カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1001 から 1020 件目(100 頁中 51 頁目) RSS

  • 専業主夫けいくんのほったらかし投資で年収1億円
    • 山下勁
    • 宝島社
    • ¥1540
    • 2018年09月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.25(4)
  • 1日でたくさんの売買をするデイトレード、分単位、秒単位で利益確定するスキャルピングーこれらの短期売買で利益を積み重ねて「億り人」になった人は数多く存在します。僕の手法は、もっとのんびり。チャート上の「ある条件」が重なって「チャンス到来!」となったら投資する、それまでは「ほったらかし」です。この手法をマスターしてしまえばあとは何度も「再現」するだけで年収1億円を稼げるようになります!
  • キリスト教と戦争
    • 石川明人
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2016年01月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.67(11)
  • 世界最大の宗教、キリスト教の信者は、なぜ「愛と平和」を祈りつつ「戦争」ができるのか?殺人や暴力は禁止されているのではなかったか?本書では、聖書の記述や、アウグスティヌス、ルターなど著名な神学者たちの言葉を紹介しながら、キリスト教徒がどのように武力行使を正当化するのかについて見ていく。平和を祈る宗教と戦争との奇妙な関係は、人間が普遍的に抱える痛切な矛盾を私たちに突きつけるであろう。
  • 日本の公教育
    • 中澤 渉
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2018年03月22日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.83(8)
  • 教育無償化、学力低下、待機児童など、近年の教育の論点は多岐にわたる。だが、公費で一部もしくは全体が運営される学校教育=公教育とはそもそも何のためにあるのか。実際に先進国の中で公教育費が少ない日本には、多くの課題が山積している。本書は、学校とそれを取り巻く環境を歴史的背景や統計などのエビデンスを通して、論じる。そこからは、公教育の経済的意義や社会的役割が見えてくるだろう。
  • 読売新聞「編集手帳」(第30集)
    • 竹内政明
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 2016年08月
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(1)
  • 年明けから水爆実験、長距離弾道ミサイルの発射と北朝鮮が暴走を続け、三月には三十人以上が死亡したブリュッセルの同時テロが世界中を震撼させた。一方国内では、四月に熊本地震が起き、いまなお多くの被災者が苦しい生活を強いられている。波乱続きの二〇一六年上半期をたどる。
  • フランクフルト学派
    • 細見和之
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2014年10月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.5(8)
  • ホルクハイマー、アドルノ、ベンヤミン、フロム、マルクーゼ…。一九二三年に設立された社会研究所に結集した一群の思想家たちを「フランクフルト学派」とよぶ。彼らは反ユダヤ主義と対決し、マルクスとフロイトの思想を統合して独自の「批判理論」を構築した。その始まりからナチ台頭後のアメリカ亡命期、戦後ドイツにおける活躍を描き、第二世代ハーバーマスによる新たな展開、さらに多様な思想像の未来まで展望する。
  • 中世都市鎌倉を歩く
    • 松尾剛次
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 1997年11月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.67(4)
  • 源頼朝に始まる鎌倉幕府が滅亡すると、鎌倉は急速に衰退しゴーストタウンとなったと考えられがちだが、実態は違っていた。京都室町に幕府が移った後も、鎌倉は東国を管轄する鎌倉府の所在地として十五世紀半ばまで繁栄を続けた。武家の首都として誕生し、幕府滅亡後はほとんど知られることのない都市鎌倉とはいかなるものだったのか。源氏、北条氏、足利氏、上杉氏の足跡を寺社や史跡に尋ねながら、謎に包まれた鎌倉の中世を歩く。
  • 核と日本人
    • 山本昭宏
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2015年01月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.75(4)
  • 唯一の戦争被爆国である日本。戦後、米国の「核の傘」の下にありながら、一貫して「軍事利用」には批判的だ。だが原子力発電を始めとする「平和利用」についてはイデオロギーと関わりなく広範な支持を得てきた。東日本大震災後もなお支持は強い。それはなぜかー。本書は、報道、世論、知識人、さらにはマンガ、映画などのポピュラー文化に注目、戦後日本人の核エネルギーへの嫌悪と歓迎に揺れる複雑な意識と、その軌跡を追う。
  • 組込み開発者におくるMISRA-C
    • MISRA-C研究会
    • 日本規格協会
    • ¥3740
    • 2004年05月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.5(2)
  • 本書は、MISRA-Cの詳細な解説書です。通して読めば、これが単なる車載用ソフトウェアを対象としたプログラミングガイドにとどまらず、広く一般の組込みソフトウェア管理者・技術者にとって、その基本的概念を知り、ルールを身につけるための良いテキストであることに気づくでしょう。
  • 物語数学の歴史
    • 加藤文元
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2009年06月25日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.67(13)
  • 古代バビロニアで粘土板に二次方程式の解法が刻まれてから四千年、多くの人々の情熱と天才、努力と葛藤によって、人類は壮大な数学の世界を見出した。通約不可能性、円周率、微積分、非ユークリッド幾何、集合論ーそれぞれの発見やパラダイムシフトは、数学史全体の中でどのような意味を持ち、どのような発展をもたらしたのか。歴史の大きなうねりを一望しつつ、和算の成果や19世紀以降の展開についても充実させた数学史決定版。
  • 保科正之
    • 中村彰彦
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 1995年01月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.55(11)
  • 徳川秀忠の子でありながら、庶子ゆえに嫉妬深い正室於江与の方を怖れて不遇を託っていた正之は、異腹の兄家光に見出されるや、その全幅の信頼を得て、徳川将軍輔弼役として幕府経営を真摯に精励、武断政治から文治主義政治への切換えの立役をつとめた。一方、自藩の支配は優れた人材を登用して領民の生活安定に意を尽くし、藩士にはのちに会津士魂と称される精神教育に力を注ぐ。明治以降、闇に隠された名君の事績を掘り起こす。
  • 狼と香辛料VI
    • 支倉 凍砂/文倉 十
    • KADOKAWA
    • ¥627
    • 2007年12月10日頃
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(3)
  • ホロコースト
    • 芝健介
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2008年04月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(15)
  • ヒトラー政権下、ナチ・ドイツによって組織的に行われたユダヤ人大量殺戮=ホロコースト。「劣等民族」と規定されたユダヤ人は、第二次世界大戦中に六〇〇万人が虐殺される。だが、ヒトラーもナチ党幹部も、当初から大量殺戮を考えていたわけではなかった。本書は、ナチスのユダヤ人政策が、戦争の進展によって「追放」からアウシュヴィッツ絶滅収容所に代表される巨大な「殺人工場」に行き着く過程と、その惨劇の実態を描く。
  • 天使とは何か
    • 岡田温司
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2016年03月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 4.0(4)
  • エンジェルとキューピッドは何が違うのか。キリストがかつて天使とみなされていたのはなぜか。堕天使はいかにして悪魔となったか。「天使」と聞いて、イメージが浮かばない日本人はいないだろう。しかし、天使をめぐる数々の謎に直面したとき、私たちは想像以上に複雑な陰影を彼らがもっていることに気づくはずだ。天使とは一体、何者なのかー。キリスト教美術をゆたかに彩る彼らの物語を追いかけてみよう。
  • 小さくても勝てる
    • 平井伸治
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2016年09月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.4(5)
  • 斬新な発想とダジャレで地域に奇跡を起こすー。日本一人口が少ない小さな県が実践する「鳥取型民主主義(デモクラシー)」とは何か?山陰「砂丘の国」のポジティブ戦略を徹底紹介。地方から国を変えた地方創生の「原点」をすべて公開する。

案内