カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1941 から 1960 件目(100 頁中 98 頁目) RSS

  • 虹色の吐息
    • ジュリー・ケナー/竹原麗
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥759
    • 2003年10月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • リサは映画プロデューサーをめざす野心家の女性。恋人のケンが念願のレストランをオープンした日、彼女は大物プロデューサー、ティレルから仕事の誘いを受ける。願ってもないチャンスとばかり、リサはその仕事に飛びついた。たとえケンと離れ離れになっても、キャリアを集むほうが大事だった。五年後、彼女は苦しい生活を送っていた。ティレルの会社が倒産し、彼の薬物疑惑がリサの身にも飛び火して、満足に職に就けない有様だ。一方、ケンは高級レストランを次々オープンし、時代の寵児に。マスコミからレストラン内を撮影させてほしいと取材が殺到している。取材陣の中に、かつての恋人が紛れ込んでいるのにケンは気づいた。藁をもつかむ思いでリサが彼を頼ってきたのだ。苦い再会を果たす二人。愛憎の狭間で二度目の恋の幕が上がった。
  • 虹よ、冒涜の虹よ(上巻)
    • 丸山健二
    • 新潮社
    • ¥733
    • 2003年08月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 二人の首領を同時に射殺する暴挙に出た気鋭のやくざ「真昼の銀次」は北国の海岸に立つ高さ100Mの電波塔に潜伏した。人間らしい生き方を選んだ元舎弟の世話になり、大自然の移ろいに身を委ねているうちに、銀次が徹したはずの悪はひび割れてゆく。そんな銀次を“仮面”があざ笑い、“死に神”が地獄へと引きずり込もうとする。そこへ老彫り師が現われ、刺青を彫らせてくれと頼む。
  • 虹よ、冒涜の虹よ(下巻)
    • 丸山健二
    • 新潮社
    • ¥733
    • 2003年08月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 自身を絶対悪に染めあげるため、虹の刺青を背負った銀次だが、死が周辺の人間に相次ぐ事態に直面して、魂が揺らぐ。生にも死にも見限られ、その狭間であがくアウトローが最後に対決した相手とは…。想像力と言語表現の限りを尽くした豊饒な文体と、従来のハードボイルドを寄せつけない凄まじい緊張の世界が、読む者を圧倒する。人跡未踏の小説世界を築いた丸山文学の傑作長編。
  • 虹色の標的
    • 河井象三
    • 新風舎
    • ¥825
    • 2003年04月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 結婚直後、アメリカ人富豪の夫を暗殺された美しいタイ人女性メナム。いったい誰が?なぜ?夫の復讐を誓ったメナムのもとに七人の傭兵が集まった時、巨大な国家機構を相手にした壮大な戦いが始まったー。二点三転し、さらに驚愕の結末に向けて、メナムの闘志が燃えあがるサスペンス・アドベンチャー。
  • 虹色の地獄
    • 高千穂遙
    • 朝日ソノラマ
    • ¥660
    • 2003年02月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.5(2)
  • 校庭に、虹は落ちる
    • 赤川次郎
    • 新潮社
    • ¥1210
    • 2002年08月20日
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.0(4)
  • 朝野さつきは高校1年生。中学時代、目の前で親友を亡くして以来、記憶を失っている。さつきが目撃した事故とは何だったのか。そして、そのあと何が起きたのか。過去が明らかになるにしたがって、さつきの両親の秘密、同級生との恋の三角関係など、それぞれの思惑が絡み合い、事態は思わぬ方向へ発展していって…。学園を舞台に繰り広げられる青春ミステリー。
  • 虹色candy box
    • 高円寺葵子
    • 心交社
    • ¥935
    • 2000年10月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 九歳の時アメリカに行ってしまった幼馴染み、宇徳蘇芳から届いた帰国の知らせに、法月浅葱は大喜びで空港まで迎えに行った。泣き虫で可憐だった蘇芳は、高校生になった今、きっと天使みたいに綺麗になっているはず。だが感動の再会に邪魔が入った。浅葱は身長一九〇はありそうな見知らぬ超絶美形男に、突然「愛してる」と抱きしめられ、無理やりホテルに連れ込まれてしまったのだ!ベッドに押し倒されて暴れる浅葱に、男が告げた衝撃の事実-この男が蘇芳だってぇ!?怒濤のすれ違いっぱなしラブストーリー。
  • 虹の彼方に
    • 榊原史保美
    • 勁文社
    • ¥924
    • 1997年11月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • デビューを飾ったベルリン。お堅い母校から学園祭ライブに出演依頼が…。
  • 白い虹
    • 鶴岡千代子
    • 冬至書房
    • ¥854
    • 1979年06月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 虹の門
    • 三好京三
    • 勁文社
    • ¥555
    • 1994年11月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 手のなかの虹
    • 田辺聖子
    • 文化出版局
    • ¥1815
    • 1996年03月31日
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 公開、お聖さんの秘蔵コレクション。物語を紡いでくれる星たちの話。
  • 虹への旅券(パスポート)
    • 森村誠一
    • 勁文社
    • ¥641
    • 1994年07月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 失恋の痛手を癒すために、ヨーロッパ・ツアーに参加した穂積裕希子。彼女が機上の人となったころ、都内で起きた殺人事件の現場から、裕希子を容疑者と思わせる遺留品が発見されていた。一方、雑多な人間が集まったツアーの中でも、不審な出来事が…。異邦への憧れに包含された殺意を抱いて旅はアテネからローマへと…。傑作長篇トラベル・ミステリー。
  • 二重の虹
    • 嶋三四郎
    • 短歌研究社
    • ¥2669
    • 1993年10月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • さらば森の虹
    • 田中光二
    • 双葉社
    • ¥566
    • 1994年10月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • おれの名前は、蜂須賀林太郎ー呼び名はリンだ。ハッチと呼ぶ者もいる。専門は動物生態学。なかでも霊長類が専門だったが、途中からズーオロジーー動物園の運営を動物保護や、遺伝子維持の観点から研究する学問だーに転向した。そして今は、国際自然守護軍(INCA)に引き抜かれた。インカは環境保護団体の中でも、もっとも戦闘的グループだ。

案内