カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 921 から 940 件目(100 頁中 47 頁目) RSS

  • 幕末維新と佐賀藩
    • 毛利敏彦
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2008年07月25日
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.43(8)
  • 明治維新の原動力となった「薩長土肥」の雄藩だが、肥前=佐賀藩の影は薄い。しかし西洋の先進技術を最も蓄積した佐賀藩は、英明な藩主・鍋島閑叟のもと鉄製大砲を製造。幕末期、技術力で幕府や他藩を圧倒し、閑叟は新政府のトップに躍り出る。また開明的な藩士が多数輩出し、江藤新平は教育・司法に「西洋丸写し」とまで称される大胆な制度を導入する。佐賀の乱以降、薩長政権下、活躍が軽視された同藩の真の価値を描く。
  • 最強の国家権力・国税庁
    • 大村大次郎
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2016年06月
    • 要確認
    • 送料別
    • 2.5(2)
  • 政治家をも黙らせる最強官庁。天下の財務省のパワーの源泉でもある。映画『マルサ』は有名だが、実際にはどういう組織なのか?現場の税務署員たちはどういう人々か?マイナンバーの狙いとは?タックス・ヘイブン対策は?国税OBの著者が、しがらみにとらわれず表と裏を描く。
  • 心理療法論考新版
    • 河合隼雄/河合俊雄
    • 創元社
    • ¥3520
    • 2013年04月10日
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 決然とした意志と気概を胸に、わが国に心理臨床を根付かせようとひたむきに努力した著者35歳から57歳までの珠玉の専門論文22篇。
  • 事例に学ぶ小水力発電
    • 小林久/金田剛一
    • オーム社
    • ¥2750
    • 2015年02月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(1)
  • 既存の施設やノウハウを活用し、地域の特性に合わせて工夫を凝らした「小規模分散型」の電力システムを実現する。
  • 移民の経済学
    • 友原 章典
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2020年01月20日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(5)
  • すでに250万人の「移民」が暮らす日本。2018年末に入管法を改正し、さらなる外国人労働者の受け入れ拡大に舵を切った。移民が増えると、私たちの生活にどのような影響があるのか。本書は、雇用や賃金、経済成長や物価、貿易、税と社会保障、さらに科学技術、治安・文化に至るまで、主要な論点を網羅。経済学の研究成果をもとに分析することで、感情的な議論を超え、移民がもたらす「損」と「得」を明らかにする。
  • 旧制高校真のエリートのつくり方
    • 喜多由浩
    • 産經新聞出版
    • ¥1540
    • 2013年07月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 4.0(2)
  • 旧制高校に確かな範がある。戦後の学制改革を見直す契機に、中曽根康弘、小柴昌俊、三浦朱門氏ら多くの卒業生が語る。今こそ求められる本当のリーダー。
  • 光明の生活者
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1430
    • 1981年02月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 書き込み式SQLのドリル改訂新版
    • 山田祥寛
    • 日経BP
    • ¥2420
    • 2013年04月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • MySQL、Postgre SQL、SQLite、SQL Server、Oracleに対応しています。解答欄に直接書き込むことで、手を動かしながら覚えられます。サンプルを使って実際に操作しながら学習を進められます。
  • 連合艦隊の栄光新装版
    • 伊藤正徳
    • 潮書房光人新社
    • ¥880
    • 2014年12月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.0(1)
  • 比類なき大海軍記者が綴る感動の太平洋海戦史ー連合艦隊の死をなげきとむらう者がないのを憤り、悲しみつつ、「連合艦隊の最後」を認めた著者が、さらに年をへて、ほとばしる情熱のすべてをかけて綴った“伊藤戦史”の掉尾をかざる不朽の名著。
  • 生命光り輝け
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1430
    • 1980年01月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 通貨の日本史
    • 高木久史
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2016年08月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.21(18)
  • 都の建設のため国産銭が作られた古代、中国からの輸入銭に頼った中世、石見銀山の「シルバーラッシュ」が世界経済をも動かした戦国時代、財政難に苦しめられた江戸の改革者たち、帝国日本の通貨政策…。無文銀銭が登場した7世紀から現在まで、通貨をめぐる歴史はエピソードに事欠かない。通貨政策に大きな影響を与えてきた庶民の事情にも着目しながら、その歩みをたどる。今も昔も私たちを悩ませる、お金をめぐる通史。
  • コーヒーが廻り世界史が廻る
    • 臼井隆一郎
    • 中央公論新社
    • ¥748
    • 1992年10月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.74(41)
  • 東アフリカ原産の豆を原料とし、イスラームの宗教的観念を背景に誕生したコーヒーは、近東にコーヒーの家を作り出す。ロンドンに渡りコーヒー・ハウスとなって近代市民社会の諸制度を準備し、パリではフランス革命に立ち合あい、「自由・平等・博愛」を謳い上げる。その一方、植民地での搾取と人種差別にかかわり、のちにドイツで市民社会の鬼っ子ファシズムを生むに至る。コーヒーという商品の歴史を、現代文明のひとつの寓話として叙述する。
  • 歴史に残る外交三賢人
    • 伊藤 貫
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2020年02月07日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 5.0(5)
  • 冷戦後のアメリカ政府の一極覇権戦略は破綻した。日本周囲の三独裁国(中国・ロシア・北朝鮮)は核ミサイルを増産し、インド、イラン、サウジアラビア、トルコが勢力を拡大している。歴史上、多極構造の世界を安定させるため、諸国はバランス・オブ・パワーの維持に努めてきた。19世紀後半の欧州外交を支配したビスマルク、俊英外相タレーラン、哲人政治家ドゴール。聡明な頭脳とパワーを併せもった三賢人が実践した「リアリズム外交」は、国際政治学で最も賢明な戦略論であり、日本が冷酷な世界を生き抜く鍵となる。
  • 知的文章とプレゼンテーション
    • 黒木登志夫
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2011年04月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.88(21)
  • 40年にわたって論文執筆と審査に携わってきたがん研究者が、卒業論文から学会発表まで、説得力あるドキュメントと惹きつけるプレゼンテーションの極意を指南する。文系、理系を問わず、知的三原則“簡潔・明解・論理的”がその秘訣。三原則にしたがって論文、申請書をどう書くかを具体的に説明する。グローバル化が進む21世紀、英語とのつきあい方、学び方についても実践的に説く。待望の知的表現力講座開講。
  • 物語バルト三国の歴史
    • 志摩園子
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2004年07月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.45(11)
  • 二〇〇四年五月、エストニア、ラトヴィア、リトアニアは念願だったEUへの加盟を果たした。これまで三つ子のように扱われてきた三国は、なぜ「バルト」と一括されるのか。その答えは、中世から東西南北の交易の十字路として注目されたバルト海東南岸地域でくりひろげられた歴史の中にある。周辺大国ドイツ、ロシアの狭間にあって、それぞれの民族のまとまりを失うことなく、二〇世紀にやっと建国した三国の道のりを辿る。
  • スパイスの歴史改装版
    • 山田憲太郎
    • 法政大学出版局
    • ¥3080
    • 2011年07月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 熱帯アジア原産の各種香料薬品が、東西の文化圏へ伝播・浸透し、世界の味覚と嗅覚を制覇するにいたる経緯を、経済・文化・交通の各面から克明に描き、「スパイス・ルート」確立の道筋を解明する。

案内