カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

フェミニズム の検索結果 新刊 順 約 540 件中 281 から 300 件目(27 頁中 15 頁目) RSS

  • 奏でることの力
    • 若尾裕
    • 春秋社
    • ¥2090
    • 2000年12月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 音楽療法からフリー・ミュージックまで最先端の音楽シーンに立ち会って考えたこと。
  • 娘の誘惑
    • ジェーン・ギャロップ/渡部桃子
    • 勁草書房
    • ¥4400
    • 2000年12月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 「父」を楽しませてやりなさいな。でも、彼の法に服従してはだめ。フェミニズム=「娘のテクスト」は「精神分析の聖典/正典/性典」=「父のテクスト」の内部に入り込み、解体し、未知なる生命を得る。交錯するテクスト間に渦まく欲望を味わい尽くし、精神分析とフェミニズム双方に新たな視座を拓くフェミニズム批評の到達点。
  • 現代人口学
    • 阿藤誠
    • 日本評論社
    • ¥2970
    • 2000年11月15日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • 本書の主題は、人口転換と少子高齢化である。人口学の基礎的な概念をわかりやすく解説し、各種の指標ならびにデータの正確な読み方に留意した。人口問題の概論として、人口研究のメインストリームを論じている。最終章では、少子化に対する各国の政策対応の現状分析を超えて、政策提言に踏みこんだ。
  • フェミニズム
    • 竹村和子(英米文学)
    • 岩波書店
    • ¥1540
    • 2000年10月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.86(10)
  • 性による不平等の是正は、フェミニズムにとっての喫緊の要件である。だが、性差のカテゴリーを前提とした議論は、逆に男女の非対称性を強化し、様々な反動を生み出している。性差のカテゴリー自体の虚構性と、その二項を自明として稼動する現代社会にひそむイデオロギーを暴露することから、フェミニズムの新たな可能性を考える。
  • フェミニズムと権力作用新装版
    • 江原由美子
    • 勁草書房
    • ¥3520
    • 2000年09月25日頃
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 女性たちの間には「フェミニズム」への「あき」ともいえる感覚が広まっている。どんなことでもそれが繰り返されると「あきてしまう」。たとえ「問題」が何も解決していなくとも、「問題」の出し方に対して「あき」てしまうのである。本書はこんな感覚を前提として書かれた。自分の中にもあるそんな感覚に付合いながらも「何か変だ。そんなに簡単に結論を出してしまってよいのか」という自問を繰り返すことで書かれた。
  • フェミニズムのパラドックス
    • 江原由美子
    • 勁草書房
    • ¥3300
    • 2000年09月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 正当な地位を獲得すればするほど進む若い世代のフェミニズム離れ。それはなぜか。近代主義的な言説の孕む幾重もの屈折を解きほぐす。
  • D.H.ロレンスのフェミニズムを読む
    • 朝日千尺
    • 英宝社
    • ¥3520
    • 2000年09月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ロレンスが明かす女性の自立の根幹とは?「D.H.ロレンスと自然」という、一貫したロレンス文学研究のテーマの一環に、「女であること」を据えて、ロレンス小説における女性の自立を説き明かした力作、ここに登場。
  • 彼女の「正しい」名前とは何か
    • 岡真理
    • 青土社
    • ¥2640
    • 2000年09月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 西洋フェミニズムの「普遍的正義」の裏に、異なる文化への差別意識がひそんではいないかー。女性であり、かつ植民地主義の加害者の側に位置することを引き受け、「他者」を一方的に語ることの暴力性を凝視しながら、ことばと名前を奪われた人びとに応答する道をさぐる、大胆にして繊細な文化の政治学。
  • フェミニズム歴史事典
    • ジャネット・K.ボールズ/ダイアン・ロング・ホ-ヴェラー
    • 明石書店
    • ¥7150
    • 2000年08月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 多くの要素を簡潔な形にまとめた参考図書。人物、組織、キャンペーンの背景と、裁判事例、目標、達成されたことが含まれている。多くの行動が集中しているアメリカ合衆国とヨーロッパに重点が置かれているが、世界の他の地域に関する項目も多く掲載されている。フェミニズム運動については、序論で要約され、年表で時代があとづけられている。さらに詳しい情報資料を、大量の文献目録の形で提供した。
  • グローバル/ジェンダー・ポリティクス
    • 土佐弘之
    • 世界思想社
    • ¥2420
    • 2000年07月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 批判的社会構築主義の射程。グローバル化過程におけるジェンダー・ポリティクスについて、ウェストファリア・システムという制度とその揺らぎとの関連で考察する。
  • 猿と女とサイボーグ
    • ダナ・ハラウェイ/高橋さきの
    • 青土社
    • ¥3960
    • 2000年07月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.0(1)
  • 霊長類学、免疫学、生態学など、生物科学が情報科学と接合されるー。高度資本主義と先端的科学知が構築しつづける“無垢なる自然”を解読=解体し、フェミニズムの囲い込みを突破する闘争マニフェスト。
  • 日本の社会政策とジェンダ-
    • 塩田咲子
    • 日本評論社
    • ¥4180
    • 2000年05月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 社会政策という政策領域を雇用と社会保障分野の両方におき、それぞれの領域での男女の関係、とりわけ女性がどのように位置付けられてきたかを歴史的に検討してゆく。
  • 税理士が見たジェンダ-
    • 山崎久民
    • 批評社
    • ¥1760
    • 2000年04月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 「自立」して生きるために、苦学で手にした税理士資格。税理士業務の中で、子育ての中で、市民活動の中で、芽生えた一つ一つの疑問が、ジェンダーの問題という大きな渦になった。
  • 現代フェミニズム思想辞典
    • ソニア・アンダマール/テリ-・ロヴェル
    • 明石書店
    • ¥6600
    • 2000年03月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • フェミニズム理論の辞典。1968年以降の第二波の時期にフェミニスト理論を構築した諸概念を明らかにし、旅する理論の起源と流用を示すことを目的としている。見だし語は英語でアルファベット順に配列。巻頭に見出し語和英索引を掲げている。見出し語は約300件を収録。各項目の記述が長い。巻末に重要語項目別索引と人名索引を付す。
  • フェミニズムの最前線
    • 上野 千鶴子/ウイメンズブックストア
    • 松香堂書店
    • ¥660
    • 2000年
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)

案内