カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

トランスジェンダー の検索結果 標準 順 約 60 件中 1 から 20 件目(3 頁中 1 頁目) RSS

  • 身体を引き受ける
    • ゲイル・サラモン/藤高和輝
    • 以文社
    • ¥3888
    • 2019年09月13日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • トランスジェンダーの私がボクサーになるまで
    • トーマス・ページ・マクビー
    • 毎日新聞出版
    • ¥2160
    • 2019年08月31日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 男は、なぜ闘うのか?私は、何と闘うのか?ひとりのジャーナリストが身をもって経験した「男らしさ」の意味。
  • 「Xジェンダーという生き方」男でも女でもない人の恋愛事情
    • 石崎沙織/清水展人
    • 総合教育出版
    • ¥1620
    • 2019年05月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 完全な男性でもなく女性でもない?男性でもあり女性でもある?そんなわたしも恋はします。愛したいし、愛されたい。変なことでもなんでもない。性別にとらわれない本当の恋愛がここにあります。
  • 総務部長はトランスジェンダー 父として、女として
    • 岡部 鈴
    • 文藝春秋
    • ¥1728
    • 2018年06月22日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.73(15)
  • その日、アラフィフ・妻子ありの総務部長は、社内一斉メールでカミングアウトした。「これからは女として生きていきます」家庭は?会社は?友人は?そのとき彼女が選んだ究極の二重生活とは?自分らしく生きたい人に勇気を与える告白的ノンフィクション!
  • そして〈彼〉は〈彼女〉になった 安冨教授と困った仲間たち
    • 細川 貂々
    • 集英社インターナショナル
    • ¥1296
    • 2016年10月26日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(2)
  • ウワサの“女性装”安冨歩・東大教授をその姿たらしめた実在の人物(ふうちゃん/女性)と教授の知られざる共闘の日々。“毒母”のキッツイ呪いを乗り越え、窮屈なジェンダーや閉ざされた家族観など、さまざまな息苦しさをも片っ端から脱ぎ捨てて、自由に生きたい!ともがく二人+αの真摯な珍道中のすべて。
  • トランスジェンダーの心理学
    • 佐々木掌子
    • 晃洋書房
    • ¥2700
    • 2017年04月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 性同一性障害傾向をもつことに、遺伝と環境はどのような影響をおよぼすのか。ホルモン療法、性別適合手術、性役割、性的指向、他者からの受容、パッシング…これらは、トランスジェンダーの性同一性にどのような影響をあたえるのであろうか。3300組以上の双生児と、545名のトランスジェンダー当事者への調査を通じて、多様で流動的な性別のあり方がどのような発達メカニズムで起こり、どのように形成されていくのかを解明する。また男性にも女性にも規定されない性別(Xジェンダー)にも注目する。
  • カミングアウト
    • 松本美子
    • 幻冬舎メディアコンサルティング
    • ¥1188
    • 2015年03月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 「じつは、僕は女性だ」。ドイツ人の夫と、それなりに幸せな生活を送っていた。偶然の出会いから20年以上の時が経ち、平穏な日々は突然のカミングアウトで崩壊していく。
  • CR FASHION BOOK 2019年 05月号 [雑誌]
    • 講談社
    • ¥2500
    • 2019年03月22日
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 「CR FASHION BOOK」の日本版。

    ●DIAMOND DOLLS
    バービーの60回目の誕生日のために、カリーヌ・ロワトフェルドがトップモデルを美しく、
    パワフルなフィギュアへと変身させた。


    ●CYNTHIA ERIVO
    昨年、エミー賞、グラミー賞、トニー賞を受賞した女優&シンガーである
    シンシア・エリヴォは、「妻たちの落とし前」と「Bad Times at the El Royale」で、
    ステージからスクリーンへ、エフォートレスに飛び込んだ。
    でも、それは単にウォーミングアップだったようだ。
    2019年、次にハリエット・タブマンの伝記映画で主演を務める彼女は、
    独特のスターパワーの持ち主。アカデミー賞も射程圏内だ。


    ●ALL HER CHILDREN
    昼のドラマ、オール・マイ・チルドレンの主役スーザン・ルッチ。
    彼女の殺しのドレスはバレンシアガの19年サマーコレクションの数々。
    本当に殺されるかも。


    ●SONOYA MIZUNO
    ダンスを生かして映画『エクス・マキナ』の役を獲得し、
    『クレイジー・リッチ!』に出演して人気をさらった。
    今年アレックス・ガーランド監督によるアメリカのテレビ局FXの新作ドラマ、
    『Devs』の主役に選ばれた女優、ソノヤ・ミズノ。


    ●MAKING FACES
    複雑な役もやっかいなアクセントにも女優ダニエル・マクドナルドは動じない。
    『パティ・ケイク$』から『Dumplin'』や『バード・ボックス』まで、
    チャレンジするのは彼女。でもプレッシャーを感じるのは私たちのほうだ。


    ●THE KNEE OF IRON FLOWERS
    トランスジェンダーであり、ムエタイ選手のローズ・バーン・ジャロンスック。
    リングで敵を肘で飛ばし、叩き落とし、因習を破壊する。


    ●THE SHAPE OF THINGS
    すべてをそぎ落とし、シルエットだけで表現するモード。


    ●APPARITION
    レディスを着た男性、メンズをまとった女性たち。


    ●NEO CLASSICS
    クラシックアイテムをもっと自由に着る!
  • トランスジェンダ-・フェミニズム
    • 田中玲
    • インパクト出版会
    • ¥1728
    • 2006年03月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.67(4)
  • 私は「男になりたかった」のではない。「女ではない」身体が欲しかっただけだ。フェミニズムとの共闘へ、クィアコミュニティの深部から放つ爽快なジェンダー論。
  • 精神科治療学 2016年 08月号 <特集>LGBT を正しく理解し,適切に対応するために
    • 星和書店
    • ¥3110
    • 2016年08月23日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • LGBTは、精神障害なのか?LGBTは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を集めた略語である。かつて精神医学で病理と捉えられていた同性愛を含む多様な性のあり方は、現在では精神障害とはみなされていない。本特集では、一般精神科にLGBT当事者が、生きづらさや特有のメンタルヘルス問題を抱え、訪れた際に適切に対応するために、その概念や歴史的経緯を基礎から紹介し、さらに彼らのニーズに沿った医療を提供するための具体的対応方法を取り上げた。これからの精神科医が求められるLGBTの正しい理解と適切な対応のために必読の特集。
  • セクシュアル・マイノリティへの心理的支援
    • 針間克己/平田俊明
    • 岩崎学術出版社
    • ¥2916
    • 2014年08月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.5(3)
  • セクシュアル・マイノリティとは、同性愛、両性愛、性同一性障害など、典型的なセクシュアリティとは異なるセクシュアリティのあり方を示す人々のことをいう。セクシュアリティのありようが少数派であるがゆえに、偏見にさらされ、生きづらさを抱えることも多いため、セクシュアル・マイノリティの人たちの心理的支援へのニーズは、顕在化しにくいが多大にある。人口の数%程度を占めるといわれる彼・彼女らに、臨床の場においてもそうとは知らずに出会う可能性、もしくは出会っている可能性は大きい。多様なセクシュアリティを示す人々を理解し、受け止め、支えるための1冊。
  • 明るいトランスジェンダー生活
    • 佐倉智美
    • トランスビュー
    • ¥1944
    • 2004年12月10日
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 5.0(2)
  • 私はなりたいと思う自分になるのだ!体は男、心は女ー性同一性障害者の私の居場所は、はたしてこの社会にあるのか。生きづらさを抱えるすべての人を元気づけ、ときに爆笑させる、知恵と勇気と溢れるユーモアの自伝的物語。
  • madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2017年 06月号 [雑誌]
    • CCCメディアハウス
    • ¥699
    • 2017年04月20日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 快適なハイライフを演出する高感度マガジン【特集】homme et femme 男と女。

    ジェンダーレス、トランスジェンダーと、性が多様化しているいま。
    ファッションだけでなく、恋愛、仕事など、性別の垣根を越えて、男女それぞれのよさを共有することで生まれるおもしろさもあれば、性の違いを意識することで際立つ、それぞれの個性もある。
    そしてひとりの人間の中にも存在する、男の要素と女の要素。
    男と女って何だろう?
    永遠の議題でもあるこの関係性について、一緒に考えてみませんか?


    その他、連載など。
  • トランスジェンダーの時代
    • 虎井まさ衛
    • 十月舎
    • ¥1404
    • 2000年11月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • リアルな「わたしの性」を晴ればれと生きていきたい!-TS(性転換)当事者が語るこころ・からだ・性の軌跡。
  • トランスジェンダーの仲間たち
    • 虎井まさ衛
    • 青弓社
    • ¥1728
    • 2000年01月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 「生まれもった自分の身体は間違っている」という苦悩や、社会のなかで他人の好奇の目と闘わざるをえない状況-。それを救うために性同一性障害が医療の対象として認められたのは、日本ではつい最近のことだ。著者が女体から男体への性別再指定手術を受けて以来、第二の故郷となったサンフランシスコ。そこではトランスジェンダーたちが、自分のあるべき性で生きる喜びをかみしめつつ、支えあい、ヘイト・クライム(差別犯罪)と闘っている。本書は、同人誌「FTM日本」をはじめとする多くの文筆活動や講演活動が認められ、FTM(FEMALE TO MALE)全米会議で功労賞を受賞した著者のサンフランシスコ交友録である。性的少数派のプライドを示すシンボル、虹色の旗がはためく街が生き生きと描かれる。
  • 私はトランスジェンダ-
    • 宮崎留美子
    • 星雲社
    • ¥1620
    • 2000年11月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 3.0(1)
  • 二つの性の狭間で苦しんだ著者だからこそ見えてくる!愛、家族、仕事、教育、社会とは…etc.男性、女性二つのモードで暮らすトランスジェンダーの現役高校教師。

案内