カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1101 から 1120 件目(100 頁中 56 頁目) RSS

  • パキケファロサウルス
    • たかし よいち/中山 けーしょー
    • 理論社
    • ¥1650
    • 2016年10月20日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 遠いとおい大昔、およそ一億六千万年にもわたってたくさんの恐竜たちが生きていた時代ー。かれらはそのころ、なにを食べ、どんなくらしをし、どのように子を育て、たたかいながら…長い世紀を生きのびたのでしょう。恐竜なんでも博士・たかしよいち先生が、新発見のデータをもとに痛快にえがく「なぞとき恐竜大行進」シリーズが、新版になって、ゾクゾク登場!!
  • 「保守」のゆくえ
    • 佐伯 啓思
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2018年03月08日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.5(3)
  • 世界の無秩序化が進み、日本も方向を見失っている今、わたしたちは、「保守とは何か」を確認する必要に迫られている。改めて、成熟した保守思想の意味を問い直し、その深みを味わいのある文章で著したのが本書だ。「保守主義は政治の一部エリートのものではない。それは自国の伝統にある上質なものへの敬意と、それを守る日常的な営みによって支えられる」と、著者は述べる。本書が見せる保守思想へのまなざしは、ときに厳しくもまた柔軟で人間味豊かだ。
  • 俳句と暮らす
    • 小川軽舟
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2016年12月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.75(5)
  • 花鳥風月を詠む優雅な趣味の世界ー。これが俳句のイメージだろう。だが、日々の小さな発見を折に触れ書き留められるところにこそ、俳句本来の魅力がある。本書では、俳人にして単身赴任中のサラリーマンでもある著者が、「飯を作る」「会社で働く」「妻に会う」「病気で死ぬ」などさまざまな場面を切り取りつつ、俳句とともに暮らす生活を提案。平凡な日常をかけがえのない記憶として残すための俳句入門。
  • 矢口新のトレードセンス養成ドリル(lesson 1)
    • 矢口新
    • パンローリング
    • ¥1650
    • 2008年02月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(3)
  • インターネットの本屋さん「マネーのまぐまぐ」に連載中の問題に、「TAPの視点から」という本書ならではの解説を追加編集。「価格変動の本質とは何か」や「価格の動きがもっとも大切なこと」など、さまざまな問題を解きながら、トレードセンスを向上させるためのドリル。
  • 健康診断2週間前で検査数値は良くなる!
    • 佐藤 秀美
    • 自由国民社
    • ¥1320
    • 2015年07月31日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 栄養のプロが教える、たった2週間で劇的にかえる方法。2週間とは主な臓器のタンパク質の半分以上が作りかえられる期間。健診後も食生活に気をつければ、自然と健康になれる!
  • メガロサウルス
    • たかし よいち/中山 けーしょー
    • 理論社
    • ¥1650
    • 2016年09月02日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 遠いとおい大昔、およそ一億六千万年にもわたってたくさんの恐竜たちが生きていた時代ー。かれらはそのころ、なにを食べ、どんなくらしをし、どのように子を育て、たたかいながら…長い世紀を生きのびたのでしょう。恐竜なんでも博士・たかしよいち先生が、新発見のデータをもとに痛快にえがく「なぞとき恐竜大行進」シリーズが、新版になって、ゾクゾク登場!!
  • 純文学とは何か
    • 小谷野 敦
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2017年11月09日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.0(12)
  • 「純文学」とは何か?大衆文学、通俗小説とどう違うのか。芥川賞・直木賞とは何か。海外に純文学と大衆文学の区別がないというのは本当か。文藝雑誌に掲載されると純文学というのは本当か。文学の敵とは誰か。日本だけでなく海外文学にも目配りし、豊富な事例をもってこうした疑問に快刀乱麻を断つごとく答える、かつてない文学入門。
  • 闘う文豪とナチス・ドイツ
    • 池内紀
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2017年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(6)
  • 大作『ブッデンブローク家の人々』で若くして名声を獲得し、五十四歳でノーベル文学賞を受賞したドイツ人作家トーマス・マン。だが、ファシズム台頭で運命は暗転する。体制に批判的なマンをナチスは国外追放に。以降、アメリカをおもな拠点に、講演やラジオ放送を通じてヒトラー打倒を訴え続け、その亡命生活は二十年近くに及んだ。激動の時代を、マンはどう見つめ、記録したか。遺された浩瀚な日記から浮かび上がる闘いの軌跡。
  • 日中国交正常化
    • 服部龍二
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2011年05月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.09(38)
  • 一九七二年九月、戦後三〇年近く対立していた中国と国交が結ばれた。この国交正常化交渉は、その後も続く歴史認識、戦争賠償、台湾問題、尖閣諸島など日中関係の論点が凝縮されていた。また冷戦下、アメリカとの関係維持に腐心しながら試みられたものだった。本書は、外交記録、インタビューなどからこの過程を掘り起こし、政治のリーダーシップに着目し、政治家、官僚たちの動きを精緻に追う。現代史を探る意欲作。
  • サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」/バッカナール/フランス軍隊行進曲/交響詩「死の舞踏」
    • ユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団/サン=サーンス/ユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管弦楽団
    • (株)ソニー・ミュージックレーベルズ
    • ¥1050
    • 1996年06月21日
    • 要確認
    • 送料別
    • 5.0(2)
  • 軽快なドライヴ感が心地よい「オルガン」は、サン=サーンスの“旨味”を十分に引き出した名演。ほかに交響詩「死の舞踏」などを収録。いずれも60年代前半の録音が中心だが、今聴いてもゴージャスなフィラデルフィア・サウンドが楽しめる。最高の音で楽しむために!
  • 人種とスポーツ
    • 川島浩平
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2012年05月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.43(15)
  • オリンピックの陸上男子100m決勝で、スタートラインに立った選手56人は、ここ30年すべて黒人である。陸上以外の競技でも、彼らの活躍は圧倒的に見える。だが、かつて彼らは劣った「人種」と規定され、スポーツの記録からは遠い所にあった。彼らは他の「人種」に比べ、本当に身体能力が優れているのかー。本書は、人種とスポーツの関係を歴史的に辿り、最新の科学的知見を交え、能力の先天性の問題について明らかにする。
  • 世界の日本人ジョーク集(続)
    • 早坂隆
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2009年03月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.71(36)
  • ジョークの世界から真の日本人像を描いたベストセラーに待望の続篇!新作ジョークには「アソウ」「マツザカ」など新たな登場人物も参戦。滅入りがちな我が国に、今こそ質の良い笑いを。
  • 明治六年政変
    • 毛利敏彦
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 1980年03月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 4.29(9)
  • 朝起きられない子の意外な病気
    • 武香織
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2012年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.33(4)
  • 思春期の子どものおよそ一割がかかるとも言われる、起立性調節障害(OD)。その症状は「朝、起きられなくなること」。学校や病院の理解も進まないまま、不登校の隠れた原因になっている。息子の病気に直面した著者が、自らの体験と周囲の患者家族の声を綴った子どもの病気の新常識。
  • 物語カタルーニャの歴史
    • 田沢耕
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2000年12月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.17(20)
  • ピカソやダリが生き、ガウディの建築がそびえ立つバルセロナ。この街を中心に、いまもスペイン随一の繁栄を誇るカタルーニャは、かつてイタリアや遠くギリシャまで、地中海全域を支配した大帝国だった。建国の父・ギフレ「毛むくじゃら伯」、黄金時代をもたらしたジャウマ「征服王」や、騎士・錬金術師・怪僧が地中海せましと活躍する。栄光の中世から、混乱をへながらも再生への努力を続ける現代までをたどる通史。
  • 日本人にとって聖なるものとは何か
    • 上野誠(文学)
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2015年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.25(5)
  • 一神教とは異なり、日本人にとって神は絶対的な存在ではない。山岳や森林をはじめ、あらゆる事物が今なお崇拝の対象となり得る。遠くさかのぼれば、『古事記』に登場する神々は、恋をするばかりか嫉妬もし、時に寂しがり、罪さえも犯す。独特の宗教観や自然観はどう形成され、現代にまで影響を及ぼしているか。「カムナビ」「ミモロ」などのキーワードを手がかりに記紀万葉の世界に分け入り、古代の人びとの心性に迫る。
  • 中学校新学習指導要領 音楽の授業づくり
    • 加藤徹也/山崎正彦
    • 明治図書出版
    • ¥2200
    • 2018年07月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 本書は平成29年に告示された学習指導要領に基づき、中学校音楽科の授業実践を行う際の手がかりとなる基本的な考え方やアイデアを示したものです。

案内