カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 981 から 1000 件目(100 頁中 50 頁目) RSS

  • 地方消滅
    • 増田寛也
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2014年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.72(161)
  • このままでは896の自治体が消滅しかねないー。減少を続ける若年女性人口の予測から導き出された衝撃のデータである。若者が子育て環境の悪い東京圏へ移動し続けた結果、日本は人口減少社会に突入した。多くの地方では、すでに高齢者すら減り始め、大都市では高齢者が激増してゆく。豊富なデータをもとに日本の未来図を描き出し、地方に人々がとどまり、希望どおりに子どもを持てる社会へ変わるための戦略を考える。藻谷浩介氏、小泉進次郎氏らとの対談を収録。
  • 光明をつかむ
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1430
    • 1972年03月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 西欧世界の勃興新装版
    • ダグラス・C.ノース/ロバート・ポール・トマス
    • ミネルヴァ書房
    • ¥4950
    • 2014年09月25日
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 新古典派と経済史を統合する。西欧中心史観の再検討、比較を通じての世界史の構築、この新しい潮流の中でも、輝きを失わない古典的名著。
  • 欧州複合危機
    • 遠藤乾
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2016年10月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.92(16)
  • EUは崩壊するのか、それとも…?一九九三年に誕生し、単一通貨ユーロの導入などヨーロッパ統合への壮大な試行錯誤を続けてきたEU(欧州連合)。だが、たび重なるユーロ危機、大量の難民流入、続発するテロ事件、イギリスの離脱決定と、厳しい試練が続いている。なぜこのような危機に陥ったのか、EUは本当に崩壊するのか、その引き金は何か、日本や世界への影響は…。欧州が直面する複合的な危機の本質を解き明かし、世界の今後を占う。
  • ヒトラーに抵抗した人々
    • 対馬達雄
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2015年11月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.9(14)
  • 「いつでも人には親切にしなさい。助けたり与えたりする必要のある人たちにそうすることが、人生でいちばん大事なことです。だんだん自分が強くなり、楽しいこともどんどん増えてきて、いっぱい勉強するようになると、それだけ人びとを助けることができるようになるのです。これから頑張ってね、さようなら。お父さんより」(反ナチ市民グループ“クライザウ・サークル”のメンバーが処刑前に十一歳の娘に宛てた手紙)
  • 人はなぜ集団になると怠けるのか
    • 釘原直樹
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2013年10月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.11(21)
  • 人は集団で仕事をする。しかし集団になると人は怠け、単独で作業を行うよりも一人当たりの努力の量が低下する。これを「社会的手抜き」という。例えば非効率な会議や授業中の問題行動、選挙の低投票率、スポーツの八百長などは「社会的手抜き」の典型である。本書では、このような「手抜き」のメカニズムを、多様な心理学的実験の結果から明らかにしていく。その防止策とは、はたまた功罪とは。リーダー・企業人必読書。
  • 戦後和解
    • 小菅信子
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 2005年07月25日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.13(10)
  • 第二次世界大戦が終わり六〇年が過ぎ、戦争を直接記憶している人も少なくなった。だがいまだに戦争についての歴史認識をめぐり、近隣諸国との軋轢は絶えない。日本はいつ「戦争」の呪縛から解き放たれるのかー。一九九〇年代後半まで、日本軍による捕虜処遇問題で悪化していた英国との関係はなぜ好転し、ここにきて中国との関係はなぜ悪化したのか。講和の歴史を辿り、日英・日中の関係を比較し、和解の可能性を探る。
  • 英語の歴史
    • 寺澤盾
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2008年10月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.79(16)
  • 5世紀半ば、ブリテン島の一部でのみ使われていた英語は、現在、15億人が使う国際言語へと成長した。英語は8世紀以降、北欧語、ラテン語、フランス語といった「侵入者」たちから、16世紀以降は英国人の海外進出に伴いアメリカ、アジアの言語から、語彙・綴り・文法など様々な影響を受けて創られてきた。本書は、現代英語を意識しながら1500年の歴史を概観し、近代英米社会で急変する姿とその未来を描くものである。
  • トルコ行進曲
    • ドレミ楽譜出版社
    • ドレミ楽譜出版社
    • ¥880
    • 2012年05月
    • 通常3~9日程度で発送
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 我即神也
    • 西園寺昌美
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1760
    • 1996年11月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • ダ・ヴィンチ絵画の謎
    • 斎藤泰弘
    • 中央公論新社
    • ¥1100
    • 2017年03月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.25(7)
  • 誰もが知っている『モナリザ』。しかし、よくよく見ればさまざまな謎に満ちている。モデルは誰か、なぜ微笑を湛えているのか。なぜ左右の背景はつながっていないのか、そもそもなぜこんなに荒涼とした風景なのか…。鏡文字で書かれたダ・ヴィンチの手稿を研究し、彼の抱く世界観を知悉する著者が、俗説を退けながら、現存する主要な絵画のテーマや来歴について、ダ・ヴィンチ自身のものの見方に立って解読する。
  • 理科系のための英文作法
    • 杉原厚吉
    • 中央公論新社
    • ¥726
    • 1994年11月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.9(24)
  • 文法的に正しい英文でも、つながりが良くないと明快な文章にはならない。本書は、コンピュータで開発された文章解析技術と、言語学の新文野である「談話文法」が明らかにした文と文をつなぐ画期的法則を紹介する。この法則は、自分で書いた英文を客観的に眺め、自然な英文をつないでいくための道標となり、気のきいた言い回しよりもまず英文で主張を明確に表現しなければならない多くの人にとって、すぐに役立つ道具となるだろう。

案内