ウクライナ情勢が世界の燃料市場を一変させた=エコノミスト
ウクライナ情勢は、世界の燃料市場に変革を迫っている。英紙「エコノミスト」が報じている。
クローン技術でホッキョクオオカミ誕生 世界初 中国
今年6月、中国で世界初のクローンホッキョクオオカミ(Canis lupus arctos)が誕生し、近いうちに2匹目も生まれる予定。中国のシノジーン(SinoGene)社の米継東(ミー・ジードン)最高経営責任者(CEO)が、「スプートニク」のインタビューで語った。
キルギスとタジキスタン 紛争終結に関する議定書に署名
キルギス国家安全保障委員会のカムチベック・タシエフ委員長は25日、キルギスとタジキスタンの特殊部隊のトップが、紛争終結に関する議定書に署名したと発表した。
世界は米国のインフレの代償を払っている
米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げにより、米ドル高と他国通貨の下落が同時に進行している。中国共産党機関紙「環球時報」が報じている。その結果、世界は米国の強引な金融政策の代償を再び払うことになり、米ドルの覇権主義に嫌気がさし、すでにその代替策を取り始めている。
ロシアへの編入の是非を問う住民投票 3日目の様子
ドネツク・ルガンスク人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)州、ヘルソン州の4地域では、ロシアへの編入の是非を問う住民投票が行われている。この投票は25日で3日目を迎えた。2日目の投票率は、ドネツク人民共和国で55.5%、ルガンスク人民共和国で45.86%、ザポリージャ州で36.54%、ケルソン州で31.79%だった。現地の諮問・協議機関がこのように発表した。
専門家が警鐘 2050年までに絶滅の可能性がある動物
地球では有史以来、5度の大量絶滅が起こったとされるが、現在、その6度目がすでに始まっている可能性があると多くの専門家が警告している。一部の科学者からは、現在地球上に生息している種の40%近くが、早ければ2050年にも絶滅する可能性があるとの声も上がっている。
ネパール 上海協力機構への正式な加盟を望む
ネパールは、上海協力機構(SCO)への正式な加盟を望んでいる。ミラン・ラジ・トラドハル駐ロシア・ネパール大使がこのように発表した。
ロシアの政治学者 ロシアは1990年代にNATOへの加盟を求めたが、加入できずに終わった
1990年代のロシアは、北大西洋条約機構(NATO)への加盟に努力を注いできたが、NATO加盟国の激しい反対に遭った。また、ビル・クリントン米大統領(当時)の政権内におけるロシアのロビー活動は、現在よりもさらに弱いものだった。ロシアの政治アナリストのボリス・メジュエフ氏が、スプートニクとの対談で、このように語った。そのため、ロシアのNATO加盟における現実的な見通しに関するクリントン氏の発言は、事実と通ずるものが全くないという。
ロシア人テニスプレーヤー 東レPPOで優勝
ロシアのテニスプレーヤー、リュドミラ・サムソノワ選手(23)が、東京で開催されたWTA500トーナメント「東レ・パン・パシフィック・オープン(東レPPO)」の女子シングルで優勝した。
カナダ首相、安倍元首相の「国葬」参列取りやめ 国内の災害対応のため
27日に行われる安倍晋三元首相の国葬に参列を予定していたカナダのトルドー首相が、参列を取りやめることが分かった。カナダ東部に上陸したハリケーン「フィオナ」の災害対応を優先するためだという。日本の各メディアが報じている。
欧州、今季初の寒波がまもなく到来 エネルギー危機対処への決意が試される
来週半ばに西ヨーロッパを襲う寒波により、欧州は深刻な燃料不足の中でエネルギー危機に対処する決意を試される。ブルームバーグが報じている。
フィギュア・ロシア代表テストスケート トルソワ、ワリエワらが新SPを披露
露モスクワで24日、フィギュアスケート・ロシア代表チームのテストスケートが行われた。北京五輪女子シングル銀メダルのアレクサンドラ・トルソワ選手(18)や北京五輪団体金メダルのカミラ・ワリエワ選手(16)など、各種目の代表選手が新しいショートプログラム(SP)を披露した。
北朝鮮発射のミサイル 速度はマッハ5、飛距離は600キロ=韓国軍分析
韓国合同参謀本部は、北朝鮮が25日朝に発射した短距離弾道ミサイルについて、最高高度約60キロ、飛距離約600キロ、速度はマッハ5(音速の5倍)だったとの分析を明らかにした。聯合ニュースが報じた。
マツダ、ロシアでの自動車生産終了を検討=メディア
日本の自動車大手「マツダ」が、ロシアでの生産終了に向けて提携する現地企業と協議に入った。日本経済新聞などが報じている。
ポーランド配備の米軍、ウクライナに提供された兵器の機能を保証=WSJ
ウクライナ軍に供給された兵器の運用は、ポーランド領内に配備された米軍と通訳によって確保されている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。
米国、台湾への兵器供給を継続 中国は台湾統一阻む勢力を牽制
米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官は、米国は台湾に対し、領土の自衛に向けて兵器を供給し続けると述べた。一方、中国の王毅外相は、台湾との平和的統一を阻む外部勢力による干渉の排除に向け、有効な手段を講じると牽制した。
日本政府 弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮に抗議=防衛省
北朝鮮は25日朝、同国内陸部から少なくとも1発の弾道ミサイルを東方向に向けて発射した。これを受け、日本の浜田靖一防衛相は、外交ルートを通じて北朝鮮に抗議したことを明らかにした。
ウクライナが交渉を拒否すればするほど、交渉は難しくなる=ラブロフ露外相
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ロシアはウクライナとの交渉を諦めていないが、ウクライナ政府が拒否すればするほど、交渉は難しくなると述べた。
ジェンダー中立性のため? 米空軍学校で「ママ」「パパ」の呼称禁止
米コロラド州の空軍学校がジェンダー(性的)中立性を指導するなかで、行き過ぎとも思える措置を行い波紋を呼んでいる。同校の教育方針に照らし合わせると、「ママ」「パパ」といった言葉さえ使ってはならないという。米「FOX NEWS」が伝えている。
北朝鮮 日本海に向け弾道ミサイル発射
北朝鮮は25日、日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。韓国軍合同参謀本部が同日午前7時ごろ発表した。
米・戦略石油備蓄、過去40年で最低水準 市場放出で
米国のジョー・バイデン大統領によるガソリン価格の低下を狙った介入措置によって、米政府の戦略的石油備蓄が過去約40年で最低の水準になっている。米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が伝えている。
薬殺刑で血管見つからず、土壇場で執行中止
米アラバマ州でこのごろ、薬物注射による死刑執行の際に死刑囚の血管が見つからず、まさに土壇場で執行中止になる珍事があった。米テレビ局「CBS」が伝えている。
「日本の政策は米国やNATOと変わらない」=ラブロフ露外相、国連総会で演説
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は24日、米ニューヨークで開かれている国連総会で演説した。演説でラブロフ外相は日本の話題にも触れ、「日本の政策は米国や北大西洋条約機構(NATO)のそれと少しも違いがない」と述べた。
中国民間機「C919」 欧米各社に対抗できるか?
中国商用飛機 (Сomac) は自社製造の中距離機「С919」を世界をリードする米ボーイング「737 MAX」や仏エアバス「A320neo」の競合と位置付けて宣伝している。ブルームバークが報じた。
人類が火星に捨てたゴミの量が明らかに
人類が火星表面の探査を始めてから50年が経つ。その間、科学者らは様々な人工物を一つ、また一つと火星に送り出していった。その結果、人類によって残された火星ゴミの総量は、7トンにも上ることが分かった。米西バージニア大学のカグリ・キリク研究フェローが米情報サイト「HowStuffWorks」に寄稿し、伝えている。
ベルギーが原発1基停止 脱原発と燃料価格高騰のジレンマ
脱原発政策を進めるベルギーで24日、北部のドール原発3号機が稼働を停止した。現地のテレビ局「RTBF」が伝えている。ベルギーは国内で稼働する商業炉7基を全廃する方針を掲げているが、エネルギー高騰との板挟みとなり頭を悩ませているようだ。
トルコ、米と交渉決裂ならロシア産戦闘機購入を検討
トルコで国防産業の調整を担う政府専門機関で代表を務めるイスマエル・デミール氏は、米国からの戦闘機「F-16」の購入契約が成立しなければ、ロシア産の「Su-35」の購入を検討すると明らかにした。
フィギュア・紀平選手が1年半ぶり復帰戦 SP6位発進
2018年グランプリ(GP)ファイナル覇者で、けがで昨シーズンは欠場した日本の女子フィギュア・紀平梨花選手(20)が24日、全日本選手権の予選となる中部選手権に出場した。ショートプログラム(SP)で56.69点をマークし、6位スタートとなった。日本の各メディアが伝えている。
欧州による対露制裁の強化 ロシアはアジアへの燃料出荷が活発に
ロシアは欧米の制裁により、近い将来、新たな市場であるアジアや中東に燃料を出荷するようになる。ロシアの売り手は、貿易関係を維持するだけでなく、それを拡大し、既存の販売市場を発展させ、新しい市場を獲得するためのさまざまな戦術をとり、成功を収めている。ブルームバーグが伝えている。
美しい偶然、星の小路:「International Photography Awards 2022」受賞作品
ニューヨーク発の国際的な写真コンテスト「International Photography Awards(インターナショナル・フォトグラフィー・アワード、IPA)」が今年も開催され、プロフェッショナル・ノンプロフェッショナル部門の受賞者と各部門のファイナリストがこのほど発表された。
動員の日
2022年9月21日の朝、ウラジーミル・プーチン大統領は、部分的な動員令の発動を宣言した。セルゲイ・ショイグ国防相によれば、召集されるのは30万人の予備役―つまり、予備兵として軍と契約を結んでいる元職業軍人および予備役である。
北朝鮮のミサイル発射兆候=韓国大統領府 異例の公表でアピール?
韓国大統領府は24日、北朝鮮のミサイル発射兆候について韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が報告を受けたと明らかにした。大統領府の発表をもとに、産経新聞などが伝えている。ミサイル発射兆候について発表するのは異例だといい、北朝鮮の動きに対する備えや探知能力を内外にアピールする狙いも見え隠れする。
静岡・園児置き去り死事件、副園長と担任が退職の意向
静岡県牧之原市の認定こども園で、3歳の女児が通園バスの車内に取り残され熱中症で死亡した事件で、こども園の杉本智子副園長が事件の責任を取って、9月いっぱいで退職する。また、女児のクラスの担任も退職する意向を示している。NHKが報じた。
台湾の独立と平和な調停は両立不可能=中国外相
台湾の独立と平和的な調停は両立し得ない。中国の王毅外相がアントニー・ブリンケン米国務長官とニューヨークで開催されている国連総会の場で会談した際に表明した。
国際ボクシング協会、ウクライナの参加資格を停止
IBA(国際ボクシング協会)はウクライナ政府がUBA(ウクライナ・ボクシング協会)の活動に介入したとして、UBAの参加資格を一時的に停止した。IBAの公式サイトで発表された。
核兵器使用に関するロシア側の言及、真剣に検討=ホワイトハウス
米国はロシア側が核兵器使用について言及していることを極めて重く受け止めているものの、現時点において自国の抑止力を発動する必要性を裏付ける証拠は確認していない。ホワイトハウスのジャンピエール報道官が表明した。
バイデン大統領、アフガニスタンを同盟国リストから排除=ホワイトハウス
ジョー・バイデン大統領はNATO(北大西洋条約機構)域外における米国の同盟国としてのステータスをアフガニスタンから剥奪した。ホワイトハウスが発表した。
国土の1/3が水没したパキスタン、首相が国連総会で窮状を訴える「生活は永遠に変わった」
パキスタンのシャフバズ・シャリフ首相はニューヨークで開かれている国連総会の一般討論演説で、国土の三分の一を飲み込んだ洪水により生活が永遠に変わったと窮状を訴えた。パキスタンは地球温暖化の影響を受けやすいものの、同国が排出している温室効果ガスは世界全体の1%以下となっている。
中米ニカラグアが米CNNの放送を禁止
ニカラグア電話通信庁は米CNNテレビが国家主権に関わる法律に違反したとし、国内での放送を禁止した。
米国務長官、ロシアを支援した場合の結果について中国に警告
アントニー・ブリンケン米国務長官は中国の王毅外相と会談した中で、中国側がロシアを支援した場合の結果について警告した。米国務省が発表した。
欧州は危機の調停ではなく、その長期化を目指す=露外務省
EU(欧州連合)はウクライナ危機の調停に貢献する代わりに、戦闘行為を最大限長期化させようとしており、これにより犠牲者、及び被害が拡大している。ロシア外務省が公式サイトで表明した。
スマトラ沖でマグニチュード6.2の地震が発生
インドネシアのスマトラ島沖でマグニチュード6.2の地震が発生した。米国地質調査所が発表した。
地球の生命は宇宙から来たことを示す新たな証拠が見つかる
英紙ガーディアンは、日本の東北大学などの研究チームが地球の生命は宇宙から来たことを示す新たな証拠を発見したと報じた。
中国が考える米国の信頼できない同盟国2国
中国軍のウェブサイトChina Militaryは23日、米国は欧州とアジア太平洋地域で指導的地位を失いつつあり、欧州ではドイツに、アジアでは日本に主導権を譲る可能性があると報じた。
日米豪印「クアッド」、国連安保理の拡大を支持
日米豪印4か国の協力枠組み「クアッド」の外相会合が23日、国連総会が開催中の米ニューヨークで開かれた。会合後、国連改革や国連安全保障理事会の常任および非常任理事国の拡大を支持すると明記した共同文書が発表された。
ブレント原油、1月以来初めて1バレル=87ドル割れ
世界の原油価格は4~5%まで下落を加速させ、ブレント原油は1月25日以来初めて1バレル=87ドルを割り込み、WTI原油は1月11日以来初めて1バレル=80ドルを下回った。
「ロスコスモス」、パリで開催の国際宇宙会議に出席せず フランスがビザ発給を拒否
在仏ロシア大使館は、フランスは同国の首都パリで今月18日から22日に開催された第73回国際宇宙会議出席者用のビザ発給リストから、ロシアの国営宇宙企業ロスコスモスの責任者たちを削除したと発表した。
「トヨタのおかげで高品質がロシアに出現 自動車産業には大きな痛手」 トヨタがロシア現地工場を閉鎖へ
トヨタ自動車はロシアで15年にわたって稼働してきたサンクトペテルブルク郊外の工場を閉鎖し、自動車生産を中止する。ロシア産業貿易省の報道部が明らかにした。
米国やNATOとの対立にロシアは関心を持っていない=露外務省
ロシアのリャプコフ外務次官は23日、キューバ危機から60年を記念した会議で、米国および北大西洋条約機構(NATO)との露骨な対立にロシアは関心を持っておらず、ロシアは米国のバイデン政権もウクライナをめぐるエスカレーションのリスクを理解することに期待していると述べた。
BRICS諸国 国連、WTO、IMF改革を呼びかける
BRICSは国連、世界保健機関(WTO)、国際通貨基金(IMF)を含む多国間システムの強化と改革の必要性を再確認した。第77回国連総会のフィールドで行われたBRICS外相会合を総括し、こうした声明が表された。
ロシア編入が一番の希望 世論調査による統一住民投票の予測は?
ドネツクおよびルガンスク両人民共和国の住民の大多数はロシアへの編入を支持していることが、全ロシア世論調査センターが住民投票の前夜に実施した世論調査の結果、明らかになった。
フェイスブックはユーザーの個人情報を密かに収集している 米裁判所、訴状を受理
米カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所は、メタ社(ロシアで過激派組織として認定され、活動が禁止されている)を相手取った集団訴訟の訴状を受理した。訴状によると、メタ社が所有するフェイスブック(ロシアで禁止されている)は、そのアプリに組み込まれたブラウザを介してiOSユーザーの個人情報をひそかに収集している。サイトTechCrunchが報じた。
事実と数字で見る 住民投票実施の4地域
23日から27日にかけ、ドネツク・ルガンスク両人民共和国、ヘルソン・ザポリージャ(ザポロジエ)両州では、ロシアへの編入の是非を問う住民投票が開始された。この4つの地域の人口や主要産業などについて、スプートニクがインフォグラフィックでまとめた。
「東レ・パン・パシフィック・オープン・テニス」 ロシアのクデルメトワがダブルスで準決勝進出
日本の東京で開催の女子テニス「東レ・パン・パシフィック・オープン・テニス」(WTA500/賞金総額75万7900ドル)は23日、ダブルス準々決勝を行い、ベロニカ・クデルメトワ(ロシア)/エリース・メルテンス(ベルギー)はフェルナンダ・コントレラスゴメス(メキシコ)/デスピナ・パパミハイル(ギリシャ)と対戦し、6-0、6-3勝利した。
WADA 規定違反のウクライナ・アンチドーピング機関を一時的に無罪放免
世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の執行委員会は、アンチ・ドーピング規程を遵守しない行為をとったウクライナ国立アンチ・ドーピングセンターを暫定的に無罪とした。WADAがウェブサイトに掲載した。
ロシア編入問う住民投票 各地域で住民らが列をなす
ドンバス地域のドネツク及びルガンスク人民共和国と、南部ヘルソン州、ザポリージャ(ザポロジエ)州で23日、ロシアへの編入問う住民投票が開始された。各地域に設置された投票所には、投票を希望する多くの住民が集まり、列を作った。
ラブロフ露外相と国連事務総長 食物輸送と国連の作業効率を話し合う
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、2022年9月22日の第77回国連総会のフィールドでアントニオ・グテーレス国連事務総長と会談し、ウクライナの食糧の輸出とロシアの農産物、肥料の自由な輸出に関するイスタンブールでの合意のパッケージをあますことなく実施する必要性についてと議論した。ロシア外務省の公式ウェブサイトが明らかにした。
米国には習近平のような指導者が必要=トランプ前米大統領
ドナルド・トランプ前米大統領は、米国は地獄への道を歩んでおり、中国の習近平国家主席のような強い指導者だけが米国を助けることができるとみている。トランプ氏が、FOXニュースのインタビューでこのように語っている。
ロシア生息コウモリからヒト感染しうるコロナウイルスが検出
ロシアのコウモリから発見されたウイルスを研究していたワシントン州立大学は、ウイルスがSARS-CoV-2と類似し、ヒトに感染する能力があり、既存のワクチンに対して耐性があることを発見した。研究は、学術誌『PLoS Pathogens』に掲載されている。
韓国当局 活動家に北朝鮮へのビラ送付を自粛するよう求める
韓国政府は、朝鮮半島の緊張を高める恐れがあるとして、活動家に対し、北朝鮮に向けて体制批判のビラなどを送ることを自粛するよう求めている。韓国統一部のイ・ヒョジョン副報道官が記者会見でこのような考えを示した。
米空母「ロナルド・レーガン」 5年ぶりに韓国に入港 合同演習を実施へ
韓国では23日、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」を含む空母打撃群が韓国南部の釜山作戦基地に入港した。聯合ニュースが報じている。
イスラエルでお見合いマラソン開催、数万人の市民が参加
イスラエルのテルアビブではパートナーのいない市民、2万人がお見合いマラソンに参加した。テルアビブ市のプレスサービスが発表した。
国連は妥協を模索する組織、自分の願いを叶える場ではない=露外務省
国連は西側の願いを叶えるための金魚(ロシア民話で金魚は願い事を叶える生き物として知られている:スプートニク通信)ではなく、 妥協を模索するための組織であり、安全保障理事会の改革は西側の利益を優先して行うべきではない。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が表明した。
ドンバスでロシアへの編入の是非を問う住民投票が始まる
ドンバス地域(ドネツク・ルガンスク人民共和国)と、ヘルソン州、ザポリージャ(ザポロジエ)州では、23日からロシアへの編入の是非を問う住民投票が開始する。特別軍事作戦が進行する中、当局は住民が最も安全に意志表明できる環境を整えようとしている。
4カ国外相会合 安保理改革を早期に実現すべき
国連安全保障理事会の常任理事国を目指す日本、ドイツ、ブラジル、インドの4カ国による外相会合が日本時間の23日朝、米ニューヨークで行われ、安保理改革に向けて早期に具体的成果を目指すことを確認した。NHKが伝えている。
西側諸国はウクライナをNATOに受け入れるべきではない=レーガン元米大統領のバンドウの元顧問
米国が率いる西側諸国は、ウクライナが北大西洋条約機構(NATO)に「いかなる形であれ」加盟することを認めるべきではない。ケイトー研究所の上級研究員で、ロナルド・レーガン元米大統領の元特別補佐官のダグ・バンドウ氏が19Fortyfiveポータルの記事で執筆した。
ジョンソン元英首相が言い間違える 「感動的なリーダーシップ」についてプーチン大統領に感謝
英国のボリス・ジョンソン元首相は議会での演説で言い間違えをし、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に「感動的なリーダーシップ」を与えてくれたことに感謝した。
成果を出すには敬意を持ってロシアと対話することが必要=仏大統領
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、敬意をもってロシアと対話することが効果的で、最終的には結果をもたらすことになると表明した。米CNNテレビの取材に応じた中で発言した。
台湾製半導体への依存は国家安全保障上のリスク=米財務長官
最も精密な半導体の製造で世界をリードする台湾に依存することは米国の国家安全保障にリスクをもたらす。ジャネット・イエレン米財務長官がアトランティック・フェスティバルの会議に参加した中で表明した。米国では台湾有事の際、マイクロチップなどの半導体供給に大きな支障が生じるとの懸念が広まっている。
EUは部分的な動員の発表後、ロシア産石油の価格に上限を設定したがる=ブルームバーグ
ロシアでの部分的動員の発表を受けて、EU加盟国は数週間以内にロシア産原油価格に上限を設定する協定の締結を目指している。ブルームバーグが情報筋の話として報じた。
ゼレンスキー大統領、「勝利のため」戦車の供与をドイツに要求
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は ドイツに対し、同盟国の顔色を伺うことなく、自らが他国の手本となってウクライナに戦車を供与するよう要求した。
全国旅行割10月11日開始 観光振興へイベント割引も
【ニューヨーク共同】岸田文雄首相は22日午前(日本時間夜)、「Go To トラベル」に代わる観光支援策「全国旅行割」を10月11日から始めると表明した。イベントに適用する割引事業も同日から実施する。1日当たりの入国者数上限を撤廃し、短期滞在ビザの取得免除や個人旅行の受け入れも解禁する。
日米韓外相らが北朝鮮の発射を非難
日本の林芳正外務大臣、米国のアンソニー・ブリンケン国務長官、韓国の朴振外相は22日(日本時間23日)、米ニューヨークで開催された第77回国連総会に合わせて外相会談を開き、北朝鮮のミサイル発射を非難した。共同通信が報じた。
日本は対ロシア制裁とウクライナへの支援を継続=岸田首相
日本の岸田文夫首相は、米ニューヨークでの国連総会の合間に合わせて、ウクライナのデニス・シュミハル首相と会談した。岸田氏はロシアに対する制裁とウクライナの支持を継続することを約束した。NHKが報じた。
東京証券取引所とNY証券取引所、市場活性化ねらい協力で合意=NHK
東京証券取引所とニューヨーク証券取引所は商品開発などの分野で協力に合意した。日米間で互いの投資を呼び込むことで、株式市場の活性化につなげることが狙い。NHKが報じた。
露大統領がサウジ王子と電話会談、上海協力機構での協力を確認
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン王子と電話会談を行い、上海協力機構における連携について意見を交わした。また両者は会談でエネルギーの安定供給に向けた協力、貿易関係の強化、及びドンバス地域での戦闘行為に関わっていた外国人戦闘員捕虜の身柄引き渡しについても意見を交わした。ロシア大統領府が発表した。
スウェーデンとフィンランド、今年の12月末までにNATOに加盟する可能性がある=ポリティコ紙
フィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟プロセスは、今年12月末までに完了する可能性がある。ダグラス・ヒッキー在ヘルシンキ米国大使が表明した。ポリティコ紙が報じた。
シリアで難民船が転覆、34人死亡
難民を乗せた船がシリア沖で転覆し、34人が死亡、これまでに14人が救出された。シリア海港管理局の発表を引用して現地メディアSham FMが報じた。
台湾に関するバイデン氏の発言の後、軍事分野における中国の「主要な措置」に気付かず=米国防総省
米国防総省は、ジョー・バイデン米大統領が必要に応じて台湾を防衛するために支援を提供するというワシントンの意図について発言した後、軍事分野における中国の「主要な措置」に気付かなかったことを明らかにした。米国防総省の報道官、米空軍のパトリック・ライダー准将が表明した。
岸田首相講演のポイント NISA恒久化、ジョブ型雇用
米ニューヨーク証券取引所(NYSE)での岸田文雄首相の講演のポイントは次の通り。
節電のためサッカーの試合もデイゲーム中心に=イングランド
イングランドのプロサッカーリーグ(EFL)は、電気料金の値上げを背景に、サッカーの試合のデイゲームへの変更を検討している。英紙「インデペンデント」が報じた。
遺伝学者らが狙うマンモス復活 マンモスのDNAをアジアゾウに挿入でハイブリッド
バイオサイエンスのコロッサル社は、傷ついたり、失われてしまった地球の生態系を回復させるという壮大なプランをたてている。
146キロのサメ 9歳の少年が竿釣り
南アフリカで9歳の少年が、146キロのクロヘリメジロザメを竿で釣り上げた。デイリミラー紙が報じた。
米国 女性の権利侵害のイランの道徳警察に制裁発動
米国は、イラン人女性マフサ・アミニさん(22)の死亡をめぐり、イランの警察と治安維持機関の7人の高官に制裁を課した。米財務省が発表した。
日本の防衛費増大でも近隣諸国は憂慮の必要ない 岸田首相
22日、岸田首相はニューヨークでの記者会見で、日本が防衛費の拡大を意図しても、近隣諸国は憂慮の必要はないと発言した。
西側にロシアの安全を脅かす戦いの前進拠点としてウクライナを利用させない ラブロフ露外相
セルゲイ・ラブロフ露外相は国連安保理のウクライナ関連会議で演説した中で、ロシアの安全を脅かすための戦いの前進拠点として西側がウクライナを利用していることをロシアは許さないと断言し、ウクライナの行為を独仏米が野放しにしているとして、これを非難した。
エルドアン大統領 世界の指導者らにプーチン大統領との対話を呼びかける
トルコのエルドアン大統領は、世界の指導者たちはロシアのプーチン大統領と「平和の扉を開く」ために「話し合う」べきだと発言した。
行方不明になった猫がようやく帰宅 律儀にドアホンで通知
突然家を飛び出し、行方をくらませていた飼い猫。しかしある夜、最高にキュートな方法で飼い主の元へ帰宅した。
仏、独、米がザポリージャ原発のIAEA常駐を支持
西側諸国の数か国がザポリージャ(ザポロジエ)原発における国際原子力機関(IAEA)職員の常駐を支援した。
数十人が負傷 数百人が拘束 イランのデモ衝突3日目 現地で何が起きているのか?
イランでは先日、マフサ・アミニさん(22)が頭部を覆うヒジャブ(スカーフ)を「適切に着用していなかった」という理由で風紀犯罪を取り締まる現地の警察官に逮捕され、拘束時に亡くなるという事件が発生した。この事件を受け、イラン全土では抗議運動が広がっている。イランの国民は、マフサさんの死は警察に責任があると非難している。この抗議活動で、これまでに10人が亡くなった。
サウジアラビア初の宇宙飛行士チームの養成が開始
サウジアラビアは来年2023年に宇宙に向かうサウジアラビア人クルーの養成を近く開始する。初の宇宙飛行士チームにはサウジアラビア人女性の初の宇宙飛行士も参加する。同国の宇宙局が明らかにした。
日本 三菱電機が下水道料金を未払い 14億円を尼崎市に納付へ
日本の大手総合電機メーカー「三菱電機」は22日、兵庫県尼崎市にある伊丹製作所で、27年間にわたり下水道使用料の未払いがあったとして、約14億2600万円を追加で同市に納付すると発表した。朝日新聞が報じている。
ホワイトハウスから持ち帰った文書はすべて事前に機密解除していた=トランプ氏
トランプ前米大統領は、ホワイトハウスからフロリダ州にある邸宅「マー・ア・ラゴ」に持ち帰ったすべての文書は、自身が大統領だったときに機密指定を解除したと主張している。トランプ氏はFOXニュースのインタビューで、大統領は「それについて考えただけ」で、これを行うことができると述べた。
米国は「制裁の達人」を求めている=ブルームバーグ
米財務省は、米国による制裁が自国の経済に及ぼす悪影響を回避させ、その制裁が想定通りに行われているかどうかを確認するスペシャリストを探し出し、雇用することを決定した。米ブルームバーグが報じている。
防衛費増額には恒久的な財源を具体的に示す必要がある=公明党副代表
日本の自民党と連立政権を組む公明党の北側副代表は22日の記者会見で、所謂「安保3文書」の改定をめぐる協議について、防衛費増額には恒久的な財源を具体的に示す必要があるとの考えを示した。
豪州にゴンドウクジラ大量漂着 半数が死亡、生存は35頭
オーストラリア南部の離島タスマニアの海岸で21日、約230頭のゴンドウクジラが漂着しているのが発見された。一夜が明けた今日、現場の海岸ではゴンドウクジラの救命活動が行われる予定だったが、すでに半数以上が死に、生存が確認されたのはわずか35頭のみだという。
米国 レイオフによるコスト削減 グーグルとメタが他のIT大手の動きに追随
米国のIT大手「メタ」(ロシアでは過激派組織として認定され、活動が禁止されている)とグーグルが、人員削減(レイオフ)を含むコスト削減を計画していることが分かった。米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が、情報筋の話を引用して報じている。
米国、生物兵器使用の秘密のシナリオ練り上げ
ウクライナにおける米国の生物学研究所の活動調査に関する議会委員会の共同議長を務めるイリーナ・ヤロバヤ氏は22日、米国は大量破壊戦術生物兵器を使用する秘密のシナリオを練り上げていると発表した。
日本政府と日銀 為替介入を実施 24年ぶり
日本政府と日銀は22日、急激な円安に歯止めをかけるため円買い・ドル売りの為替介入に踏み切った。
北朝鮮 ロシアに兵器を供給したことはない
朝鮮中央通信(KCNA)は、北朝鮮はロシアへの兵器・弾薬を供給したことはないという国防省の声明を伝えた。韓国の聯合ニュースが、その声明を引用して報じている。