カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 841 から 860 件目(100 頁中 43 頁目) RSS

  • 法医学事件簿
    • 上野 正彦
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2018年03月08日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(6)
  • 一般の医師は生きている人間を診るのが役割となる。しかし、監察医や法医学者は「死体の専門医」である。“死体の声”を聞き取り、その人がどのようにして命を失ったかを推察していく。病死なのか、事件性はないかー。30年間で2万件以上の検死と解剖を行ってきた天才監察医の著者が、猟奇事件や謎の多い事件の真相を徹底解説。死体に隠されていた本当の真実を炙り出していく。法医学のすべてがわかる一冊。
  • 物語ビルマの歴史
    • 根本敬
    • 中央公論新社
    • ¥1100
    • 2014年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.14(11)
  • 民主化運動の指導者アウンサンスーチー、壮麗なパゴダ、『ビルマの竪琴』などで知られ、潜在力の高い新興市場としても注目されるビルマ(ミャンマー)。王朝時代に始まり、イギリス植民地時代、日本軍による占領期。戦後の独立後は、ビルマ式社会主義、二三年間にわたる軍政期、そして二〇一一年に民政へ移管し、改革の進む現代まで。知られざる多民族・多言語・多宗教国家の歩みをたどり、未来を展望する。
  • 剣と清貧のヨーロッパ
    • 佐藤 彰一
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2017年12月21日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(1)
  • 俗世間を離れ、自らの心の内を見つめる修道院。だが12世紀、突如その伝統から大きく離れた修道会が生まれた。騎士修道会と托鉢修道会である。かたや十字軍となって聖地エルサレムやイベリア半島、北方で異教徒と戦い、かたや聖フランチェスコらが都市のただ中で民衆の信仰のあり方をラディカルに変革した。これら“鬼子”ともいうべき修道会の由来と変遷を、各修道会の戒律や所領経営などにも注目しながら通観する。
  • ゲーム化する世界
    • 日本記号学会
    • 新曜社
    • ¥3080
    • 2013年05月17日
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.0(4)
  • ゲームは私たちをどこへ連れて行くのか?すべてがゲーム化する時代。ゲームを考えることは現実を考えること。ゲームと現実との関係を根底から問い直す。
  • スポーツ国家アメリカ
    • 鈴木 透
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2018年03月22日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.5(6)
  • 野球、アメフト、バスケなどの母国アメリカ。国民が熱狂するこれらの競技は、民主主義とビジネスの両立への挑戦を体現している。人種、性の格差解消を先導する一方で、巨大化したプロスポーツでは、薬物汚染に加え、経営側の倫理が揺らぐ場面もある。大リーグの外国人選手獲得や、トランプ大統領とプロレスの関係は、現代アメリカの何を象徴するのか。スポーツで読む、超大国の成り立ちと現在。
  • 葬送行進曲
    • ウチヤマ ユージ
    • 講談社
    • ¥880
    • 2018年11月14日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 日本型ポピュリズム
    • 大嶽秀夫
    • 中央公論新社
    • ¥1012
    • 2003年08月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.84(14)
  • 日本における政治不信の増大は著しいが、一九九〇年代以降何度か、突発的な人気を得、政治への期待を極度に高めた政治家が現れている。ブームを巻き起こした、細川護煕、菅直人、石原慎太郎、田中康夫、加藤紘一、田中真紀子、小泉純一郎らである。そこには、報道番組やワイドショーなどマスメディアとの相互作用があった。本書は、こうした政治現象をポピュリズム概念を用いて分析し、日本政治の変容を明らかにする。
  • 革新自治体
    • 岡田一郎
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2016年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(4)
  • 一九六〇〜七〇年代に蜷川虎三、美濃部亮吉、黒田了一、飛鳥田一雄など個性的な首長を擁し、脚光を浴びた地方の革新自治体。だが、現在では、「巨額の財政赤字をもたらした」というレッテルのみで語られがちだ。本書は、革新自治体の台頭の背景から政治的取り組みまでを詳述し、その功罪も描く。国政とも深く関係して躍進し、そして消えていった地方の“左翼政権”は何を残したのか。現在の国政や地方自治を再考する試み。
  • パキケファロサウルス
    • たかし よいち/中山 けーしょー
    • 理論社
    • ¥1650
    • 2016年10月20日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 遠いとおい大昔、およそ一億六千万年にもわたってたくさんの恐竜たちが生きていた時代ー。かれらはそのころ、なにを食べ、どんなくらしをし、どのように子を育て、たたかいながら…長い世紀を生きのびたのでしょう。恐竜なんでも博士・たかしよいち先生が、新発見のデータをもとに痛快にえがく「なぞとき恐竜大行進」シリーズが、新版になって、ゾクゾク登場!!
  • 常勝思考新版
    • 大川隆法
    • 幸福の科学出版
    • ¥1601
    • 1995年11月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 5.0(3)
  • 近代絵画史(上)増補版
    • 高階秀爾
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2017年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.67(4)
  • 絵画における近代は、印象派とともに始まる、といわれる。しかし、印象派の「革命」をもたらした要因がロマン主義の運動にあるとすれば、広い意味でのロマン主義に始まる大きな歴史の流れの中で近代絵画は理解される必要がある。十九世紀前半から第二次世界大戦にいたるおよそ一五〇年間の西洋絵画を概観。上巻は近代絵画の先駆者ゴヤから、ボナールに代表されるナビ派までを描く。名著をカラーで刷新。
  • 素直な心
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥880
    • 1980年07月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • シュメル
    • 小林登志子
    • 中央公論新社
    • ¥1034
    • 2005年10月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.77(14)
  • 五千年前のイラクの地で、当時すでに文字やハンコ、学校、法律などを創り出していた民族がいる。それが、今までほとんどその実像が明らかにされてこなかったシュメル民族である。本書は、シュメル文明の遺物を一つ一つ紹介しながら、その歴史や文化を丹念に解説するものである。人類最古の文明にして現代社会の礎を築いた彼らの知られざる素顔とはー。多様かつ膨大な記録から、シュメルの人々の息づかいを今に伝える。
  • 睡眠のはなし
    • 内山真
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2014年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.17(15)
  • なぜ眠くなるのか、どうして夢を見るのか、どのくらい眠れば健康的なのか…睡眠をめぐる疑問はつきない。脳と眠りの関係、体内時計の働き、夢や金縛りなどのトピックから、人間にとっての睡眠の意味を解き明かす。さらに不眠症や過眠症の実像、うつ病と睡眠の関連など、睡眠と健康についてわかりやすく解説。長年臨床の現場に立ってきた第一人者が、最新成果を踏まえて、人間学的にアプローチする睡眠学入門の決定版。
  • 23区格差
    • 池田利道
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2015年11月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.14(42)
  • 一人勝ちとも言われる東京で進む「格差」。ある区で少子化や高齢化が止まった理由とは?子育て支援や医療の手厚い区、学歴・年収・職業が非凡な区とは?その力強さの秘密を東京23区研究所所長がデータで解析。成長のヒントはここにある!23区通信簿付き。

案内