id:pictures126
自分(id:pictures126)のことを語る

あの子はなにをまもろうとしたのだろう。

誰をまもろうとしたのだろう。

多分それはあの場(の雰囲気、そこにいた人たち)でもあり、

あの場にいなかった人(友達とか)でもあり、

あのこ自身でもあったろう。
(ただ、結構、本音トークだったので、あのこは悪役になってもここで壁を作らなくては、いや堰き止めるんだという思いは見えた。以前、ダム決壊したからね、私もあのこも。だから、本人は別にどう思われたっていい、と考えている雰囲気はつたわってきた)

その、まもりたいものの中に、おそらく私は入っていない。 
それは残念ではあるが、

それでも向こうが、必死に言葉を選んでくれているのはわかったので、
何とか出来るだけ私を傷つけまいとしてくれたようではある
(その場で私が泣き出したりしたら事だからな)
あ、何とか刺激しないように気を配った、
という見方もあるね。
多分それが正解

後は私が諦めるだけ。
ただそれだけ。

広告欄

「pictures」の書籍をもっと見る