カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1981 から 2000 件目(100 頁中 100 頁目) RSS

  • 鉄道政策の改革
    • 斎藤峻彦
    • 成山堂書店
    • ¥3300
    • 2019年08月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 世界に冠たる「鉄道大国」日本に、いま求められる「鉄道政策の改革」とは何か?日本の鉄道事業の現状、そして先進性と後進性をデータに基づいて明らかにし、欧米諸国・諸都市との比較を交えて、日本の鉄道事業・鉄道政策が抱える課題を複合的に捉え分析、その解決と改革に向けて5項目の提言を行う。
  • 聖者の行進
    • 堀田善衛
    • 徳間書店
    • ¥2750
    • 2004年02月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 本書に収録された七篇は、宗教を強い枠組として存在させる、中世を舞台にした作品である。すべての人間達は「宗教の中にいる」と言ってもいいが、この宗教は、内に対して緻密な整合性を持ち、外に対しては無責任極まりない、力を持った宗教である。外に対して無責任極まりないものが、内に凝縮して力を持って進むー願望の成就、あるいは信仰の成就というものだけを目指して、既に確定されてしまった認識の外側の、逸脱して存在する妄想的な時間の中を。それはすなわち、破壊することを自覚せぬままに匍匐前進する、巨大なモスラの幼生と同じものである。本書は、まるでボレロのように、このひたすらなる無知の凄まじい行進を描き出す。
  • 昭和の歌舞伎 名優列伝
    • 石橋健一郎
    • 淡交社
    • ¥1320
    • 2016年09月28日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 脈々と続いている歌舞伎の歴史の中で、昭和の歌舞伎とはどのようなものだったのか。役者たち31名のすがたを通して、昭和の歌舞伎の魅力に迫る。
  • 横濱行進曲
    • ミルキィホームズ
    • (株)ポニーキャニオン
    • ¥3300
    • 2017年04月19日
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 偵都ヨコハマを舞台にミルキィたちが贈るフルアルバム!

    ミルキィ待望のリリースは、プロジェクト「ミルキィホームズ」による、楽曲を詰め込んだフルアルバム!
    表題曲はミルキィ初のマーチソング!また、ファンの皆様の声にお応えし、
    昨年の12月の新曲「ファンファンパーリーナイト♪」やフェザーズ・アルセーヌ・小林オペラの新曲も収録!

    限定盤には表題曲「横濱行進曲」のMusic Clip&メイキング映像を収録。

    <収録内容>
    01 ファンファンパーリーナイト♪/ミルキィホームズ
    02 横濱行進曲/ミルキィホームズ
    03 タイトル未定
    04 タイトル未定
    05 タイトル未定
    06 タイトル未定
    07 タイトル未定
    08 タイトル未定
    09 タイトル未定
    10 タイトル未定
  • 日本人と日本文化
    • 司馬遼太郎/ドナルド・キーン
    • 中央公論新社
    • ¥770
    • 1992年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.89(13)
  • 不敵のジャーナリスト筑紫哲也の流儀と思想
    • 佐高信
    • 集英社
    • ¥792
    • 2014年07月26日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.2(5)
  • 08年に亡くなる直前、筑紫哲也は長い間キャスターを務めたTBS「NEWS23」に出演、自身の病に引き寄せ、「この国のガン」と題して未来にも過去にも投資しない日本の現状を辛辣に、しかしいつも通り穏やかな語り口で批判し、番組出演の幕をひいた。新聞、雑誌、テレビ、それぞれに新境地を拓いた希代のジャーナリスト。ぶれない軸を持って巨大な権力や組織と闘い抜いたその実像を、政治記者の原点を綴った未刊行の自筆メモや知人、家族の証言など多様な角度から描き出す。憲法や安全保障など国家の根幹をめぐる議論が沸騰し、拡大する格差など社会不安を背景に、社会が危険な熱を帯びる時代の、必読の書である。
  • 清沢洌増補版
    • 北岡伸一
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2004年07月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(5)
  • 『暗黒日記』の著者として知られる清沢洌は、戦前期における最も優れた自由主義的言論人であり、その外交評論は今日の国際関係を考える上で、なお価値を失っていない。石橋湛山、馬場恒吾ら同時代人のなかでアメリカに対する認識が例外的に鋭くあり得たのはなぜか。一人のアメリカ移民が邦字新聞記者となり、活躍の舞台を日本に移してから、孤独な言論活動の後に死すまでの軌跡を近代日本の動きと重ねて描く唯一の評伝。
  • 嫉妬と自己愛
    • 佐藤優
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2017年02月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.73(14)
  • 外交官時代に見聞した「男の嫉妬」、作家として付き合う編集者たちに感じる「自己愛の肥大」。自分自身を制御できない人たちは、やがて周囲と大きな軋轢を起こす。彼らにどう対応すべきか。自分がそうならないためには何をすべきか。小説や、専門家との対論などを通じて、嫉妬と自己愛を読み解く。
  • オルニトミムス
    • たかしよいち/中山けーしょー
    • 理論社
    • ¥1650
    • 2017年05月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 学習の生態学
    • 福島真人
    • 東京大学出版会
    • ¥4180
    • 2010年08月23日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.0(3)
  • 学習は、現場実践に潜むリスクを切り分けながら、ある実験として進んでゆく。学習理論の再検討から組織を見直してみるレッスン。人間の思考・学習を社会科学的にとらえ、高信頼性組織の遂行における「日常的実験」という領域の重要性をあきらかにする。
  • 不動の心
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1320
    • 1983年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 過剰診断
    • H.ギルバート・ウェルチ/リサ・M.シュワルツ
    • 筑摩書房
    • ¥1870
    • 2014年12月15日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.67(4)
  • 早期診断・早期発見の危険な罠!その病気、本当に治療の必要がありますか?
  • avex Basic Classics Series5::モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、トルコ行進曲、キラキラ星変奏曲
    • イェネ・ヤンドー/アンドラーシュ・リゲティ/コンツェントゥス・フンガリクス/モーツァルト/アンドラーシュ・リゲティ/イェネ・ヤンドー
    • エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ(株)
    • ¥1100
    • 2003年10月22日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.5(2)
  • 驚異的なレパートリーの広さを誇るヤンドーが演奏したモーツァルトは、モダン楽器の豊かな響きをストレートに活かした佳演だ。ピアノ協奏曲第20番で共演しているリゲティ指揮のオーケストラもごくオーソドックスであり、心地よく聴くことができる。最高の音で楽しむために!
  • 競争と公平感
    • 大竹文雄
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2010年03月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.61(145)
  • 日本は資本主義の国のなかで、なぜか例外的に市場競争に対する拒否反応が強い。私たちは市場競争のメリットをはたして十分に理解しているだろうか。また、競争にはどうしても結果がつきまとうが、そもそも私たちはどういう時に公平だと感じるのだろうか。本書は、男女の格差、不況、貧困、高齢化、派遣社員の待遇など、身近な事例から、市場経済の本質の理解を促し、より豊かで公平な社会をつくるためのヒントをさぐる。

案内