カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1401 から 1420 件目(100 頁中 71 頁目) RSS

  • 小学校新学習指導要領 国語の授業づくり
    • 水戸部修治
    • 明治図書出版
    • ¥1980
    • 2018年04月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 資質・能力、主体的・対話的で深い学び、言葉による見方・考え方、質の高い言語活動…新CSを教室の学びに落とし込む!校内研修、研究授業、先行実施…あらゆる場面で活用できる1冊!
  • 入門医療政策
    • 真野俊樹
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2012年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.1(11)
  • 高齢者医療費の増大、TPP参加と皆保険制度等、日本の医療は嵐のなかにある。また、医療者・政府・患者等、関係者の利害対立も激しさを増している。これまでは“カンと度胸”で決定されてきた医療政策も、いまやデータの裏付け・検証や理論に基づく施策が求められている。本書は、医療政策の課題、学問的裏付け、決定過程の実態、諸外国の例、今後の展望について解説し、新たな学問としての医療政策学の必要性を説く。
  • 自己心理学(3)
    • 榎本博明/岡田努
    • 金子書房
    • ¥3960
    • 2009年01月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 心の病理と健康の問題は、発達段階ごとに自己とは何かのテーマを内包する。子どもの自己の成長をいかに支援するか、心理療法場面での自己表出の分析、中・老年期の自己の再認識と健康の関係の考察、などから新領域を創出する。
  • 精神医学・心理学・精神看護学辞典
    • 南光進一郎/張賢徳
    • 照林社
    • ¥3960
    • 2012年07月
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 精神医学・心理学・精神看護学についての用語をわかりやすく解説した中辞典。約1,900語を収載する。
  • 理科系のための英文作法
    • 杉原厚吉
    • 中央公論新社
    • ¥726
    • 1994年11月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.9(24)
  • 文法的に正しい英文でも、つながりが良くないと明快な文章にはならない。本書は、コンピュータで開発された文章解析技術と、言語学の新文野である「談話文法」が明らかにした文と文をつなぐ画期的法則を紹介する。この法則は、自分で書いた英文を客観的に眺め、自然な英文をつないでいくための道標となり、気のきいた言い回しよりもまず英文で主張を明確に表現しなければならない多くの人にとって、すぐに役立つ道具となるだろう。
  • ほんとうの日蓮
    • 島田裕巳
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2015年05月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 日蓮は単行本およそ六冊分にも及ぶ論考、手紙を残した。中世において彼ほど顔の見える人物はいない。なぜ流罪になったのかと自問する日蓮。愛児を失った母親へ情愛のこもった手紙をしたためる日蓮。戦う宗教者のイメージが先行する日蓮の生身の姿とは?島田宗教学の決定版。
  • 「実行」に効く計画の技術
    • 浦正樹
    • 翔泳社
    • ¥1980
    • 2013年02月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(4)
  • 「計画」には、ロジカルな方法論とタイプ別のフレームワークがある。外資系トップ・IT企業の元スペシャリストが明かす、「目標を達成する」計画マネジメントの極意。
  • 系統的指導で論理的思考力&表現力を鍛える授業アイデア24
    • 長谷川祥子
    • 明治図書出版
    • ¥1870
    • 2012年05月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 子どもたちは、自分の考えを論理的に組み立てて表現することによって、論理的思考力を高めていく。新しい時代を生き抜く彼らにとって、論理的思考力&表現力は現在最も必要な力の一つである。理論編では、論理的思考の歴史的変遷や現状を詳述した。なぜ今、論理的思考力が重視されているのか、また教師として身に付けておきたい論理的思考力&表現力とは何か、などを明らかにした。実践編では、言葉による思考はすべて論理的思考であるという観点から、5つの教科書教材、十二のリライト教材、四つの「書く」指導法、三つの「話す・聞く」指導法についての授業アイデアを、中学三年間を見通して系統的に配置し、すぐに使えるアイデア集をめざした。
  • 王政復古
    • 井上勲
    • 中央公論新社
    • ¥990
    • 1991年08月01日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.4(6)
  • 徳川幕府の政権奉還ののちも、岩倉具視や西郷隆盛らによる真の朝廷政権樹立の画策が進められた。慶応3年12月8日、薩摩・土佐藩など5藩士は岩倉邸に集合、翌日のクーデター断行が告げられた。その後、席を朝議の場に移して、激論は9日朝におよぶ。この朝議がはねて間もなく、王政復古の大号令が渙発された。これより戊辰戦争の戦火が立ち昇る。それぞれの思惑を秘めて時代の大転換期に臨んだ人々の動きと、歴史的意義を検証。
  • 死刑囚の記録
    • 加賀乙彦
    • 中央公論新社
    • ¥748
    • 1980年01月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.06(20)
  • 諸子百家
    • 湯浅邦弘
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2009年03月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.09(14)
  • 春秋戦国時代、諸国をめぐって自らの主張を説いた思想家たち。彼らの思想は、その後の中国社会の根幹を形づくったのみならず、日本をはじめ東アジアにおいても大きな影響力を持った。一九九〇年代には大量の古代文献が発掘され、これまで謎とされてきた事柄も解き明かされつつある。新知見をふまえ、儒家(孔子・孟子)、墨家(墨子)、道家(老子・荘子)、法家(韓非子)、兵家(孫子)などの思想と成立の過程を平易に解説する。
  • 絵の教室
    • 安野光雅
    • 中央公論新社
    • ¥1078
    • 2005年12月20日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 4.31(16)
  • たとえば、天使がラッパを吹きながら空を舞う名画は、技術の蓄積だけでは描けなかった。目には見えないその姿を描く画家は、人体のデッサンに習熟し、想像力に助けられて、絵画という世界を構築していったのだろう。この本ではクールベやゴッホなどのたくらみや情熱の跡を辿り、美の宇宙の源泉へ旅してみたい。描く技術、鑑賞する感性を会得するには、近道も終着点もないが、創造の歴史には「絵の真実」が現われてくる。
  • 【輸入盤】行進曲集 モートン・グールド&ヒズ・シンフォニック・バンド
    • スーザ(1854-1932)
    • Intense Music
    • ¥849
    • 2010年02月10日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • モートン・グールド/スーザ:行進曲集

    【収録情報】
    スーザ:
    ・星条旗よ永遠なれ
    ・オン・パレード
    ・忠誠
    ・海を越えた握手
    ・雷神
    ・ワシントン・ポスト
    ・闘技士
    ・カピタン
    ・アメリカ野砲隊
    ・士官候補生
    ・サウンド・オフ
    ・コーコランの候補生
    ・マンハッタン・ビーチ
    ・国民防衛軍
    ・聖なる殿堂の貴族たち
    ・無敵の鷲
    ・自由の鐘
    ・剣と拍車
    ・ライフル・レジメント
    ・旗手
     モートン・グールド指揮、ヒズ・シンフォニック・バンド

     録音時期:1956〜1959年
     録音方式:ステレオ(セッション)
     原盤:RCA
    Powered by HMV最高の音で楽しむために!
  • 大伴家持
    • 藤井一二
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2017年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(3)
  • 大伴家持(七一八頃〜七八五)は、天平文化を代表する歌人であり、『万葉集』の編纂にも関わったとされる。橘奈良麻呂の変など、数多くの政争が渦巻く時代を官人として生き、さまざまな美しい景色や多くの親しい人々との思い出を歌に込めた。その歩みを追うと、時代に翻弄されながら、名門一族を背負った素顔が浮かび上がる。本書は、残された資料と各所で詠んだ歌から、謎の多い彼の全生涯を描き出す。
  • 奥州藤原氏
    • 高橋崇
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2002年01月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(6)
  • 奥州藤原氏は平泉を拠点として平安末期の東北地方に君臨した。産金をもとに財をなし、京風の絢爛たる仏教文化を花開かせた。初代清衡から三代秀衡へ、支配権はどのように伸長したのか。秀衡の死後わずか二年で源頼朝に攻め滅ぼされたのはなぜか。京都との関わりを軸に、百年の歴史を多角的に検証。併せて、中尊寺金色堂に眠る歴代のミイラの学術調査結果も紹介する。『蝦夷』『蝦夷の末裔』に続く東北古代史三部作完結編。

案内