同性婚 by id:Kodakana

Gay marriage vote: plebiscite in November, as Turnbull government outrage continues

8月8日、オーストラリア:連立与党は、今週の議会で同性婚についての国民投票を行う法案に支持が得られなければ、11月の前に郵便投票を実施する方針で合意した。通常の国民投票を行う法案は、昨年否決されたのと同様のものであり、再度棄却されるとみられるが、もし可決すると11月25日に実施される。

Malcolm Turnbull 首相と Mathias Cormann 財務省は議事堂で政府の計画を発表した。統計局が選挙管理委員会の補助を受けて郵便投票を執行する。投票用紙は9月12日までにすべてのオーストラリア人の郵便受けに届けられる。通常の選挙とは異なり、有権者は投票を義務付けられない。最終的な結果は11月15日までに集計される。よって同性婚の法制化に賛成多数が得られた場合、議会で自由投票による採決が行われるが、議員は郵便投票の結果に拘束はされない。反対多数の場合は、政府は自由投票を進めない。

Turnbull 首相は、郵便投票の案は政権が公約を維持するための方法であると述べた。

野党労働党の Bill Shorten 代表は、「なぜ自由党は結婚の平等を遅らせるために推進力と敏捷さの全てをかけているのか。電価の問題に同じ努力をすればいいのに」と述べた。

シェア いかにも!
書き込むには Twitter ID/はてな ID でログインしてください。読むことは誰にでもできます。