カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

エイズ の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1 から 20 件目(100 頁中 1 頁目) RSS

  • パラドクスとしての薬害エイズ
    • 種田 博之
    • 新曜社
    • ¥2640
    • 2019年07月19日
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 金儲けに走る非常識な医師の振舞いではなく、まっとうな医師としての常識にこそ薬害の原因は潜む!医学の限界にとまどう医師のリアリティに迫り、「医師の常識」を解明する科学社会学による検証。
  • エイズは終わっていない
    • ピーター・ピオット/宮田 一雄
    • 慶應義塾大学出版会
    • ¥2970
    • 2019年02月14日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • エイズの終結に向けて、科学には、そして政治には何ができるのか。元UNAIDS(国連合同エイズ計画)事務局長が語る、エイズ運動の軌跡と未来への道筋。
  • 薬害エイズで逝った兄弟
    • 坂上 博/鈴木 英二
    • ミネルヴァ書房
    • ¥2200
    • 2017年05月20日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 一九八〇年代、血友病の患者に投与された非加熱血液製剤が、HIVへの感染を招いた「薬害エイズ」問題。この薬害エイズにより、ともに十二歳でなくなった二人の兄弟がいた。当時、二人の遺族に取材したルポルタージュの復刊。
  • エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明
    • 堀田 佳男
    • 文藝春秋
    • ¥660
    • 2015年09月02日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.5(4)
  • 母と交わした幼い頃の約束ーそれは「長生きの薬」を見つけることだった。「死の病」と恐れられたエイズの治療薬を世界で初めて発見したのが満屋裕明・熊本大学教授だ。満屋は、母との約束を果たすため、医師となり、アメリカでエイズ治療薬の開発に没頭する。死をも恐れぬ壮絶な研究の日々と半生を描いたノンフィクション。
  • 死に方別サバイバルガイド
    • Sarah Brewer/長束 竜二
    • ディスカヴァー・トゥエンティワン
    • ¥1870
    • 2015年01月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 「心不全」「退屈死」「がん」「交通事故」「薬物乱用」「寄生虫」「傘」などなどー。自分がどんな死に方をするのか、予測はなかなかつけられないが、死は必ず訪れるものだ。世界にはどれだけの死に方があるのか?100通りのシナリオを紹介する。
  • 安全という幻想
    • 郡司篤晃
    • 聖学院大学出版会
    • ¥2200
    • 2015年07月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 5.0(2)
  • このままでは、「薬害」がまた起こる。エイズ政策の意思決定にかかわった当事者が綴る医療安全のための政策提言。なぜ日本の血友病患者に感染が広がったのか、その真実と全体像を明らかにし、このような悲劇を繰り返さないための提言をする。
  • パニック障害とうまくつきあうルール
    • ベヴ・エイズベット/入江真佐子
    • 大和書房
    • ¥1650
    • 2013年08月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 3.78(11)
  • 「パニック障害」は治らない病気ではなく、飼いならすべき頭の中のペット。自分が陥りやすい考え方のクセを教えてくれ、もっと豊かな人生をくれるのです。世界中で読まれている処方箋!
  • しあわせのハードル
    • 名取美和
    • 御茶の水書房
    • ¥2420
    • 2013年12月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • HIVに母子感染した孤児たちの生活施設バーンロムサイで子どもたちと分かち合ったこと。
  • がんとエイズの心理臨床
    • 矢永由里子/小池眞規子
    • 創元社
    • ¥3850
    • 2013年05月13日
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 学びと実践の懸け橋。医療にいかすこころのケア。病いを抱えながら人として社会のなかで生きるための援助とは?さまざまな角度から「チーム医療」「地域臨床」の可能性をさぐる。
  • 生と死をめぐる生命倫理(2)
    • 創価学会/東洋哲学研究所
    • 第三文明社
    • ¥1650
    • 1999年10月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 現代文明病とも考えられている「エイズ」をいかにして克服していくのかー本書は、この点を中心に、さまざまな観点、とくに「宗教者のかかわり方」に関する議論を提示したものである。
  • ノー・タイム・トゥ・ルーズ
    • ピーター・ピオット/宮田一雄
    • 慶応義塾大学出版会
    • ¥2970
    • 2015年03月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(2)
  • エボラウイルスの発見者、ピーター・ピオット氏の回顧録。HIV感染症対策の最前線に立ち続け、国際政治に翻弄されながらも、闘い続けた日々。
  • エイズ感染爆発とsafe sexについて話します
    • 本田美和子
    • 朝日出版社
    • ¥1078
    • 2006年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.5(2)
  • エイズ・ウイルスは人を選びません。このままだと、ものすごくたくさんの人が感染してしまう。感染爆発を目前にあなたができることは?特効薬はきちんと知ること。

案内