カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

コーヒー の検索結果 標準 順 約 2000 件中 281 から 300 件目(100 頁中 15 頁目) RSS

  • 1日3杯のコーヒーが人を健康にする!
    • 安中千絵
    • PHP研究所
    • ¥1018
    • 2014年05月19日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ダイエットとからだに良い飲みものだった!脂肪を燃やす。血糖値を抑える。善玉ホルモンを増やす。代謝率アップから糖尿病・認知症・痛風・うつ・前立腺がん・子宮体がんなどの予防など、最新のコーヒーの健康効果を紹介します。
  • 白衣とコーヒーの甘い関係
    • 里崎雅
    • オークラ出版
    • ¥1222
    • 2014年05月
    • 要確認
    • 送料別
    • 5.0(2)
  • 「お試しでもいいから付き合ってみない?」-婚約破棄されて間もない傷心の未央にそう提案してきたのは、旅先で世話になったイケメン研修医だった。名前も聞けなかった彼のことは確かに気になっていたけど、それは単にお礼をしたかったからだ。再会した後、押し切られるように付き合い始めたものの、多忙な研修医には休日どころか休憩時間すら自由にならないらしく、未央と彼はすれ違ってばかりでー?
  • 彼方の声
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 2011年12月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.78(36)
  • 突然、勝利の前に現れた金髪の美少女。秀人の同僚ダイアンの妹で人気歌手でもあるアレックスは、初対面から勝利に突っかかる。うっかり、勝利がオーストラリアへ「逃げて」きたことまで知られてしまった。出会いは最悪だったが、やがて彼女の歌声の素晴らしさに感動する勝利。徐々にうちとけていくふたり…。村山由佳のハートフル・ラブストーリー、気になるSecond Season、第6巻。
  • 消せない告白
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥550
    • 2011年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.04(75)
  • 楽しい焼肉パーティー…のはずだった。オーストラリアから一時帰国した秀人さんを囲んだにぎやかな会が、一転、激しい兄弟ゲンカに。さらに運の悪いことに、仲裁に入った勝利の頬に強烈なパンチがはいった。顔面が腫れ、歯を失い、部活を休んだ勝利のもとを星野りつ子が見舞いに訪れ、これまでとは違う一面を見せる。一方、かれんはひとり悩みを抱えているが…。セカンドシーズン第3弾。
  • コーヒーのグローバル・ヒストリー
    • 小澤卓也
    • ミネルヴァ書房
    • ¥3300
    • 2010年02月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.25(4)
  • コーヒーは石油につぐ巨大市場を形成する一次産品であると同時に、グローバル化時代の南北問題を鮮やかに象徴する農業生産品でもある。多様な意味を内包するコーヒーの歴史を文脈化して整理し、「コーヒーで結ばれた世界」を見渡すための歴史的視座を明示する、刺激にみちたグローバル・ヒストリーの試み。
  • すべては一杯のコーヒーから
    • 松田公太
    • 新潮社
    • ¥649
    • 2005年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.23(239)
  • 27歳で起業を志し大手銀行を退職した青年は、体当たりの交渉でスペシャルティコーヒーの日本での販売権を得た。銀座に待望の1号店を開業した後は、店内に寝袋を持ち込み泊まり込みで大奮闘。ビジネスにかける夢と情熱は、コーヒーチェーンを全国規模にまで大成長させた。金なし、コネなし、普通のサラリーマンだった男になぜできたのか?感動のタリーズコーヒージャパン起業物語。
  • コーヒーハンター
    • 川島良彰
    • 平凡社
    • ¥1870
    • 2008年02月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.29(8)
  • インド洋に浮かぶレユニオン島で、ルイ15世が愛した幻のコーヒー「ブルボン・ポワントゥ」の香りが、21世紀によみがえる。世界中をめぐってコーヒーづくりに携わった日本人の矜持と情熱により、絶滅の淵から救われたコーヒーの再生と復活の物語。それは、「サステイナブル・コーヒー」のあり方を考えさせるコーヒー環境論でもある。
  • ブラック・コーヒー
    • アガサ・クリスティ/麻田実
    • 早川書房
    • ¥924
    • 2004年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.43(9)
  • 高名な科学者エイモリー卿の邸宅の金庫から極秘書類が盗まれた。卿は名探偵エルキュール・ポアロを呼び寄せる一方で、邸内にいた容疑者全員を集め、書類の返却を迫る。だが…劇作家としても高い評価を得ているクリスティーが、初めて手掛けたオリジナル戯曲「ブラック・コーヒー」と、幻の傑作「評決」を収録。
  • コーヒーとパン好きのための北欧ガイド改訂版
    • 森百合子
    • スペースシャワーブックス
    • ¥1760
    • 2016年04月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 3.0(1)
  • 北欧のコーヒー&ベーカリー50軒。2人のバリスタ世界チャンピオンへのインタビュー収録。日本で味わえる北欧コーヒーも紹介。
  • 凍える月
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥550
    • 2011年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.95(79)
  • 僕はいったい、どんなことでなら頑張れるんだろう…。勝利は本格的な就職活動の時期を迎えるが、自分が何をやりたいのかがわからず、漠然とした将来への不安を覚える。そして、いま、大きな困難に直面しているかれん。仕事のこと、おばあちゃんのこと、悩みながらも精一杯お年寄りの世話をする日々。責任とは、社会的立場とは…、大人への転換期に戸惑う勝利。セカンドシーズン第4弾。
  • OH!米家族
    • コーヒーカラー
    • 日本クラウン(株)
    • ¥1068
    • 2007年03月28日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • お米の大切さを通して「家族愛」を歌った真のジャパニーズ・ソウルミュージック。コーヒーカラーは2004年にメジャー・デビューした男女二人組のユニットで、この曲はバリバリにファンク・テイストな作りだが、総体的な音楽世界観はなかなか捩れていそう。
  • tokomo & coffee Rakugaking Book
    • 新谷友子
    • グラフィック社
    • ¥1430
    • 2015年11月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 大好きなコーヒーの香り、一緒にいると楽しくなる仲間たち。ページをめくる度に、笑顔が溢れるイラスト集。
  • 記憶の海
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 2012年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.09(38)
  • 勝利がオーストラリアへと旅立ち、残されたかれん。愛しい人の不在に、募る思いと不安…。鴨川での仕事を離れる日が近づいたある日、「風見鶏」を訪れたかれんは、ひさしぶりに由里子と顔をあわせる。そして、由里子からの思いがけない申し出。かれんの前にも、「新しい道」が開ける予感…。村山由佳の大人気ハートフル・ラブストーリー、待望の最新刊。
  • ひととき 2020年 01月号 [雑誌]
    • ウェッジ
    • ¥550
    • 2019年12月20日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ■【特集】海の町の猫と坂の町の猫
    根田拓也=写真
    おかげさまで「ひととき」は本号で通巻222号を迎えました。そのうえ2020年の干支が〝子(ねずみ)〟とくれば、新年号の特集を飾るのは、約1万年前にネズミ退治の任務を負ってひとと暮らし始めた猫をおいてありません。
    まずは、愛猫家として知られる美術家 横尾忠則さんに猫の魅力を語ってもらい、横尾さんの美術館がある瀬戸内の豊島(てしま)へ─。さらに“ねこ博士”山根明弘さんとともに「尾曲がり猫」が多い長崎を散歩しました。
    海の町と坂の町の猫たちとの出会いの旅です。

    ●横尾忠則さんインタビュー
    「猫は生活必需品」 宮本和英=文
    ●「海の町の猫」アルバム
    ●長崎猫さんぽ
    山根明弘=旅人 
    瀬戸内みなみ=文
    ●「坂の町の猫」アルバム
    ●坂の町の猫〔案内図〕

    ■この熱き人々 吉永みち子=文
    神田松之丞 講談師

    ■ちょいとお江戸の読み解き散歩 牧野健太郎=読み解き 近藤俊子=構成・文 
    歌川広重「東海道五拾三次之内 日本橋 朝之景」

    ■連載
    ・京都の路地 まわり道: 素人顔見世(千 宗室)
    ・奈良その奥から: 目分量(岡本彰夫=文)
    ・ひとときエッセイ「そして旅へ」: コーヒーをめぐる旅(相原民人=文)
    ・小説紀行ミズノオト: 0年後の贈り物[静岡県清水町](北阪昌人=文・絵)
    ・地元にエール これ、いいね!: 江戸小紋[東京都新宿区](片柳草生=文)
    ・名勝アルバム:海地獄[大分県別府市]
    ・おいしいもんには理由がある: 冬の贅沢、間人蟹ー和久傳のおもてなし[京都府京都市・京丹後市](土井善晴=文)
    ・ホリホリの旅の絵日記: 出雲大社ほか[島根県出雲市・松江市](堀 道広=文・絵)

    旬 News & Topics
    美 Art & Entertainment
    遊 Event & Festival◆長崎ーー尾曲がり猫さんぽ〜通巻222号記念〜≪特集≫動物学者山根明弘さんと猫さんぽ≪特集インタビュー≫横尾忠則 『猫は生活必需品』通巻222号記念!””猫界の人間””を自称する、猫博士の山根明弘さんとともに、「尾曲がり猫」で有名な長崎へ。彼らの驚くべき能力や、観察の極意をうかがいながら坂の町を歩きます。また、幼いころから猫とともに暮らし、亡き愛猫タマの作品を描き続けている美術家の横尾忠則さんに、その魅力を存分に語ってもらいます。◎インタビュー「この熱き人々」神田松之丞(講談師)◎土井善晴の「おいしいもんには理由がある」冬の贅沢・間人蟹

案内