カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

コーヒーブレイク の検索結果 標準 順 約 140 件中 1 から 20 件目(7 頁中 1 頁目) RSS

  • まずは、コ-ヒ-ブレイクを
    • チャック・マ-チン/立木勝
    • ぶんか社
    • ¥968
    • 2007年12月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.0(2)
  • 本書は働き過ぎのマネジャー、ビルの物語だ。働いても働いても仕事は終わらず、自分の時間は少なくなり、気がつけば、家でも仕事のことしか考えられなくなっている。そんなとき、ビルはティーチャと呼ばれる人物に出会い、人生を変える三つの大原則を享受させられる-。この物語は、仕事と私生活の両方で、なにが本当に重要なものなのかをふり返らせてくれる。そして、それを手に入れるためにするべきことを教えてくれる。あなたもビルのように、少し立ち止まり、“まずは、コーヒーブレイクを”するときではないだろうか。
  • ウォ-ル街でコ-ヒ-ブレイク
    • ロン・インサ-ナ/古田実
    • 三田出版会
    • ¥1980
    • 1997年05月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(1)
  • アメリカの巨大な金融取引の街を舞台に、証券マン・投資家・アナリスト・ブローカーたちが株をめぐって繰り広げる上を下への大騒ぎ、ひねりの利いたアメリカンジョーク、伝説のギャンブラーたちの悲喜劇、意外なジンクス、おかしな失敗談などなど、喧噪とジョークにみちた彼らの日常をいきいきと描いた、愉快なエッセイ。
  • コーヒーブレイク(2)
    • 井上八三
    • 新風舎
    • ¥825
    • 2007年09月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 「国民弁当」って、何?(『タイムマシン2』)。侵略した者、された者、歴史のどこに線を引く(『私の父さん侵略者ですか』)。スリでも死刑にすべきか(『ダーティーポリス2』)。人間と狸、どちらが騙されやすい(『大先生物語2』)。ヘッドハンターが狙うサラリーマンはどんなタイプ(『無任所課長』)他。コーヒーブレイクの時間潰しに最適な短編、二十編。
  • さいとう・たかをのコーヒーブレイク
    • さいとう・たかを
    • フローラル出版
    • ¥1601
    • 1992年11月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 「ゴルゴ13」のさいとうたかをが、劇画家生活37年目に書き綴った初エッセイ。怒涛の少年期、感動の青年期、そして数々のヒーロー誕生秘話を不思議が蔓延した世の中を憂いながらも楽しんで。
  • コーヒーブレイク(1)
    • 井上八三
    • 新風舎
    • ¥880
    • 2005年01月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 平社員で定年を迎える男の物語『若き上司』。狸の世界も人間世界と同じように選挙があって利権が絡む?『大先生物語1』。19歳の若奥さんは夫のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ『おてんば女房』…。笑えて泣ける、ジャンルを超えた22編の短編集。
  • 男たちのコーヒーブレイク
    • 蕪木和夫
    • 南雲堂
    • ¥939
    • 1989年08月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 男は永遠に少年だ!18人の“男”が語る人生・女そして…。少年の“輝き”を求めた“快感”のインタビュー集。
  • コ-ヒ-ブレイク
    • 古日山伝子
    • 明窓出版
    • ¥1100
    • 1998年10月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 茶髪に、ピアスに、ダイエット。高齢化社会や不登校などにも興味を持つ著者が、日頃感じている疑問やウップンを、軽妙なタッチで再現。1頁一話完結なので、どこから読んでも「コーヒーブレイク」でき貴方の脳を心地よく刺激する。
  • コーヒーブレイク
    • 高木成直
    • 早稲田出版
    • ¥1320
    • 2006年02月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ある日、ふとしたきっかけで綴った文章が、投稿した新聞に載った時の喜びは大きかった。毎日の暮らしの中で体験し、感動する。その時どきの気持ちを大切にしていきたい。
  • コーヒーブレイクの英語
    • 岡田誠一(英文学)
    • 丸善出版
    • ¥662
    • 1994年05月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 本書は、実際に英語を教えている筆者が、自身の教授体験に基づいて、英語を面白く、かつ楽しくマスターするための、また英語習得を無味乾燥なものにしないための処方箋を、日常生活の様々な場面におけるエピソードを紹介しながら示したものである。

案内