のはずだった。日清・日露戦争後、膨大な軍人や財界人を組み込み拡大を続けたが、多様な出自ゆえ基盤は脆く、敗戦とともに消滅する。本書は、七八年間に一〇一一家存在したその実像を明らかにする。巻末に詳細な「華族一覧」付。

案内