カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 781 から 800 件目(100 頁中 40 頁目) RSS

  • バチカン近現代史
    • 松本佐保
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2013年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.64(14)
  • フランス革命以降、「政教分離」を推進する近代国家の登場で、ローマ教皇は領土や権威を失っていく。20世紀に入り、教皇はイタリア政治に介入し続け、ムッソリーニの思惑もあり、バチカン市国が成立する。その後バチカンは、「反宗教」の共産主義を常に敵視。ナチスに秋波を送り、戦後は米国に接近、「人権外交」を繰り広げ、それは「東欧革命」に繋がった。本書は、カトリック総本山バチカンの生き残りを賭けた200年を描く。
  • 心理療法論考新版
    • 河合隼雄/河合俊雄
    • 創元社
    • ¥3520
    • 2013年04月10日
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 決然とした意志と気概を胸に、わが国に心理臨床を根付かせようとひたむきに努力した著者35歳から57歳までの珠玉の専門論文22篇。
  • 中国の歴史と社会
    • 課程教材研究所/並木頼寿
    • 明石書店
    • ¥5280
    • 2009年09月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 21世紀の初めに、一部の中学校で新しい学科として始まった『歴史と社会』という教科書の歴史の部分をまとめて翻訳し、紹介する。
  • 古田織部
    • 諏訪勝則
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2016年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.5(5)
  • 織田信長に仕えて調略の才を発揮した古田織部は、のち羽柴秀吉に従って天下取りに貢献。他方で茶の湯を千利休に学んで高弟となる。利休死後、特異な芸術センスで桃山文化に多大な影響力を及ぼし、公武にわたる広範な人脈を築いた。だが、大坂夏の陣で豊臣方への内通を疑われ、幕府から切腹を命じられる。その死の背景に、徳川政権の盤石を期す家康の思惑はなかったかー。美の世界に革命をもたらした稀有の茶人の実像に迫る。
  • ヤングケアラーー介護を担う子ども・若者の現実
    • 澁谷 智子
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2018年05月21日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.43(8)
  • ヤングケアラーとは、家族の介護を行う一八歳未満の子どもを指す。超高齢社会を迎え、介護を担う若い層も増えているが、その影響は彼らの学業や日常生活にも及んでいる。本書はヤングケアラーの現状について、調査データ、当事者の声、海外の事例、現在の取り組みを紹介。周囲に相談できず孤立したり、進路の選択を左右されたりする状況といかに向き合うべきかを考える。人口減少時代の家族のあり方とケアの今後を問う一冊。
  • 物語イタリアの歴史(2)
    • 藤沢道郎
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 2004年11月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.83(6)
  • ローマ、テーヴェレ河畔に威容を誇るカステル・サンタンジェロ(聖天使城)は、紀元二世紀に皇帝ハドリアヌス自らの陵墓として築かれて以来、数々の歴史的事件に立ち会ってきた。本書はハドリアヌス帝、大教皇グレゴリウス、ロレンツオ・デ・メディチ、画家カラヴァッジョら八人をとおして、古代ローマ帝国の最盛期からバロック文化が咲き誇った十七世紀までの千五百年を描く、もうひとつの「歴史=物語」である。
  • ホルスト:組曲≪惑星≫ エルガー:行進曲≪威風堂々≫
    • サー・ゲオルグ・ショルティ/ロンドン・フィルハーモニー合唱団(女声合唱)/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団/グスターヴ・ホルスト/サー・ゲオルグ・ショルティ/ロンドン・フィルハーモニー合唱団(女声合唱)/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
    • ユニバーサルミュージック クラシック
    • ¥1430
    • 2019年09月04日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 韓国現代史
    • 木村幹
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2008年08月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.31(19)
  • 一九四八年、日本の植民地から米国の占領を経て、建国した大韓民国。六〇年の間に、独裁国家から民主国家、途上国から先進国へと大きく変貌した。本書は、歴代大統領の「眼」と「体験」を通し、激変した韓国を描くものである。「建国の父」李承晩、軍事クーデタで政権を奪った朴正煕、民主化に大きな役割を果たした金泳三、金大中、そして「ポスト民主化」時代の盧武鉉、李明博。大統領たちの証言で織りなす現代史の意欲作。
  • ホロコースト
    • 芝健介
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2008年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(15)
  • ヒトラー政権下、ナチ・ドイツによって組織的に行われたユダヤ人大量殺戮=ホロコースト。「劣等民族」と規定されたユダヤ人は、第二次世界大戦中に六〇〇万人が虐殺される。だが、ヒトラーもナチ党幹部も、当初から大量殺戮を考えていたわけではなかった。本書は、ナチスのユダヤ人政策が、戦争の進展によって「追放」からアウシュヴィッツ絶滅収容所に代表される巨大な「殺人工場」に行き着く過程と、その惨劇の実態を描く。
  • 矢口新の相場力アップドリル(為替編)
    • 矢口新
    • パンローリング
    • ¥1650
    • 2004年10月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.26(19)
  • 本書では相場を動かす2つの要因、実需と仮需について解説。前半の説明編で価格変動の本質を理解してもらい、後半のドリル編で事例問題集を解くという構成になっている。
  • ゴッホ〈自画像〉紀行
    • 木下長宏
    • 中央公論新社
    • ¥1100
    • 2014年11月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.75(6)
  • 三七歳で自ら命を絶ったヴィンセント・ヴァン・ゴッホ。彼の画家人生は、わずか一〇年あまりにすぎない。その短い歳月に、四〇点を超える自画像を遺した。なぜゴッホはこれほど多くの自画像を描き、そしてそこに何を見いだしたのかー。ゴッホ研究の第一人者が、その求道的な生涯とともに、自画像を一点ずつたどっていく。丹念な作品の読解によって浮かび上がる、新しいゴッホの世界。自画像全点カラー収録。
  • 統計分布を知れば世界が分かる
    • 松下 貢
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2019年10月17日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 1.0(1)
  • 一見バラバラに見えるデータでもグラフにすれば特徴が浮かび上がる。身長やテストの点数は真ん中が一番多い釣鐘型のカーブ(正規分布)に、地震の頻度やウェブの被リンク数は右肩下がりの曲線(べき乗分布)になる。そして体重や町村の人口は、釣鐘型だが左側が縮み右側が伸びたカーブになる(対数正規分布)。なぜ世界のほとんどの物事はこの3種類になるのか。仕組みを説明し、データに潜む真理から何が読み取れるかを明かす。

案内