カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

エイズ の検索結果 標準 順 約 2000 件中 261 から 280 件目(100 頁中 14 頁目) RSS

  • エイズウイルスとの闘い
    • 岡本尚
    • 講談社
    • ¥789
    • 1995年08月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 本書は、ウイルス学、臨床薬理学からの研究をはじめ、注目を集める遺伝子治療、抗ウイルス剤の新開発など、HIVとの格闘の最前線からの現状、および将来の可能性の報告。
  • エイズにたちむかう
    • 石原尚子/こどもくらぶ編集部
    • ほるぷ出版
    • ¥2640
    • 2005年03月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • エイズという病気に苦しみ、貧しさのために困難な生活環境でくらさなくてはならない子どもたち。日本の子どもたちの活動をとおして、こうして子どもたちを支援する方法を考える。
  • エイズと感染症の教育
    • TOSS向山・小森型理科研究会/新牧賢三郎
    • 明治図書出版
    • ¥2156
    • 2004年11月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • エイズ・STDと性の教育
    • 北山翔子/村瀬幸浩
    • 十月舎
    • ¥1430
    • 2002年08月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 知識が必ずしも予防行動につながらない現実の中で若年世代を中心に急増・蔓延するSTD。性感染症は防げる?防げない!?これからの性教育への問題提起。
  • 薬害エイズ「無罪判決」、どうしてですか?
    • 櫻井よしこ
    • 中央公論新社
    • ¥770
    • 2001年12月20日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 血友病患者にエイズ禍を招いた未曾有の薬害事件。その責任を問う裁判の判決が言い渡され、安部英医師に無罪が宣告された。この「無罪」判決を受け、本書は専門家の責任を徹底考察する。
  • エイズ・デイズ
    • 宮田一雄
    • 平凡社
    • ¥748
    • 2000年05月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(2)
  • これまで千数百万人が命を落としたとされる新病エイズ。緩やかに進行する地球規模の「危機」としてエイズをとらえ、感染者たちと支援者たちを取材してきたジャーナリストがHIV感染の現場で起きていることをリポートする。危機と闘う人びとの姿を伝えながら訴える支援と予防への取り組み、そして希望とは。
  • すてっぷあっぷエイズの本
    • 構造社出版
    • ¥605
    • 2000年01月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • エイズという病気を知っていますか?もしあなたが感染してしまったら…愛する人や身近な人が感染してしまったら…それでも関係ない事なのでしょうか?身近な病気になりつつあるエイズどんな病気か知っていれば…むやみに恐れず、感染予防もできるのでは?エイズという病気を知る事であなたも「すてっぷあっぷ」しませんか。
  • 経済開発とエイズ
    • 国際復興開発銀行/喜多悦子
    • 東洋経済新報社
    • ¥4180
    • 1999年12月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 発展途上国はHIV/エイズの問題を簡単に無視することができない。1996年には約150万人がエイズで亡くなった。1日に、約8500人が新たにHIVに感染し、このうち1000人は子供である。これらの感染の約90%が発展途上国で起きており、エイズが発展途上国の貧困と不平等の問題を悪化させる可能性がある。本書は、政策担当者、開発や公衆衛生の専門家など、HIV/エイズについて公的政策の立案にかかわる人々が、この感染症に取り組むうえで効果的な戦略をたてるために必要な情報と分析を提示している。このレポートは3つの知識体系に依拠している。3つの知識体系とは、HIVを疫病として考える疫学、疾病予防に注目する公衆衛生学、そして特に、限られた公共資源を配分するうえでトレードオフの判断に焦点を当てた公共経済学である。
  • 酒・ドラッグそしてエイズ
    • 福岡大学
    • 三共出版
    • ¥1430
    • 1998年11月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 福岡大学では総合大学としての機能を活用して、お酒・薬物・エイズのそれぞれの問題を専門とする医学部・病院、薬学部の教員と学生部が協力し、イッキ飲みやエイズに関する独自のパンフレットを配布したり、薬物乱用に関する講演などの機会を通して、学生やその保護者の理解を深めるよう努めてきました。本書は、今般、これらの蓄積された知的資産を学内だけにとどめず、広く社会に還元し、「正しい知識を身に付けることが自身を救う事につながる」との学生部の基本的な考え方を多くの方々にも共有していただきたいとの願いでそれらをまとめたものです。

案内