について
@kodakana_ship10 より

本日は五月五日、端午節。

本来は、天の火の気が最も強くなる時期より前に、感染症などの邪気を払うものといわれ、夏至を控えた季節に行うことに意味がある行事です。

邪気を払うには菖蒲を用いるのが伝統的に一般的ですが、香気の強いものに効能があるとすると、パクチーやローズマリーや山わさびを使っても良いのではないかと思われます。山わさびはうまい。

広告欄

「暦」の書籍をもっと見る