昭和天皇 拝謁記「象徴天皇」初期の模索明らかに
昭和天皇との対話を記した初代宮内庁長官の「拝謁記」に、戦後の日本国憲法で「君主」から「象徴」となった昭和天皇が、自ら変わろうとする一方で、君主としての意識を払拭できずに、時に政治的な発言をしていさめられるなど、象徴天皇像を模索する姿が克明に記されていました。分析にあたった専門家は「象徴天皇の行動のあり方が決まっていく現場がわかる貴重な資料だ」と指摘しています。
「あおり運転」 同じ白い車か 手配中の男の関係先で目撃
茨城県守谷市の高速道路で、男性が白い乗用車からあおり運転を受けたうえ、降りてきた男に暴行された事件で、大阪市内にある指名手配された男の関係先で、先月から今月にかけてこの乗用車とみられる車が目撃されていたことが分かりました。
京アニ放火事件1か月 容疑者から事情聴けぬ状況続く
「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件から18日で1か月になります。現場近くの献花台には国内外から訪れる人が絶えず、会社にはおよそ20億円の寄付金が寄せられるなど支援の動きが広がっています。一方、警察の捜査は、重いやけどをした青葉真司容疑者から事情が聴けない状況が続いていて、動機の解明はなお時間がかかるものとみられます。
香港 きょう大規模な抗議集会か 警察との衝突懸念
抗議活動が続く香港では、17日もデモ行進が行われた一方、香港政府を支持する大規模な集会も開かれ、参加者たちは暴力をやめるよう訴えました。18日は、ことし6月に100万人以上が参加したデモ行進を主催した民主派団体が大規模な集会を呼びかけていて、警察との衝突に発展することも懸念されます。
東京五輪 「イベント民泊」で宿泊施設不足解消を
東京オリンピック・パラリンピックの期間中に懸念される宿泊施設の不足に対応するため、観光庁は、期間を限定して個人の住宅に有料で宿泊できる「イベント民泊」の活用を自治体に促すことにしています。
G7サミット「不平等との闘い」なども議論
今月下旬にフランスで開かれるG7サミット=主要7か国首脳会議で、「世界経済」や地域情勢などに加え、「アフリカのパートナーシップ」や「不平等との闘い」など、新たなテーマのセッションを設け各国首脳で議論することが固まりました。
悠仁さま ブータンの伝統文化に触れられる
ブータンを訪れている秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、国立博物館を視察してブータンの伝統文化に触れられました。