カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1181 から 1200 件目(100 頁中 60 頁目) RSS

  • あらゆる領収書は経費で落とせる
    • 大村大次郎
    • 中央公論新社
    • ¥799
    • 2011年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.67(125)
  • メモ一枚、「上様」、レジャー費用でもOK?経理部でさえ誤解する領収書のカラクリを、元国税調査官が解き明かし、超実践的知識を伝授する。経費の仕組みがわかると、会計もわかる。
  • 植物のひみつ
    • 田中修
    • 中央公論新社
    • ¥928
    • 2018年06月21日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 5.0(3)
  • なぜウメはサクラより早く開花するのか、タンポポの茎はどうして空洞なのか、イネの根が水に浸かっても生きていられるのはなぜか、緑色のアジサイの花を見かけたら何に注意すればよいのか、ヒマワリはどこまで背が伸びるか、ジャガイモの食べる部分は根か茎か、バナナの皮は滑りやすいというのは本当か…。学校や家庭でよく目にする植物10種の“ひみつ”を紹介し、身近な植物たちに秘められた驚きの能力を解説する。
  • アーロン収容所 改版
    • 会田 雄次
    • 中央公論新社
    • ¥842
    • 2018年01月22日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.33(4)
  • 英軍は、なぜ日本軍捕虜に家畜同様の食物を与えて平然としていられるのか。女性兵士は、なぜ捕虜の面前で全裸のまま平然としていられるのか。ビルマ英軍収容所に強制労働の日々を送った歴史家の鋭利な筆はたえず読者を驚かせ、微苦笑させつつ西欧という怪物の正体を暴露してゆく。激しい怒りとユーモアの見事な結合がここにある。強烈な事実のもつ説得力の前に、私たちの西欧観は再出発を余儀なくされるだろう。
  • 贖罪のヨーロッパ
    • 佐藤彰一
    • 中央公論新社
    • ¥993
    • 2016年11月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(2)
  • 中世初期、アイルランドの聖コルンバヌスによって、自らの心の内に罪を自覚し、意識的にえぐり出す思想が誕生する。この「贖罪」思想は社会に大きな影響を与え、修道院の生活を厳しく規定していく。その絶え間ない祈りと労働からは、華麗な写本も生み出された。本書は、ベネディクト戒律からカロリング・ルネサンスを経てシトー派の誕生に至るまで、修道制、修道院と王侯貴族との関係、経済、芸術等から読み解く通史である。
  • ドイツ行進曲集
    • ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー・ブラスオルケスター
    • ユニバーサルミュージック クラシック
    • ¥1357
    • 2014年04月09日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 自己心理学(3)
    • 榎本博明/岡田努
    • 金子書房
    • ¥3888
    • 2009年01月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 心の病理と健康の問題は、発達段階ごとに自己とは何かのテーマを内包する。子どもの自己の成長をいかに支援するか、心理療法場面での自己表出の分析、中・老年期の自己の再認識と健康の関係の考察、などから新領域を創出する。
  • 茶の湯の銘季節のことば
    • 淡交社
    • 淡交社
    • ¥1080
    • 2012年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(7)
  • 日本の季節やこころをうつす美しい響きを持ち、すでに茶の湯の銘として使われていることば、自分が手にした道具に銘をつけるときに使ってみたいことば、約千語。
  • シルバー民主主義
    • 八代尚宏
    • 中央公論新社
    • ¥842
    • 2016年05月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.43(7)
  • 急激な少子高齢化により、有権者に占める高齢者の比率が増加の一途にある日本。高齢者の投票率は高く、投票者の半数が60歳以上になりつつある。この「シルバー民主主義」の結果、年金支給額は抑制できず財政赤字は膨らむばかりだ。一方、保育など次世代向けの支出は伸びず、年功賃金など働き方の改革も進まない。高齢者にもリスクが大きい「高齢者優遇」の仕組みを打開するにはどうすべきか。経済学の力で解決策を示す。
  • 想定外のマネジメント【第3版】
    • カール・E・ワイク/キャスリーン・M・サトクリフ
    • 文眞堂
    • ¥2700
    • 2017年07月28日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 5.0(1)
  • 「想定外」に満ちた世界を生き抜く、信頼性の高い組織とは?サブプライムローンに溺れた銀行、大雪被害から復興した鉄道博物館、ユナイテッド航空232便の奇跡、FBIの指紋照合ミス、そして、トヨタの大規模リコールなど豊富な事例を、高信頼性組織の5つの原則から分析する。
  • 中学校新学習指導要領の展開国語編(平成29年版)
    • 冨山哲也
    • 明治図書出版
    • ¥1944
    • 2017年10月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 全体の構成や指導事項、言語活動例などの改訂のキーポイントを総整理。知識及び技能や思考力、判断力、表現力等で構成された内容のポイントを解説。身に付けたい資質・能力を明確にした学年・領域別の新授業プランを収録。
  • 日本型ポピュリズム
    • 大嶽秀夫
    • 中央公論新社
    • ¥993
    • 2003年08月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.84(14)
  • 日本における政治不信の増大は著しいが、一九九〇年代以降何度か、突発的な人気を得、政治への期待を極度に高めた政治家が現れている。ブームを巻き起こした、細川護煕、菅直人、石原慎太郎、田中康夫、加藤紘一、田中真紀子、小泉純一郎らである。そこには、報道番組やワイドショーなどマスメディアとの相互作用があった。本書は、こうした政治現象をポピュリズム概念を用いて分析し、日本政治の変容を明らかにする。
  • 地球の歴史(下)
    • 鎌田浩毅
    • 中央公論新社
    • ¥950
    • 2016年10月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(9)
  • 大地の動きを知ることで人は知恵を生んできたー超大陸の分裂と超巨大噴火によって九五%もの生物が絶滅した地球。生き残った生物が進化を遂げて中生代は恐竜の時代となるが、これまで地球が経験しなかったほどの隕石衝突によって再びほとんどの生物が絶滅する。六六〇〇万年前から始まる新生代は哺乳類の時代であり、やがて人類が誕生する。激変する地球環境のなかで、折り返し地点にいる「文明の惑星」はどうなるのか。全三巻でたどる地球四六億年の旅、完結篇。
  • いじめとは何か
    • 森田洋司
    • 中央公論新社
    • ¥799
    • 2010年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.43(8)
  • 一九八〇年代にいじめが「発見」されて以来、三度にわたる「いじめの波」が日本社会を襲った。なぜ自殺者が出るような悲劇が、繰り返されるのか。いじめをその定義から考察し、国際比較を行うことで、日本の特徴をあぶり出す。たしかに、いじめを根絶することはできない。だが、歯止めのかかる社会を築くことはできるはずだ。「いじめを止められる社会」に変わるため、日本の社会が、教育が、進むべき道を示す。
  • 日々の祈り
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1728
    • 1980年04月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(1)
  • 物語アメリカの歴史
    • 猿谷要
    • 中央公論新社
    • ¥885
    • 1991年10月01日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.64(15)
  • アメリカは民主主義の理念を具体的に政治に実現させた最初の国である。独立宣言の中心「すべての人間は生まれながらにして平等である」は、今なお民主主義国家の道標として輝き続けているものの、人種間の問題や戦争など、建国から2百年余、その歴史は平坦ではなく、生々しい傷がまだ癒えることなくその跡をとどめている。この超大国の光と影を、戦後深いつながりをもって歩んできた日本との関係もまじえて描く。

案内