カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 901 から 920 件目(100 頁中 46 頁目) RSS

  • 浄土真宗とは何か
    • 小山聡子(日本史)
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2017年01月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 4.14(8)
  • 日本最大の仏教宗派、浄土真宗。開祖・親鸞は、絶対他力の教え、悪人正機説など、思想の革新性で知られている。本書では、さらに平安時代の浄土信仰や、密教呪術とのつながりにも目を向け、親鸞の教えと、それがどのように広まったのかを、豊富な史料とエピソードに基づき描きだす。師・法然から、親鸞、その子孫、室町時代に教団を確立した蓮如、そして東西分裂後まで、浄土真宗の思想と歴史を一望する。
  • 数学流生き方の再発見
    • 秋山仁
    • 中央公論新社
    • ¥748
    • 1990年09月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.0(2)
  • 大学入試の数学に自信のない受験生やその父母の中には,数学の才能は特別で、これは遺伝によるものと諦めている人が多い。ところが、そうではない、数学的な能力は日常生活をキチンと送れる能力と大差はないのだと著者は力説する。そのため、映画の主人公「寅さん」や一流の数学者に登場願い、その生き方と能力を分析し、また一味違う例題の解法と解説を通して、数学嫌いの読者にやる気と自信を引き出してくれるのが本書である。
  • 中国列女伝
    • 村松暎
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 1984年02月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 2.75(4)
  • ハーバード日本史教室
    • 佐藤 智恵
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2017年10月06日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.68(35)
  • 世界最高の学び舎、ハーバード大学の教員や学生は日本史から何を学んでいるのか。『源氏物語』『忠臣蔵』から、城山三郎まで取り上げる一方、玉音放送を読み上げて日本の天皇制について考えたり、和食の奥深さを噛み締めたり…。授業には日本人も知らない日本の魅力が溢れていた。ハーバード大の教授10人のインタビューを通して、世界から見た日本の価値を再発見する一冊。
  • 中曽根康弘
    • 服部龍二
    • 中央公論新社
    • ¥990
    • 2015年12月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.71(8)
  • 自主憲法制定を訴えるタカ派、主張を変える「風見鶏」、首相就任時も、田中角栄の影響下「田中曽根内閣」と批判された中曽根康弘。だが「戦後政治の総決算」を掲げた中曽根は、「大統領的」手法によって国鉄などの民営化を推進、レーガン米大統領や中韓と蜜月関係を築き、サミットを通じて、日本の国際的地位を大きく上昇させる。本書は中曽根の半生を辿り、日本が敗戦から1980年代、戦後の頂点へと向かう軌跡を追う。
  • 歩こう神秘の森戸隠
    • 中村浩志
    • 信濃毎日新聞社
    • ¥1540
    • 2011年06月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 信州を代表する人気の「パワースポット」そこは豊かな自然が大切に守られてきました。野鳥や植物、動物たちの楽園なのです。歴史も、地史も、信仰も、戸隠のすべてを紹介する1冊。
  • 健康心理アセスメント概論
    • 日本健康心理学会
    • 実務教育出版
    • ¥2530
    • 2002年06月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(1)
  • 本書は健康心理学の研究者や実践家に用いられている方法をさまざまな文献から広く網羅する。アセスメントの基礎理論の解説、健康心理学固有の方法の概観、さらにアセスメント活用にあたっての留意点や倫理的問題の説明という3つの部分からなる。
  • 星条旗よ永遠なれ〜スーザ:行進曲集
    • フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル/エルガー・ハワース/ジョン・フィリップ・スーザ/エルガー・ハワース/フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル
    • ユニバーサルミュージック クラシック
    • ¥1870
    • 2018年09月26日
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 発酵
    • 小泉武夫
    • 中央公論新社
    • ¥726
    • 1989年09月01日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.2(12)
  • 酒、チーズ、納豆等の嗜好食品から医薬品、洗剤の製造、さらには抗生物質、アミノ酸、ビタミン、微生物タンパク質の製造まで、発酵の作用は広く利用されている。自然界における環境浄化もまた微生物の活動に依存する領域で、発酵は地上の動植物の生存に不可欠の作用である。フグの毒抜き、中国の“奇跡の発酵”等、世界各地の発酵文化に今日のバイオテクノロジーの原点を探り、目に見えない微生物の神秘的世界を宇宙的スケールで捉える。
  • 茶の湯の銘 和歌のことば
    • 淡交社編集局
    • 淡交社
    • ¥1100
    • 2013年11月06日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 5.0(2)
  • 本書にとりあげたことばは、万葉集・古今和歌集・新古今和歌集をはじめとする古来の和歌集に詠みこまれ、日本人のこころの琴線にひびきつづけている美しく豊かなことば約680語です。お茶道具の歌銘も、多くはここからうまれています。
  • 入門!進化生物学
    • 小原嘉明
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2016年12月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(3)
  • 生物はなぜこんなに多様なかたちをしているのか?餌の種類に応じてくちばしの形を変えた鳥、雄が交尾後の雌に貞操帯でフタをするトンボなど、多様な姿や驚きの行動が、どのようにして生起したのかを解説。さらに中立進化説、分子遺伝学や行動生物学といった最新の知見を紹介し、「挑戦する雄」が新たな種を生み出すとの新説や、過剰な適応は絶滅への道であることを提唱する。知的興奮に満ちた生き物好き必読の書。
  • シュメル神話の世界
    • 岡田明子/小林登志子
    • 中央公論新社
    • ¥990
    • 2008年12月20日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.13(16)
  • いまから五千年前にティグリス、ユーフラテス河畔に栄えた人類最古の都市文明シュメル。粘土板には多くの神話が残され、ギルガメシュ叙事詩や大洪水伝説など、後世に伝えられたものも多い。これらの神話の世界では、酔っ払う大神、死後の国を覗こうとする女神、蛮族を征服する王、怪獣など、様々なキャラクターがいきいきと活躍している。代表的な神話のストーリーを紹介し、神神の役割や性格、舞台背景などを詳説する。
  • 野球×統計は最強のバッテリーである
    • データスタジアム株式会社
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2015年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.83(9)
  • 打率や防御率だけで選手を評価する時代は終わった。プレーの真の価値をはかるセイバーメトリクスを知らなければ、もはや熱心な野球ファンとは言えない。さらに、グラウンド内で起こるあらゆる出来事を記録するトラッキングシステムを知れば、野球の楽しみ方は無限に広がっていく。
  • シーア派
    • 桜井啓子
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2006年10月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.5(12)
  • イスラーム教の二大宗派の一つだが、信者は全体の一割に過ぎないシーア派。しかし、イラン、イラク、レバノンなどでは多数を占め、挑発的な指導層や武装組織が力を誇示し、テロリズムの温床とさえ見られている。政教一致や民兵勢力といった特異な面が注目されるが、その実態とはいかなるものなのか。彼らの起源から、多数派のスンナ派と異なり、政治志向の強い宗教指導者が君臨するシステムを解明し、その実像を伝える。
  • 知的好奇心
    • 波多野誼余夫/稲垣佳世子
    • 中央公論新社
    • ¥792
    • 1992年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.67(16)
  • 心の脳科学
    • 坂井克之
    • 中央公論新社
    • ¥990
    • 2008年11月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(14)
  • ふと何かを思いつき、考えた末に決断する。結果、喜んだり後悔したり…。これらはすべて、脳の働きのおかげである。そうだとすると、脳活動を読み解くことができれば、その脳の持ち主の思考や感情を読み取れるのでは?そして、思考や感情の主体である「わたし」とは何かについても明らかにできるかもしれない。本書は、脳画像研究の方法から最新の成果までを紹介。脳科学によって、未来はどう変わりうるのだろうか。

案内