カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

エイズ の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1 から 20 件目(100 頁中 1 頁目) RSS

  • 抗HIV/エイズ薬の考え方、使い方、そして飲み方 ver. 3
    • 岩田健太郎
    • 中外医学社
    • ¥2860
    • 2023年10月13日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 「元気なHIV患者」「高齢者のHIV」が普通になり、新規感染ゼロを目指す未来も見えてきた、そんな新時代に贈る一冊!HIV患者に接する機会があるかもしれないプライマリ・ケア医、ナース、薬剤師…そして当事者である患者さんへ。
  • 薬害エイズで逝った兄弟
    • 坂上 博/鈴木 英二
    • ミネルヴァ書房
    • ¥2200
    • 2017年05月20日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.0(1)
  • 一九八〇年代、血友病の患者に投与された非加熱血液製剤が、HIVへの感染を招いた「薬害エイズ」問題。この薬害エイズにより、ともに十二歳でなくなった二人の兄弟がいた。当時、二人の遺族に取材したルポルタージュの復刊。
  • 薬害エイズ事件の真相
    • 長山 淳哉
    • 緑風出版
    • ¥2420
    • 2017年09月25日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 血友病は男性に発症し、治療用の血液製剤を通じてエイズウイルスが患者の40%、1500人ほどに感染、約600人がエイズで死亡した。薬害エイズ事件である。2001年、東京地裁は血友病研究の第一人者で薬害エイズを放置した安部英帝京大医学部長に無罪の判決を下し、その後、東京高裁で裁判そのものが打ち切られ無罪が確定した。はたして安部は無罪なのか?当時の厚生省、医療機関は何をしていたのか?患者がエイズウイルスに感染することを知りながら、何の措置も取らずに血液製剤メーカーの利益に奉仕していたのか?医学者の著者が薬害エイズ事件の真相に迫る。
  • テイキング・ターンズ HIV/エイズケア371病棟の物語
    • MK・サーウィック/中垣 恒太郎/濱田 真紀/島田 恵/生島 嗣
    • サウザンブックス社
    • ¥3410
    • 2022年01月14日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • HIV/エイズに特化した緩和ケア病棟として創設された371病棟では、死と隣り合わせの患者と接する日常がくりひろげられ、エイズに対する恐怖がパニックを引き起こしていた。著者自身による1994年から2000年までのHIV/エイズケア病棟での看護師勤務経験に基づく回想録であり、当時の貴重な証言の記録でもある。
  • 撃ち落とされたエイズの巨星
    • シーマ ヤスミン/Seema Yasmin/鴨志田 恵
    • 羊土社
    • ¥2200
    • 2019年11月25日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • 不安を乗り越える10のステップ
    • ベヴ エイズベット/入江 真佐子
    • 大和書房
    • ¥1540
    • 2020年11月21日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • 『パニック障害なんてこわくない!』『パニック障害とうまくつきあうルール』(ともに大和書房)などで好評を博したオーストラリアのマンガ家、ベヴ・エイズベットは、不安やうつで悩む人々のさらなる助けになれば、とワークショップを立ち上げました。1998年以来、そのワークショップで行なっている「WORKING WITH IT」回復プログラムは、大勢の人々が不安でたまらない状態から回復するのを助けてきました。本書はこのワークショップの基本となる10のステップに沿ったもので、不安状態から自分で抜け出すための基本ツールを解説しています。
  • エイズの起源
    • ジャック・ペパン/山本太郎(国際保健学)
    • みすず書房
    • ¥4400
    • 2013年07月06日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.88(9)
  • アフリカの植民地化、未開地医療、貧困、売血と売春。文明の裏面史を追うようにウイルスは誕生し蔓延した。最新の科学的知見と歴史学が解くパンデミックの謎。CHOICE Outstanding Academic Title賞、2011年ラジオカナダ科学賞受賞作。
  • 史上最悪の感染症
    • マイケル・オスターホルム/マーク・オルシェイカー
    • 青土社
    • ¥2200
    • 2020年08月26日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • COVID-19のパンデミックは、現代のグローバル社会がいかに感染症に対して無防備であるかを明らかにした。マラリア、結核など、先進国では終わったと思われている感染症はいまだに発展途上国で猛威をふるい続け、エイズ、エボラはふたたび大流行を起こしつつある。封じ込められたSARS、MERSも、いつパンデミックを起こしてもおかしくない。そして、家畜への抗生物質の大量投与は、我々を脅かす薬剤耐性菌を日々産み出している…。疫学の第一人者が語る、感染症の本当の恐ろしさとその対処法。
  • エイズは終わっていない
    • ピーター・ピオット/宮田 一雄/樽井 正義
    • 慶應義塾大学出版会
    • ¥2970
    • 2019年02月14日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • エイズの終結に向けて、科学には、そして政治には何ができるのか。元UNAIDS(国連合同エイズ計画)事務局長が語る、エイズ運動の軌跡と未来への道筋。
  • HIV/エイズとともに生きる子どもたちケニア
    • 山本敏晴
    • 小学館
    • ¥1650
    • 2009年12月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • …子どもたちのほとんどは、HIVに感染しているお母さんから生まれており、赤ちゃんのころから感染してしまっていた。また、すでにご両親がともにエイズを発症して、死亡してしまっている子どもたちも、たくさんいた…。
  • 安全という幻想
    • 郡司篤晃
    • 聖学院大学出版会
    • ¥2200
    • 2015年07月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.75(4)
  • このままでは、「薬害」がまた起こる。エイズ政策の意思決定にかかわった当事者が綴る医療安全のための政策提言。なぜ日本の血友病患者に感染が広がったのか、その真実と全体像を明らかにし、このような悲劇を繰り返さないための提言をする。
  • 薬害エイズ再考
    • 加沼戒三
    • 花伝社
    • ¥2200
    • 1998年06月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 薬害エイズの医学論。悲劇はなぜ起ったか?真相解明はまだ終わっていない。帝京大症例の「謎」に迫る。
  • むかしガンとエイズがあった
    • 長谷川 伝
    • 中央公論事業出版
    • ¥1320
    • 1987年11月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 世界中の多くの研究者によって、ガンやエイズの解明が急がれ、少しずつそのメカニズムが明らかになりつつあります。しかし現在、いまだ確かな治療法・治療薬は見つかっていません。ここに、その撲滅を願って、ガンとエイズ攻撃作戦を考えてみました。人類を病魔の鎖から解き放つ一つのヒントになればと思います。
  • パラドクスとしての薬害エイズ
    • 種田 博之
    • 新曜社
    • ¥2640
    • 2019年07月19日頃
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 金儲けに走る非常識な医師の振舞いではなく、まっとうな医師としての常識にこそ薬害の原因は潜む!医学の限界にとまどう医師のリアリティに迫り、「医師の常識」を解明する科学社会学による検証。
  • エイズを弄ぶ人々
    • セス・C.カリッチマン/野中香方子
    • 化学同人
    • ¥2420
    • 2011年01月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.33(8)
  • 「HIVはエイズの原因ではない。米国政府と製薬企業が陰謀をはかっている」。HIV/エイズ否認主義者の奇妙な主張が、アフリカ諸国のエイズ禍を引きおこした。疑似科学と陰謀説の実態を明らかにし、否認主義に陥る心理を分析する。
  • ぼくは8歳、エイズで死んでいくぼくの話を聞いて。
    • 青木美由紀
    • 合同出版
    • ¥1430
    • 2010年06月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.5(3)
  • エイズによって親を亡くした子どもの数は、2008年には1400万人に上っています、この数字は、実に日本の小学生、中学生、高校生を合わせた数に匹敵します。サッカーのワールドカップ開催で沸く南アフリカのもうひとつの真実。
  • エイズと文学
    • 大池真知子
    • 世界思想社
    • ¥4180
    • 2013年07月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • アフリカの女たちが書いた新しい文学作品を道案内に、HIV/エイズを生きるアフリカの人々、とりわけ周縁化された女たちの、経験と想い、苦しみと希望をよむ。

案内