PR: デジタル化で水産業に新しい風を起こすフーディソン コスト効率向上&拡張性が高いWi-Fi、カメラセキュリティ基盤でビジネスを強化
22万円以上もするのに、なぜ? LIXILの「ボディハグシャワー」が前年比2倍の理由
LIXILが2022年6月に発売した「ボディハグシャワー」が、売れている。商品の特徴は? ヒットの理由は? 同社の担当者に聞いたところ……。
「黒づくめの組織」が起爆剤に? 『名探偵コナン』の映画がヒットし続けるワケ
『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』の勢いがすさまじい。だが、興行収入が大台を突破する理由は、コンテンツの魅力だけでは説明しきれない。
コナン映画新作、興収135億円突破 3世代のファンを離さないコンテンツの“トリック”
劇場版名探偵コナンの人気が止まらない。ドラえもん、ポケモン、サザエさん……日本には長寿コンテンツがいくつかあるが、それらとの決定的な違いとは。
約67%が仕事でストレスあり 「ワークライフバランス」「業務量」を抑えた原因の1位は?
ビジネスパーソンの約67%が仕事でストレスを抱えていると、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティマーケティング(東京都渋谷区)による「仕事でのストレスに関する調査」で明らかとなった。そのストレスの原因とは。
日本企業のDXを加速 米通信ベライゾン・ビジネスCEOに聞く5G世界戦略
米国3大キャリアの通信企業、ベライゾンが日本市場でのビジネスに注力している。なぜ、同社は日本市場に注目しているのか。法人向け部門ベライゾン・ビジネスグループのカイル・マレイディーCEOに聞いた。
“賃上げできない会社”がやるべき「半分ベースアップ」とは? 給与のプロ直伝
【Q】初任給を賃上げしてはどうかというアイデアが出ています。全社的な賃上げは、原資がないため断念せざるを得ず、社員の不満がたまるのではないかと心配です。どうすればいいでしょうか?
効率追求の落とし穴 「レジなし店舗」が見逃しがちな重要ポイントとは?
長年、小売の現場に身を置く著者は、国内外のレジなし店舗が効率性を追求するあまり、ある重大なポイントを見逃しているのではないか、と指摘する。レジなし店舗のあるべき姿とは――。
なぜカシオの「関数電卓」は2200万台も売れているのか 電卓から見えてきた、海外と日本との“違い”
カシオ計算機の関数電卓が売れている。年間2200万台ほど売れているというが、その大半は海外の国が占めている。なぜ日本ではなく、海外で人気を集めているのか。
レジの「立ちっぱなし問題」どうする? 欧州では「座る」スーパーも 効率と働く人の満足度を考える
欧州で見かけることが多い「座りレジ」が、少しずつ日本でも増えてきた。マイナビバイトやベルクの取り組みを紹介しながら、変わり始めた接客の今を探る。
「消せるボールペン」は全世界44億本販売 海外で爆発的な人気を誇る日本製文具の品質
日本製文具の人気が海外で高まっている。ペーパーレス化や少子高齢化で長期的な国内市場は縮小が避けられない見通しだが、海外ではボールペンなどの筆記具を中心に、上質な日本製文具の支持が高く、アート制作用やギフト向けも強い。
大阪狭山市の「イオン金剛店」跡地に「そよら金剛」オープン 専門店は?
イオンリテールは2022年に閉店した大阪狭山市の「イオン金剛店」跡地に、「そよら金剛」をオープンする。
親指サイズの文房具「キングミニ」第2弾を発売 開発の思い付きから人気商品へ成長
キングジムは6月14日、実用的なミニチュアサイズの文房具「キングミニ」シリーズの第2弾を発売する。商品のラインアップはキングファイルをモチーフにした「キングファイル ミニバインダー」、カードサイズの収納トレー「ミニデスクトレー」、カラフルなボックスファイル「ミニGボックスPP」(いずれも600円)の3種類。
資生堂の美容部員がインフルエンサー化 華やかな投稿に隠れたSNS戦略とは
美容部員と聞くと、百貨店やコスメショップの店頭に立ち、一対一で顧客の話を聞きながら接客するというイメージを持つ人も多いだろう。その一方で、資生堂インタラクティブビューティー(東京都中央区)には、デジタルでの活動に特化した美容部員が約40人在籍している。その背景について、同社に話を聞いた。
1杯約1万円の“インバウン丼”話題の「千客万来」 現地で見えた、高価でも売れる意外な実情
果たして、実際に“インバウン丼”は注文されているのか、またそれは外国人ばかりなのか――。
“インバウン丼”と呼ばないで――1杯1万円超の海鮮丼が話題の豊洲「千客万来」、運営企業が漏らした本音
メディアによる切り取った報道に、現地は困惑しているようだ。
病院内で「スクラブ」が増えているのはなぜ? 医療ドラマが映し出す“いま”
病院内でTシャツのようなモノを着ている人が増えてきた。半袖で首元がVネックになっていて、「スクラブ」と呼ばれている。以前は手術のときに着ている人が多かったのに、なぜ?
円安「出稼ぎ」のワーキングホリデー活況 一方で“落とし穴”も
円安で費用負担がかさみハードルが高くなった留学の代替などとして現地で働きながら国際経験を積めるワーキングホリデー(ワーホリ)が注目を集める。ただ、急激な増加で仕事が見つからないといったケースも目立つという。
「遮熱通学帽子」帽子内の温度を4度下げる、特徴は?
フットマークは、小学生や中学生に向けた夏用の通学帽子「遮熱通学帽子」を発売している。価格は3500円。
セカンドストリート、スポーツ用品に特化したリユースショップを開業 愛知県を選んだ理由は?
ゲオホールディングスのグループ会社であるセカンドストリート(名古屋市)は5月24日、アウトドアやスポーツ用品に特化したリユースショップ「セカンドアウトドア小牧常普請店」(愛知県小牧市)をオープンした。「セカンドアウトドア」業態として、初の非降雪エリアで営業する店舗だ。
「洋服の青山」がビジネス向けのポロシャツ発売 汗によるべたつきや不快感に対応
青山商事は5月22日、吸汗速乾性が高い「#すご 秒乾ポロシャツ」を発売した。カラーはホワイト、ネイビー、ブラック(いずれも無地)の3種類で、価格は各4290円。全国の「洋服の青山」および公式オンラインストアで販売している。