北斗と江差でバルシューレ教室初開催【北斗、江差】
 【北斗、江差】ボール運動を楽しみながら運動能力向上を図るプログラム「バルシューレ」の普及に取り組むバルシューレ北海道と、一般社団法
遺跡群の魅力を切手に 日本郵便道支社、世界遺産登録記念し発売【函館】
 日本郵便北海道支社は23日、函館市内の縄文遺跡をテーマにした2種類の切手シートを発売した。市内の大船、垣ノ島の両遺跡を含む「北海道
29日にテレビの全国放送でPR【羅臼】
 町は今年度、メディアを活用した総合プロモーション事業に力を入れている。第1弾として29日午後4時から、民放(TBS系)のバラエティ
アイヌの植物利用と健康【平取】
【平取】町主催のシシリムカ文化大学講座「アイヌの伝統的生活文化の再発見第1回」が11日、町中央公民館で開かれ、会場44人、オンライン61人計105人が参加して、アイヌの植物利用などについて学んだ。  講師は町出身で、薬学・天然物化学を専門分野とする薬学博士の山岸喬(たかし)北見工業大名誉教授。平取小学校時代に木の実や昆虫採集に熱中したのが趣味の原点で、現在は世界各地の植物を撮影。著書に「北海
マリーゴールドやコスモス【浦河】
 日高信用金庫(本店・浦河、大沼孝司理事長)は21日、職員16人が参加して浦河町西舎の優駿ビレッジアエル入口花壇の整備を行った。  同金庫地域貢献活動の一環として、環境整備事業の植樹や社会福祉事業の遊具などの寄贈を毎年行っており、花壇整備は2017年から始めて6回目になる。  この日は本店営業部と本部職員、堺町支店から16人が参加し、優駿の里を緑にする会(澤谷英勝会長)から澤谷会長ら2
田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真
厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁい田! ATSUMAプロジェクト」として実施し、球団関係者を含む約100人が出来秋を願い、「ななつぼし」の苗を手植えした。 昨日 00:00
液化CO2船舶長距離輸送 受け入れ設備着工 24年3月完成へ起工式
二酸化炭素(CO2)を回収、貯留、有効利用する「CCUS」拠点化実証事業を展開する日本CCS調査(東京、JCCS)は23日、液化CO2船舶長距離輸送の受け入れ設備の起工式を苫小牧市真砂町の北電苫小牧発電所の敷地内で行った。地元関係者も含めて約40人が参加し、JCCSの中島俊朗社長は「次のステップ。地元の理解と協力で、安全に事業を進める」と強調した。 昨日 00:00
中原さん賀来さん 十勝の自然に魅了 撮影前に来勝【帯広】
 鹿追町で7月にクランクインする映画「おしゃべりな写真館」に出演する俳優の中原丈雄さん、賀来千香子さんらが24日午前、十勝毎日新聞社
広々放牧地で乳牛伸び伸び 八千代で入牧開始【帯広】
 帯広市の八千代公共育成牧場(市八千代町)で24日午前、乳牛の一斉入牧が始まった。市内の酪農家から運ばれたホルスタイン種を含む約10
建設業界の魅力 冊子に インターン生が取材 創造設計舎【帯広】
 建設デザイン業界の魅力を発信しようと、創造設計舎(帯広市、太田豊社長)でインターンシップを行った首都圏の学生3人が、冊子を作成した