カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

フェミニズム の検索結果 新刊 順 約 160 件中 61 から 80 件目(8 頁中 4 頁目) RSS

  • 経済学と知
    • スティ-ブン・カレンバ-グ/ジャック・アマリ-リォ
    • 御茶の水書房
    • ¥8640
    • 2007年12月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 「ポストモダン派」マルクス経済学者たちの知の越境と経済学の新地平。
  • フェミニズム・天皇制・歴史認識
    • 鈴木裕子
    • インパクト出版会
    • ¥1944
    • 2006年12月25日
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 「美しい国」づくりの号令の下、天皇家の「お世継ぎ」妊娠・出産に狂喜する一方で、日本軍「慰安婦」にされたアジア女性たちの声は徹底的に消し去られていくージェンダーの観点から、日本の自国・自民族中心主義を問う。
  • フェミニズムのための哲学
    • ヘルタ・ナ-グル・ドツェカル/平野英一
    • 青木書店
    • ¥5076
    • 2006年08月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 性的な不平等の克服のために哲学は何ができるのか。ウィーンの哲学的蓄積から、英米のジェンダー論、フレンチ・フェミニズム等を読み直す。“差異化”をキー概念に、人間学、美学、科学論と理性批判、政治論と法哲学における代表的議論を整理・検証。「フェミニズム哲学」の展望を示す。
  • 棗椰子の木陰で
    • 岡真理
    • 青土社
    • ¥2376
    • 2006年07月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 4.5(2)
  • 爆撃されるイラクの街に生き茂った棗椰子が、世界を変える夢の力を呼びさますー第三世界の女性たちの声に耳を澄ましフェミニズムを大きく動かした著者が、文学や映画をはじめとして、出来事の深みに降りゆく想像力をもつさまざまな試みのなかに、新たな世界への扉をさぐりあてる。
  • 迷走フェミニズム
    • エリザベト・バダンテール/夏目幸子
    • 新曜社
    • ¥2052
    • 2006年06月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(3)
  • 男はいつでも抑圧者で女はいつでも犠牲者?母性は女の本能でポルノは男だけのもの?男性虐待/少女の蛮行/男性の美容整形/女性用ポルノ…多様化する男女関係やセクシュアリティの現実を見ようとしないフェミニズムに明日はあるか。真の男女共生・男女平等への道は何か。
  • 近代アジアのフェミニズムとナショナリズム
    • クマ-リ・ジャヤワルダネ/中村平治
    • 新水社
    • ¥3024
    • 2006年05月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 近代アジアで「歴史から隠されて」きた女性解放運動に光をあてる待望の書。スリランカ人女性歴史家の手になる渾身の一作。
  • ジェンダー家族を超えて
    • 牟田和恵
    • 新曜社
    • ¥2592
    • 2006年04月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 女性の生と性への縛りに抗し、果敢にたたかってきた近代のフェミニストたち。明治・大正から戦後までのジェンダーと家族・国家の歴史に分け入り、異性愛や血縁に拠らない新たな家族のつながり、社会との関係性を探る。女性天皇・男女共同参画をめぐるジェンダーバッシングにも正面からこたえる。
  • トランスジェンダ-・フェミニズム
    • 田中玲
    • インパクト出版会
    • ¥1728
    • 2006年03月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.67(4)
  • 私は「男になりたかった」のではない。「女ではない」身体が欲しかっただけだ。フェミニズムとの共闘へ、クィアコミュニティの深部から放つ爽快なジェンダー論。
  • ラカンとポストフェミニズム
    • エリザベス・ライト/椎名美智
    • 岩波書店
    • ¥1620
    • 2005年09月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • ポスト構造主義による安定的な主体の概念の解体は、フェミニズムに何をもたらすのか。われわれが自らの性的位置づけを選びとるに至る無意識の過程をめぐり、ラカンは男女2つの性を対立的なものとして捉えない図式を打ち出した。ファルス中心主義として激しい批判にさらされてきたラカン理論のなかにフェミニズムの進むべき新たな道をさぐる。
  • ア-ト&フェミニズム
    • ヘレナ・レキット/鈴木奈々
    • ファイドン
    • ¥5378
    • 2005年06月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 1960年代後半以降、現代アートにおける革新の多くは、理論上でも実践上でも、フェミニズムからの恩恵を受けている。また、フェミニズムが成し遂げた最も重要な政治上の成果は、アーティストたちに負うところが大きい。彼女たちは公的なことと私的なこと、アートの客体と主体について新たな考え方を生み出した。ジェンダーにおける固定観念を暴くことで、フェミニズムは美術作品を制作することとその受容には人種、年代、階級やセクシュアリティが関わっていることを強調した。美術界に批判的でありながらもその中核を担ったフェミニスト・アーティストたちは、アートを政治的・美的な実践とみなし、アートの可能性を押し広げた。ヘレナ・レキットが編集し監修した本書は、時代の枠組みにおける主要な実践者たちの経験や着想、声を伝える一方で、それぞれの世代の女性アーティストたちの関係性を明らかにした。アートとパフォーマンスに関する研究で最も評価の高いフェミニストの理論家の一人であるペギー・フェランは、本書の「概説」で、すでに確立された女性のアートの歴史について再検討し、フェミニズムとアートの実践において着想と理想の間で変化する関係を、新たな視点で分析する。
  • 第3の年齢を生きる
    • パトリシア・チュ-ダ-・サンダ-ル/訓覇法子
    • 海鳴社
    • ¥1944
    • 2004年12月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 第3の年齢、サードエイジと呼ばれる50歳からの季節は、すべてのしがらみから解放され、ありのままの自分としてもっとも輝くすばらしい時だ、と著者パトリシアは語る。ところが現実は、思春期の悩みにも似て、迫り来る夕闇に慄きつつ、揺れ動く心。巷に溢れるアンチエイジングの情報を追いかけても、置き去りにされた心はどこか空虚だ。ワインのように、年を重ねるなかで熟成され、芳醇な味のある人生への糸口は、裸の自分自身と向き合うことであると著者は諭す。心理学者である彼女の視点は、あなたの奥深くに眠る人生のもうひとつの扉を開けるヒントを与えてくれるに違いない。高齢化社会・フェミニズムの先進国スウェーデンで評判の書である。
  • 私と中国とフェミニズム
    • 秋山洋子
    • インパクト出版会
    • ¥2592
    • 2004年11月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 映画・文学・女性学等身大の女性たち。社会主義は女たちに何をもたらし、何をうばったか。丁玲、蕭紅ほか革命の時代を生きた作家たちや新世代による文学、映画などにみる女性の表象を通じて、中国女性の自由と解放への模索を、筆致豊かに描きだす。
  • 産む産まないは女の権利か
    • 山根純佳
    • 勁草書房
    • ¥2592
    • 2004年08月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 中絶の権利の承認と胎児の生命に対する配慮は両立できるのか。フェミニズム思想の深化をめざして、リベラリズムとの差違を明らかにする。
  • フェミニズム国際法学の構築
    • 山下泰子/植野妙実子
    • 中央大学出版部
    • ¥5940
    • 2004年06月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 20世紀最後の四半世紀に、われわれは、国連の主催する一連の国際会議を通じて、国際法秩序のあり方が、ジェンダーを機軸に大きく転換しつつあることを経験した。女性差別撤廃条約と選択議定書は、そうしたなかで、ジェンダー視点から国際法学を再構築するための重要なトゥールと位置づけることができる。本書は、このような認識の下に、ジェンダー視点を縦軸に、女性差別撤廃条約選択議定書を横軸にして、フェミニズム国際法学の構築を試みるものである。
  • 混在するめぐみ
    • 川橋範子/黒木雅子
    • 人文書院
    • ¥2484
    • 2004年05月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 5.0(1)
  • 現在、宗教とフェミニズムが交錯する場は複雑に入り組んでいる。この複雑な語りの交差するところにこそ、現代女性の自己再生への可能性がある。宗教は「家父長制の道具」なのか。抑圧された女性を救う力となるのか。

案内