カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

コーヒー の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1081 から 1100 件目(100 頁中 55 頁目) RSS

  • おうちでカフェ
    • 日本放送出版協会
    • ¥968
    • 2001年03月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.17(6)
  • 緑の午後
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 2000年12月30日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.64(14)
  • 僕の恋人は、5つ年上のいとこ・かれん。星野りつ子に僕らの関係を告げたときから、何かが動きはじめたー。父の帰京と再婚、そして妹の誕生…。僕、かれん、その弟・丈、三人だけの満ち足りた生活に、少しずつ変化が訪れようとしている。その変化が何をもたらすのか、僕はまだ、気づいていなかったー。丈の恋の行方を描いた番外編も同時収録、村山由佳の人気シリーズ第5弾。
  • 珈琲に遊ぶ
    • 川中幸博
    • 未知谷
    • ¥1540
    • 2000年12月08日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 雪の降る音
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 1999年04月07日頃
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.23(13)
  • 「お前に弟か妹ができると言ったらどんなものかなあ」突然の親父の電話に僕はぶっ飛んだ。福岡に単身赴任している親父に、どうやら彼女ができたようだ。それも妊娠3か月!そこで、かれんと二人で福岡まで行くことに…。新幹線の旅は楽しかったけど、むこうで会った親父の彼女というのが…。シリーズ第4弾も、波乱含みー。
  • 図説ロンドン都市物語
    • 小林章夫
    • 河出書房新社
    • ¥1980
    • 1998年08月25日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.33(3)
  • ローマ時代のイン、中世の食卓、シェイクスピア時代の劇場、ペストとロンドン大火、18世紀のコヴェント・ガーデン、ヴィクトリア朝と水晶宮、世紀末のミュージック・ホール…鮮やかによみがえる都市の記憶。目で見るロンドン都市物語。
  • 彼女の朝
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 1997年10月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.57(14)
  • 「…今日は、鴨川にいない?」蚊の鳴くような声で、かれんが言った…この夏、ほとんど二人きりになれなかった僕らは、互いの心が見えないことで悩みもした。そして、久しぶりに来たここ鴨川。これまでの嫌な雰囲気を洗い流したくて、二人して、思いきり海ではしゃいだ、その帰り。外房線の不通というアクシデントが、彼女にこの一言を口にさせたのだー。
  • 僕らの夏
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 1996年07月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.88(17)
  • 大学生がこんなに迷い多きものだとは、自分がそうなるまで、思いもよらなかった。恋人かれんとの初めてのキスから、ひと月…悩みごとは何ひとつ解決していないのだ。かれんは、五つ年下の僕を男として見てくれているのだろうか?本当に僕のことを好きなんだろうか?二人の距離が縮まったり広がったりしながら、僕らの夏が始まろうとしているー。村上由佳、大好評のシリーズ第2弾。
  • 近世日本の医薬文化
    • 山脇悌二郎
    • 平凡社
    • ¥2750
    • 1995年05月17日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • ミイラ-中国では儒教が拒否し、日本では薬効を受け入れる。それは女性のための血の道薬だった。江戸時代の医薬をストーリーでなく、ヒストリーで読むおもしろ文化史。
  • キスまでの距離
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 1994年09月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.8(25)
  • 気鋭・村山由佳、正統派恋愛小説、第2弾。高三になる春、僕といとこのかれん、その弟である丈の同居生活が始まった。やがて僕は、かれんの秘密と、それにまつわる哀しい彼女の想いに気づいてしまう。“かれんを僕のこの手で守ってあげたい…。”僕の心は激しく打ち震えた。でも、どうしたら二人の距離は縮まる…。どうしたら、彼女はその寂しげな瞳の中に僕の姿を映し出してくれる…。純粋で傷つきやすい二人の恋の行方は…。
  • 珈琲大百科
    • 諸岡博熊
    • いなほ書房
    • ¥1388
    • 1993年05月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • コーヒー・コミュニケーションに役立つ話題を提供し、あわせて、コーヒー飲み始めの人々が親しみを持てるよう耳よりな楽しい話題をあれこれとまとめた。
  • 住んでみた「日の当たる島」
    • 伊藤絢子
    • 文芸社
    • ¥1320
    • 2004年09月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • カリブ海の楽園・ジャマイカ。陽光溢れるその島で、外交官として暮らした5年間誰もが想像する陽気な雰囲気だけではない、本当のジャマイカがここにある。
  • 優しい秘密
    • 村山由佳
    • 集英社
    • ¥817
    • 2004年05月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.79(19)
  • 引っ越ししたことを星野りつ子に知られてしまった!誰も傷つけたくなくて、二人の関係を守りたくて、いろんなことを秘密にしてきた。そんなやり方が、破綻してきてるんじゃないか?落ち込む僕に、叔母が追い討ちをかけた。「かれんと付き合ってるって本当?」僕の頭は白っ白になり…。村山由佳の人気シリーズ、第8弾。
  • Coffee shop
    • 長塚圭史
    • キネマ旬報社
    • ¥1760
    • 2004年04月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 演劇ユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を主宰する長塚圭史が、自ら綴り、好評を博すキネマ旬ムック「男優倶楽部」の対談連載が、待望の単行本化。連載時には収まらなかった話、撮り下ろし写真も盛りだくさん。

案内