カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

女性学 の検索結果 標準 順 約 960 件中 1 から 20 件目(48 頁中 1 頁目) RSS

  • 小説現代 2020年 10月号 [雑誌]
    • 講談社
    • ¥999
    • 2020年09月23日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 「毎号、勝負作! 全ページ、面白い。」
    川瀬七緒 「仕立屋探偵 桐ヶ谷京介」長編一挙掲載。


    [グラビア]
    吉川英梨『海蝶』刊行記念
    霞が関・海上保安庁長官表敬訪問
           &
    篠田麻里子&女性海保隊員とのガールズトーク炸裂!


    [長編一挙掲載]
    川瀬七緒 「仕立屋探偵 桐ヶ谷京介」長編一挙掲載

    美術解剖学に精通する服飾ブローカー、桐ケ谷京介は未解決事件を見逃せない。
    服を見ればその人のすべてがわかる。それは遺留品の断片からでも。
    乱歩賞作家が挑む、クライム・ミステリーの新たな地平!


    [特集]
    スペシャル鼎談 吉川英梨×篠田麻里子×川原山由香(現役保安官)
    海蝶&海保コンフィデンシャルトーク!

    『晴れ、時々くらげを呼ぶ』コラボ企画 特集! くらげ推し水族館

    [読み切りミステリー特集]
    ・横関 大   「人を見た目で判断してはいけない」
    ・神護かずみ 「白雪姫と毒りんご」
    ・佐野広実  「春の旅」
    ・染井為人  「多少の犠牲」 
    ・倉井眉介  「犯人は言った。」

    第67回江戸川乱歩賞募集
    予選委員・編集部員が語る「こんな作品を待っています!」
     

    [対談]
    『ぴりりと可楽!』刊行記念
    三宅裕司×吉森大祐 東京下町の笑い、エンタメの力 


    [読み切り]
    ・吉森大祐 「桔梗屋の女房」
    ・一穂ミチ 「魔王の帰還」 


    [シリーズ]
    ・赤神諒  「梟の眼」
    ・長浦 京 「NOC 緋色の追憶」 


    [エッセイ]
    ・岸田奈美       「飽きっぽいから、愛っぽい」
    ・酒井順子       「人はなぜエッセイを書くのか〜日本エッセイ小史〜」    
    ・後藤拓実(四千頭身) 「これこそが後藤」
    ・新井見枝香      「きれいな言葉より素直な叫び」
    ・藤谷 治        「小説から聴こえる音楽」


    [コラム]
    ・〆切めし  夏樹玲奈    
    ・武田砂鉄 「もう忘れてませんか?」


    [漫画]
    ・益田ミリ 「ランチの時間」     
    ・ジェントルメン中村 「ようこそ! アマゾネス☆ポケット編集部へ -NOW-」


    [書評]
    ・書評現代 若林 踏・吉田大助・柳亭小痴楽・内藤麻里子
    ・読書中毒日記 こだま
    ・今月の平台 


    ・第15回小説現代長編新人賞 1次選考経過作品発表「毎号、勝負作! 全ページ、面白い。」
    川瀬七緒 「仕立屋探偵 桐ヶ谷京介」長編一挙掲載。


    [グラビア]
    吉川英梨『海蝶』刊行記念
    霞が関・海上保安庁長官表敬訪問
    &
    篠田麻里子&女性海保隊員とのガールズトーク炸裂!


    [長編一挙掲載]
    川瀬七緒 「仕立屋探偵 桐ヶ谷京介」長編一挙掲載

    美術解剖学に精通する服飾ブローカー、桐ケ谷京介は未解決事件を見逃せない。
    服を見ればその人のすべてがわかる。それは遺留品の断片からでも。
    乱歩賞作家が挑む、クライム・ミステリーの新たな地平!


    [特集]
    スペシャル鼎談 吉川英梨×篠田麻里子×川原山由香(現役保安官)
    海蝶&海保コンフィデンシャルトーク!

    『晴れ、時々くらげを呼ぶ』コラボ企画 特集! くらげ推し水族館

    [読み切りミステリー特集]
    ・横関 大 「人を見た目で判断してはいけない」
    ・神護かずみ 「白雪姫と毒りんご」
    ・佐野広実 「春の旅」
    ・染井為人 「多少の犠牲」
    ・倉井眉介 「犯人は言った。」

    第67回江戸川乱歩賞募集
    予選委員・編集部員が語る「こんな作品を待っています!」


    [対談]
    『ぴりりと可楽!』刊行記念
    三宅裕司×吉森大祐 東京下町の笑い、エンタメの力


    [読み切り]
    ・吉森大祐 「桔梗屋の女房」
    ・一穂ミチ 「魔王の帰還」


    [シリーズ]
    ・赤□諒 「梟の眼」
    ・長浦 京 「NOC 緋色の追憶」


    [エッセイ]
    ・岸田奈美 「飽きっぽいから、愛っぽい」
    ・酒井順子 「人はなぜエッセイを書くのか〜日本エッセイ小史〜」
    ・後藤拓実(四千頭身) 「これこそが後藤」
    ・新井見枝香 「きれいな言葉より素直な叫び」
    ・藤谷 治 「小説から聴こえる音楽」


    [コラム]
    ・〆切めし 夏樹玲奈
    ・武田砂鉄 「もう忘れてませんか?」


    [漫画]
    ・益田ミリ 「ランチの時間」
    ・ジェントルメン中村 「ようこそ! アマゾネス☆ポケット編集部へ -NOW-」


    [書評]
    ・書評現代 若林 踏・吉田大助・柳亭小痴楽・内藤麻里子
    ・読書中毒日記 こだま
    ・今月の平台


    ・第15回小説現代長編新人賞 1次選考経過作品発表
  • インドの女性と障害
    • アーシャ・ハンズ/古田 弘子
    • 明石書店
    • ¥4950
    • 2020年01月31日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 週刊 東洋経済 2020年 9/19号 [雑誌]
    • 東洋経済新報社
    • ¥730
    • 2020年09月14日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • ビジネスリーダー必読の本格派総合経済誌コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。アメリカ社会の人種間の分断が深刻になっており、各種世論調査を見ても再選は危うい状況です。選挙分析のプロで過去の選挙の勝者をことごとく言い当ててきたアメリカン大学のアラン・リットマン教授は「バイデンが必ず勝つ」と断言。全米で話題になっています。
    「バイデン勝利」となれば、またもや米国は大きく変わります。本特集では、政権交代によって起こる政治・外交・経済・産業の激変を深掘り。日本への影響、新たに誕生する菅政権が直面するであろう課題についても先読みします。


    【特集】アメリカの新常識 新常態のアメリカを知る4つのテーマ

    PART1 異例ずくめの大統領選挙
    負けて居座る大混乱も 怪物トランプの瀬戸際
    女性初の副大統領誕生か 新星ハリス候補の強みと弱み
    「日米同盟のあり方を 見直す重要な機会に」 ●日本総合研究所会長 寺島実郎
    アメリカ国民は何を思う? コロナで変わった政治観
    「13指標で分析すると バイデンが必ず勝つ」 ●米アメリカン大学教授 アラン・リットマン
    今さら聞けない大統領選Q&A

    PART2 混迷する外交
    米国が仕掛ける「新冷戦」の落とし穴 「意図せぬ熱戦」のリスク
    極端な対中強硬路線は続かない ●米ジョンズ・ホプキンス大学教授 ケント・カルダー
    [佐藤 優が解説] 中東、中国...変わる外交のリアリズム 米国外交と地政学
    北朝鮮、中国との関係に縛られる韓国 長びく米韓のすれ違い
    米中どちらと共に歩む? 日本は「踏み絵」を迫られる

    PART3 米国経済のニューノーマル
    低成長、低インフレ、低金利 「日本化」進む米国経済
    まだ譲らないが長期低落傾向 基軸通貨ドルの地位は安泰か
    民主党政権なら規制強化も GAFA「解体論」の行方
    IT、自動車、食糧... アメリカ 産業競争力診断
    リスクマネー供給力も競争力の源泉 市場はワクチン開発企業に大きな期待

    PART4 分断社会の行方
    トランプ政治は「最後のあがき」か 「左」へ旋回する米国社会
    「ここから出て行け、国に帰れ」 吹き荒れるアジア人差別
    「白人男性中心の社会を 変えていく必要がある」 ●バックステージ・キャピタル創業者 アーラン・ハミルトン
    なぜ「国民皆保険」は難しい? 米国の医療格差の真実
    映画・ドキュメンタリーで学
  • 女性学・男性学(第3版)
    • 伊藤 公雄/樹村 みのり
    • 有斐閣
    • ¥2200
    • 2019年04月15日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(2)
  • ジェンダー論の決定版テキスト最新版!女と男をトータルに論じた好評の入門書。恋愛、労働、育児など生活のいろいろな場面に焦点をあてた本文、女と男をめぐる名言・迷言集、マンガ、学問の営みを解説した特別講義、コラム、参加・発見型学習のためのエクササイズなど、工夫された構成で迫ります。最新データを盛り込みますますパワーアップ。
  • NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2020年 09月号 [雑誌]
    • 日経BPマーケティング
    • ¥1210
    • 2020年08月28日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 【特集】
    ●ロボットがいる日常
    これまで人間が果たしてきた役割を、ロボットが担うようになってきた。今やロボットは工場で人間とチームを組んで製品を組み立て、大型店舗で在庫の管理や清掃作業に活躍し、農場で作物を収穫し、介護やリハビリを助けている。人間とロボットが共生する時代は、すでに始まっている。
    ●五大湖 凍らない冬
    米国の五大湖地域の文化と経済は、湖が凍る冬が基本だ。だが、地球温暖化でその伝統が崩れつつある。
    ●ダチョウの素顔
    世界最大の鳥、ダチョウ。捕食者だらけの世界で、したたかに生き抜き、子育てする姿を追った。
    ●原始の海を守る先に
    海を守る目的は何か?生物多様性を保つだけではなく、漁業資源を増やし、気候変動を食い止めることだ。
    ●ポーランド 反骨の港町
    40年前に民主化運動を率いた労働組合が誕生した港町は、今も国家の未来を写す鏡となっている。

    【コラム】
    ●PROOF 世界を見る「空っぽのニューヨーク」
    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、ニューヨーカーたちは外出を控え、街は空っぽになった。ニューヨークで生まれ育った写真家が、静まり返った大都会を上空から記録した。
    ●EXPLORE 探求するココロ
    「ハエの脳に見る未来」「電気ウナギの秘密」「目で見る衝撃波」「お尻で呼吸するカメ」「ウイルスを調べる道具」
    ●THROUGH THE LENS レンズの先に「パンダの成長を密着取材」
    動物園の人気者、パンダの赤ちゃんが1歳になるまでをつぶさに記録した写真家。子どものころに家族旅行をした時の記憶がよみがえってきた。

    ●読者の声
    ●テレビでナショジオ
    ●次号予告
    ●日本の百年「工場で立ちっぱなしの女性たち」
    ●今月の表紙
    柔軟な素材で作られたロボットの手が1輪の花をやさしくつまむ。ドイツにあるベルリン工科大学のロボット工学・生物学研究所が開発した。ロボットがいる日常
  • 女性学入門[改訂版]
    • 杉本 貴代栄
    • ミネルヴァ書房
    • ¥3080
    • 2018年02月25日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 「ジェンダーに関わる多領域をカバーする」「女性の人生の節目を取り上げる」「最新の法律等の情報を盛り込む」ことを基本方針として、女性をめぐる現代社会における問題について、映画やマンガ等を用いながら分かりやすく解説。改訂版では、LGBTや奨学金問題等の近年関心が高まっているテーマに関する解説も新たに掲載。また、2017年施行の改正男女雇用機会均等法、2018年施行の改正介護保険法等の最新の法令改正にも対応。
  • Precious (プレシャス) 2020年 10月号 [雑誌]
    • 小学館
    • ¥1210
    • 2020年09月07日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(1)
  • Precious10月号の特別付録は、
    最強「美人太眉」描き方ドリル&
    オリジナル「眉テンプレート」

    マスクの着用やオンライン会議などが増え、
    顔立ちを美しく見せるポイントが「眉」ということを
    実感している方も多いのではないでしょうか。
    「眉」は目力を左右するとともに、描き方を間違うと、
    老ける、古い顔に見える、さらに加齢による顔の弛みを
    強調してしまうという恐ろしいことに!

    そこでPreciousは、1万人以上の眉メイクを手掛けてきた
    美眉師・尾花ケイコさんと、どんなに眉描きが苦手な人でも
    簡単に「美人太眉」を描くことができる、テンプレートを
    考案しました。

    このテンプレートに沿って描けば、ベストな太さの眉が
    つくれるうえに、顔の弛みによって位置がズレ変形していた
    自眉を正しい位置に矯正することができます。

    柔らかく顔にフィットする素材や、ハンズフリーで描けるよう
    耳に掛けるゴムを付けたりと、使いやすさにもこだわりました。
    使い方を丁寧に説明した「美人太眉」描き方ドリルも付いています
    ので、自宅で簡単に理想の太眉を実現してください。

    さらに、今号の大特集は「どんなときも美しく見せる無敵ワンピース」
    そのほか、
    「大人を熱くする新作バッグ84」
    「美しさと女らしさを牽引する最新グレー」
    など、秋のファッションが盛り沢山。

    Precious10月号を是非、お買い求めください。

    *電子版に付録は同梱されていません。


    ■特別付録
    「美人太眉」描き方ドリル&「眉テンプレート」

    ■別冊付録
    杏さん登場!
    TASAKIジュエリーBOOK

    ■第1特集
    <秋のファッション大特集>
    どんなときも美しく見せる秘訣・・・
    それは「ワンピース」にあり!
    1 「ブラウスワンピース」VS「ソフトコンシャスワンピース」
    2大傾向で厳選する「スタイルアップ・ワンピース」
    2 「ネイビーワンピース」があれば、美しさに自信がもてる
    3 トレンチコート、ジャケット、ブルゾン、カーディガン
    はおるだけで、さらにおしゃれに!
    「ワンピース」のためのアウター学

    ■第2特集
    女優・鈴木保奈美さん主演
    新しい時代の価値観に寄り添う、今すぐ欲しいバッグを網羅
    この秋、大人を熱くする新作「BAG」物語

    ■ブランド研究
    働く女性のためにPreciousがオーダー。
    “アクリス”の極上セットアップ、完成!

    キャリア女性に選ばれ続ける2大人気バッグ
    “フェンディ”の最新『ピーカブー』
    大人を虜にする “ロエベ”の新作バッグ

    ■ビューティ
    肌にいいことをしているつもりが、老化を加速!?
    「スキンケアの落とし穴」から今すぐ救済!


    ■ライフスタイル
    心地よく美しく働く!のヒントがここに
    プレシャスキャリア15人の「ホームワークスペース」探訪

    Precious的SDGs
    私と世界。
    よりよい未来のためにできる、10のアプローチ
  • 〈僧侶らしさ〉と〈女性らしさ〉の宗教社会学
    • 丹羽宣子
    • 晃洋書房
    • ¥4620
    • 2019年02月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 近現代の日本仏教では、男性僧侶は世俗的生活を送っている一方で、伝統的な尼僧たちは出家の姿を忠実に守り続けてきたといわれてきた。しかし今日では、多様な背景をもつ女性の僧侶たちが活躍の場を広めつつある。その発生と展開の現代的意味を探る。
  • 〈あいだ〉に生きる
    • 冨永 悠介
    • 大阪大学出版会
    • ¥6050
    • 2019年03月28日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 人びとの“あいだ”に生きるとは。沖縄から台湾に売られ、朝鮮人男性と出会った宮城菊。出自、国家、性別、言葉ー人びとを分かつ“境界線”を生きた軌跡から紡ぐ、経験の歴史学。
  • 性別役割分業は暴力である
    • 福岡女性学研究会
    • 現代書館
    • ¥2090
    • 2011年11月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 女性も男性も不幸にし、日本を滅ぼす性別役割分業。その弊害の実態を明らかにし、個人として尊重される公正な社会づくりに向けての国内外の取り組みを紹介。
  • マンガでわかる女性とモメない職場の心理学
    • ポーポー・ポロダクション
    • SBクリエイティブ
    • ¥1100
    • 2016年08月18日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 5.0(3)
  • なぜかイライラしている、まわりの言うことを聞き入れない、相談にのったのにどこか不機嫌…。そんな人、職場にいませんか?それには筋の通った理由があり、対処法もあるのです。本書では特に「女性社員にどう接していいかわからない」という悩みにこたえるべく、女性独自の心理をふまえて、会話や仕事をスムーズに進める方法を明らかにしていきます。女性が活躍する職場で人間関係に悩む人、必読!
  • 女性雑誌とファッションの歴史社会学
    • 坂本 佳鶴恵
    • 新曜社
    • ¥4290
    • 2019年03月14日頃
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 転換点としてのan・an non・no、「女の子」文化の展開とジェンダー。実用的な家事・洋裁から、おしゃれな衣服・旅行・インテリアへ。アンアン・ノンノに始まるビジュアルな女性誌は、ファッションやライフスタイルを自己表現とする消費「主体」化を、幅広い読者層に広げていった。女性たちの欲望をかきたて、「女の子」のアイデンティティを喚起してきたビジュアル・ファッション誌の系譜を、明治大正から1990年代までたどる。

案内