カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1061 から 1080 件目(100 頁中 54 頁目) RSS

  • 麻雀の失敗学
    • 朝倉康心
    • 竹書房
    • ¥1620
    • 2019年07月01日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • ネット麻雀で日本一になった男が18の失敗から掴んだ常勝理論。
  • 肉食の思想
    • 鯖田豊之
    • 中央公論新社
    • ¥756
    • 1966年01月01日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.81(20)
  • ヒトラー演説
    • 高田博行
    • 中央公論新社
    • ¥950
    • 2014年06月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 4.04(27)
  • ナチスが権力を掌握するにあたっては、ヒトラーの演説力が大きな役割を果たした。ヒトラーの演説といえば、声を張り上げ、大きな身振りで聴衆を煽り立てるイメージが強いが、実際はどうだったのか。聴衆は演説にいつも熱狂したのか。本書では、ヒトラーの政界登場からドイツ敗戦までの二五年間、一五〇万語に及ぶ演説データを分析。レトリックや表現などの面から煽動政治家の実像を明らかにする。
  • 略案で創る中学校新数学科の授業(第1巻(数と式編))
    • 相馬一彦/国宗進
    • 明治図書出版
    • ¥2332
    • 2011年04月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 学習指導要領の改訂(平成20年3月)に基づく中学校数学科の授業実践に向けて、数学的活動を通して日々の実践を行っていくための指導計画や学習指導案(略案)などを具体的にまとめた。
  • 明るい心
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1296
    • 1981年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 中国の世界遺産を旅する
    • 湯浅 邦弘
    • 中央公論新社
    • ¥950
    • 2018年05月09日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(2)
  • 悠久の歴史を誇る中国には、文化や思想の精華である世界遺産が数多く存在する。本書ではそのうち七件を精選し、歴史的背景をふまえながら、それぞれの史跡をたどってみたい。兵馬俑の真の価値とは。殷墟から出た甲骨は何を語るのか。敦煌文書に記された古代の思想とは。歴史を書き換えた新発見の衝撃や、建造物に施された工夫の意味を知れば、世界遺産はもっと面白い。中国古典に精通した著者ならではの案内で、旅に出かけよう。
  • 水と緑と土改版
    • 富山和子
    • 中央公論新社
    • ¥820
    • 2010年07月25日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.75(4)
  • かつて日本人は自然を愛し自然に対応して生きる民族だった。それがなぜ現在のように自然を破壊するようになったのか。伝統的な自然観との断絶の跡をふりかえり、自然と人間社会とのバランスを崩した土地利用が何をもたらしたかを、水害、水不足、熱公害、大面積皆伐などの具体的事例から追求する。土壌の生産力こそ真の資源であり、それを失った文明は必ず滅亡するという警告は、日本人に深い反省を促さずにはおかない。
  • 騎士行進曲
    • angela
    • キングレコード(株)
    • ¥993
    • 2015年04月29日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 5.0(1)
  • 往年の名曲をスーパープライスで!
  • ビッグデータと人工知能
    • 西垣通
    • 中央公論新社
    • ¥842
    • 2016年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.9(50)
  • ビッグデータ時代の到来、第三次AI(人工知能)ブームとディープラーニングの登場、さらに進化したAIが2045年に人間の知性を凌駕するというシンギュラリティ予測…。人間とAIはこれからどこへ向かっていくのか。本書は基礎情報学にもとづいて現在の動向と論点を明快に整理し分析。技術万能主義に警鐘を鳴らし、知識増幅と集合知を駆使することによって拓かれる未来の可能性を提示する。
  • 華族
    • 小田部雄次
    • 中央公論新社
    • ¥1015
    • 2006年03月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.71(9)
  • 明治維新後、旧公卿・大名、維新功労者などから選ばれた華族。「皇族の藩屏」として、貴族院議員選出など多くの特権を享受した彼らは、近代日本の政治、経済、生活様式をリードした「恵まれた」階級のはずだった。日清・日露戦争後、膨大な軍人や財界人を組み込み拡大を続けたが、多様な出自ゆえ基盤は脆く、敗戦とともに消滅する。本書は、七八年間に一〇一一家存在したその実像を明らかにする。巻末に詳細な「華族一覧」付。
  • 社会とは何か
    • 竹沢尚一郎
    • 中央公論新社
    • ¥820
    • 2010年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.82(13)
  • 「社会」という語は、どのような意味や役割を担わされてきたのか。十七世紀以降のヨーロッパで、それは初め、統治や富の増大を目的に国家が介入する空間として認識された。後に、貧困・暴力・不衛生など、「社会的な」問題が拡大し、それに対処するための対象となった。社会を複数の要素からなる複合的なものとしたのはスピノザである。人が他者とともにより良き生を築くための場という彼の構想に、社会の可能性を読む。
  • 会津落城
    • 星亮一
    • 中央公論新社
    • ¥777
    • 2003年12月20日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(12)
  • 慶応四年春、幕府軍は鳥羽伏見の戦いで敗れて瓦解した。江戸城無血開城を経て戦場は東北に移る。長岡での激戦、白河の攻防、日光口での戦い…。会津藩をはじめ奥羽越列藩同盟軍は各地で戦いつづけるが、薩長軍はついに国境を破り会津若松に突入、一カ月に及ぶ篭城戦がはじまる。なぜこれほどまで戦わねばならなかったのか。会津藩の危機管理、軍事・外交、人材育成を検証しつつ、戊辰戦争最大の悲劇を浮き彫りにする。
  • 海外で研究者になる
    • 増田 直紀
    • 中央公論新社
    • ¥950
    • 2019年06月19日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(2)
  • 日本人の研究リーダーたちが世界の大学で活躍している。どうすれば海外で研究者になれるのか。応募書類の書き方から、面接の実際、待遇交渉まで、イギリスの大学に就職した著者が詳説。昇進は自己申告制、会議は家庭の用事で欠席可能、公費でティータイム、意外と親身な学生指導など、異文化での研究生活をリアルに描写。各国で活躍する研究者17人へのインタビューも収録。研究職だけでなく、海外で働こうとする日本人必読。
  • ソーシャル・キャピタル入門
    • 稲葉陽二
    • 中央公論新社
    • ¥820
    • 2011年11月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.14(32)
  • 東日本大震災のさい、人々は互いに譲り合い、整然と行動した。自分を犠牲にしてでも弱い者を救った。これは、決して見返りを期待しての行動ではなく、絆や他者への信頼、思いやりの表れであった。このような絆や互酬性の規範をソーシャル・キャピタル(社会関係資本)という。ふだんは目に見えない、しかし、教育や健康等に大切な役割を果たしている社会関係資本をどう育み、活かすのか。第一人者が理論と実践を紹介する。
  • 国際政治とは何か
    • 中西寛
    • 中央公論新社
    • ¥928
    • 2003年03月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.86(27)
  • 人類のおかれた状況が混迷の度を深め、希望と苦悩が錯綜している今日ほど、断片的な情報ではなく、深い考察が求められている時代はない。本書はまず、国際政治の起源を近代ヨーロッパにたずね、現代までの軌跡を追うことで、この基本的な性質を明らかにする。その上で安全保障、政治経済、価値意識という三つの角度から、差し迫る課題に人間が人間を統治する営みとしての政治がどう答えられるのか、的確な視座を提示する。
  • 現場で役立つExcel & Accessデータ連携・活用ガイド
    • 立山秀利
    • 翔泳社
    • ¥2894
    • 2015年02月20日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 本書は、一部署や一チームでデータを共有管理するのにExcelだけでは限界を感じている人のための書籍です。「ExcelからAccessへデータを移行する」「Accessから必要なデータを出力してExcelで活用する」「Excel VBAでAccessの操作を自動化する」「ExcelからAccessのデータを追加、更新、削除する」というところまで、ExcelとAccessの連携方法を徹底解説します。

案内