カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

コーヒー の検索結果 新刊 順 約 2000 件中 1 から 20 件目(100 頁中 1 頁目) RSS

  • エンパイア・オブ・ザ・ブラインド
    • ヒーゼン
    • (株)ワードレコーズ
    • ¥2750
    • 2020年09月18日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 炸裂するツインリード、パワフルに歌い上げるヴォーカル!
    エクソダスのギタリストでもあるリー・アルタス率いるヒーゼンによる 10 年ぶり 4 枚目のアルバムは、ヒーゼン節がますます冴え渡る会心作。
    ゲイリー・ホルト、リック・ヒューノルトがゲスト参加。
    【日本語解説書封入】

    ベイエリア・スラッシュ・シーンを代表するバンドの 1 つ、ヒーゼン。
    その歩みは決して順調なものではなかった。

    結成は 84 年。
    エクソダスやメタリカといったベイエリア第1世代に数年遅れて登場し、87 年には『Break the Silence』
    でアルバム・デビュー。
    『Master of Puppets』リリースの翌年である 87 年は、テスタメントやデス・エンジェルもア
    ルバム・デビューを果たした、まさにベイエリア・スラッシュ開花の年。
    あのロニー・モントローズがプロデュース、
    スイートのカバー「Set Me Free」をフィーチャしたヒーゼンのデビュー作も、大きな話題となった。
    だが、その後テ
    スタメントやデス・エンジェルが立て続けにアルバムをリリースしていく中、ヴォーカル、ベース、ドラムが抜けてし
    まうというトラブルに見舞われたヒーゼンは、足踏み状態に陥ってしまう。
    結局ヴォーカリスト、デイヴィッド・ホワ
    イトが出戻りとなり、セカンド・アルバム『Victims of Deception』を発表した時には、アルバム・デビューから 4
    年が経過。
    その頃にはすでにスラッシュ・メタルは斜陽を迎えていた。
    さらにセカンド・アルバム・リリース後に加入
    したベーシスト、ランディ・レアードが交通事故で急死という不運に襲われたバンドは、失意のうちに解散してしまう。

    10 年近い沈黙を経た 01 年、チャック・ビリーとチャック・シュルディナーのチャリティ・コンサートをきっかけ
    に、ヒーゼンは再結成。
    以降、時々ライヴを行うようになる。
    そして 09 年、18 年ぶりとなるサード・アルバム、『The
    Evolution of Chaos』をリリースし、往年のファンを喜ばせた。

    12 年にはニュークリア・ブラスト・レコードとサイン。
    それ以降、ファンは新作はまだかと首を長くしていたが、
    何しろリーダーのリー・アルタスはリック・ヒューノルトの後任としてエクソダスにも参加している多忙な身。
    気づけ
    ば時間だけが過ぎていった。
    だが、この度ついに、そんな彼らによる 4 枚目となるアルバム、『エンパイア・オブ・ザ・
    ブラインド』がリリースとなる。
    「良いワインを作るには時間がかかるだろ。
    それと同じさ」とリーが言うように、10
    年という熟成期間を経たこの作品の仕上がりは、実に素晴らしい。
    デビュー作ではスイート、セカンド・アルバムでは
    レインボーのカバーを披露していたことからもわかる通り、スラッシーな面を持ちながらも、メロディを重視するのが
    彼らのスタイル。
    もちろん、それは本作でも変わらない。
    アルバムの随所に散らばるヒーゼンらしいツインリード、そ
    してきちんとメロディを歌い上げるデイヴィッド・ホワイトのヴォーカル。
    ヒーゼン・ファン、ベイエリア・スラッシ
    ュ・ファンならば、狂喜乱舞間違いなしだ。
    オーヴァーキルやクロウバーらの作品を手がけたことで知られるゼウスこ
    とクリストファー・ハリスの手にミックス、マスタリングもヒーゼンのサウンドにピッタリ。

    エクソダスのゲイリー・ホルト、元エクソダスのリック・ヒューノルト、そして元ヒーゼンのダグ・ピアシーがゲス
    ト参加。

    【メンバー】
    デヴィッド・ホワイト(ヴォーカル)
    リー・アルタス(ギター)
    クラーゲン・ラム(ギター)
    ジェイソン・ムラーズ(ベース)
    ジム・デマリア(ドラムス)


    【ゲスト・ミュージシャン】
    ゲイリー・ホルト(ギター) [エクソダス]
    リック・ヒューノルト(ギター) [元エクソダス]
    ダグ・ピアシー(ギター) [元ヒーゼン]
  • 満月珈琲店
    • 桜田 千尋/望月 麻衣
    • KADOKAWA
    • ¥1540
    • 2020年08月19日頃
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ストリート・オブ・ヒーロー
    • マイケル・パレ/マリナ・オルシーニ/バーニー・コールソン/ジャン=クロード・ロード
    • キングレコード(株)
    • ¥2145
    • 2020年08月05日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • うなるリズム、騒ぐハート、“ストリート・オブ・ファイヤー”から6年、帰って来たスーパー・ヒーロー。驚異的邦題を冠した、マイケル・パレ主演『エディ&ザ・クルーザーズ』の続編。
  • ハイヒール
    • ビクトリア・アブリル/マリサ・パレデス/ミゲル・ボゼ/ペドロ・アルモドバル
    • キングレコード(株)
    • ¥1881
    • 2020年08月05日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • あなたがつらい時は私を想って 泣きたい時は私を想って。音楽・坂本龍一、『オール・アバウト・マイ・マザー』の鬼才ペドロ・アルモドバル監督が描く母と娘の物語。
  • ストリート・オブ・ヒーロー
    • マイケル・パレ/マリナ・オルシーニ/バーニー・コールソン/ジャン=クロード・ロード
    • キングレコード(株)
    • ¥1881
    • 2020年08月05日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • うなるリズム、騒ぐハート、“ストリート・オブ・ファイヤー”から6年、帰って来たスーパー・ヒーロー。驚異的邦題を冠した、マイケル・パレ主演『エディ&ザ・クルーザーズ』の続編。
  • 旅する民族音楽
    • (ワールド・ミュージック)
    • キングレコード(株)
    • ¥2200
    • 2020年08月05日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ハイヒール
    • ビクトリア・アブリル/マリサ・パレデス/ミゲル・ボゼ/ペドロ・アルモドバル
    • キングレコード(株)
    • ¥2145
    • 2020年08月05日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • あなたがつらい時は私を想って 泣きたい時は私を想って。音楽・坂本龍一、『オール・アバウト・マイ・マザー』の鬼才ペドロ・アルモドバル監督が描く母と娘の物語。
  • ディス・ヒート
    • ディス・ヒート
    • BELLE ANTIQUE
    • ¥3457
    • 2020年07月25日
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 偽り
    • ディス・ヒート
    • BELLE ANTIQUE
    • ¥3457
    • 2020年07月25日
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ノット・アワー・ファースト・ゴート・ロデオ
    • ヨーヨー・マ
    • (株)ソニー・ミュージックレーベルズ
    • ¥2640
    • 2020年07月22日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 現代最高のチェリストとして活躍するヨーヨー・マが、アメリカを代表する最高のストリング・プレイヤーたちとアメリカン・ミュージックを奏でたプロジェクト”ゴート・ロデオ“、9年ぶりの新作。
    2011年発売の『ゴート・ロデオ・セッションズ』は名手たちの奏でる心温まるハーモニーが評判となり、世界各国のチャートを賑わせるヒットを記録。
    第55回グラミー賞で最優秀フォーク・アルバムを受賞した。
    パンチブラザーズのクリス・シーリーがマンドリン、フィドル&バンジョーにステュアート・ダンカン、エドガー・メイヤー:ベースという今望みうる理想のドリーム・チームに<アイムウィズハー>の来日でもおなじみ 人気のイーファ・オドノヴァンがゲスト参加している。
    8月からは全米でツアーも予定されている。
    日本盤のみボーナス・トラック1曲収録。
    2019年8月録音。

案内