カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1421 から 1440 件目(100 頁中 72 頁目) RSS

  • 絵の教室
    • 安野光雅
    • 中央公論新社
    • ¥1078
    • 2005年12月20日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.31(16)
  • たとえば、天使がラッパを吹きながら空を舞う名画は、技術の蓄積だけでは描けなかった。目には見えないその姿を描く画家は、人体のデッサンに習熟し、想像力に助けられて、絵画という世界を構築していったのだろう。この本ではクールベやゴッホなどのたくらみや情熱の跡を辿り、美の宇宙の源泉へ旅してみたい。描く技術、鑑賞する感性を会得するには、近道も終着点もないが、創造の歴史には「絵の真実」が現われてくる。
  • 武産合気
    • 高橋英雄
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1815
    • 1986年11月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 3.5(3)
  • 【輸入盤】行進曲集 モートン・グールド&ヒズ・シンフォニック・バンド
    • スーザ(1854-1932)
    • Intense Music
    • ¥849
    • 2010年02月10日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • モートン・グールド/スーザ:行進曲集

    【収録情報】
    スーザ:
    ・星条旗よ永遠なれ
    ・オン・パレード
    ・忠誠
    ・海を越えた握手
    ・雷神
    ・ワシントン・ポスト
    ・闘技士
    ・カピタン
    ・アメリカ野砲隊
    ・士官候補生
    ・サウンド・オフ
    ・コーコランの候補生
    ・マンハッタン・ビーチ
    ・国民防衛軍
    ・聖なる殿堂の貴族たち
    ・無敵の鷲
    ・自由の鐘
    ・剣と拍車
    ・ライフル・レジメント
    ・旗手
     モートン・グールド指揮、ヒズ・シンフォニック・バンド

     録音時期:1956〜1959年
     録音方式:ステレオ(セッション)
     原盤:RCA
    Powered by HMV最高の音で楽しむために!
  • 新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙II
    • 支倉 凍砂/文倉 十
    • KADOKAWA
    • ¥715
    • 2017年03月10日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.67(9)
  • 港町アティフでの聖書騒動を乗り越えた、青年コルと賢狼の娘・ミューリ。恋心を告げて開き直ったミューリから、コルは猛烈に求愛される日々を送っていた。そんな中、ハイランド王子から次なる任務の依頼が。今後の教会勢力との戦いでは、ウィンフィール王国と大陸との海峡制圧が重要になってくる。そのため、アティフの北の群島に住む海賊たちを、仲間にすべきかどうか調べてきて欲しいというのだ。新たな冒険に胸を躍らせるミューリだったが、コルは不安の色を隠せない。なぜなら海賊たちには、“黒聖母”信仰という異端の嫌疑がかけられているのだ。海賊の住む神秘の島への旅が始まる!
  • 物語数学の歴史
    • 加藤文元
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2009年06月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.64(12)
  • 古代バビロニアで粘土板に二次方程式の解法が刻まれてから四千年、多くの人々の情熱と天才、努力と葛藤によって、人類は壮大な数学の世界を見出した。通約不可能性、円周率、微積分、非ユークリッド幾何、集合論ーそれぞれの発見やパラダイムシフトは、数学史全体の中でどのような意味を持ち、どのような発展をもたらしたのか。歴史の大きなうねりを一望しつつ、和算の成果や19世紀以降の展開についても充実させた数学史決定版。
  • ひとまず、信じない
    • 押井 守
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2017年11月09日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.63(11)
  • 世界が認める巨匠がおくる7つの幸福論。ネットが隆盛し、フェイクニュースが世界を覆う時代、何が虚構で何が真実か、その境界線は曖昧である。こういう時代だからこそ、与えられた情報をひとまず信じずに、自らの頭で考えることの重要さを著者は説く。幸せになるために成すべきこと、社会の中でポジションを得て生き抜く方法、現代日本が抱える問題についても論じた、押井哲学の集大成とも言える一冊。
  • 精神医学・心理学・精神看護学辞典
    • 南光進一郎/張賢徳
    • 照林社
    • ¥3960
    • 2012年07月
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 精神医学・心理学・精神看護学についての用語をわかりやすく解説した中辞典。約1,900語を収載する。
  • 信長と消えた家臣たち
    • 谷口克広
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2007年07月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.43(14)
  • 信長は天下統一の過程で多くの配下の者を粛清した。反逆が疑われる者は無論のこと、抜擢に応えられなかった者も容赦なく切り捨てた。なぜ信長は周囲の理解を超えた過酷な処分を行ったのか。一方、趨勢が明らかにもかかわらず、結果的に少なくない数の武将が反旗を翻したのはなぜなのか。着々と進む天下統一の裏で続いていた信長と家臣、そして恭順した大名たちとの駆け引き。その生々しい局面から、信長の戦略と素顔に迫る。
  • 禅の教室
    • 藤田一照/伊藤比呂美
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2016年03月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.6(7)
  • 悟りとは何かー。禅には「不立文字、教外別伝」、つまり、釈迦の教えは言葉では伝えられないという考え方がある。では、アメリカで禅を長年にわたって教えてきた禅僧と、仏教に目覚めた詩人が「禅」について語り合うと、どのような言葉が飛び出すのか。「そもそも仏教って何ですか?」から始まった対話は、縁起や如来などの仏教用語を解剖しながら、坐禅への誤解を暴き立て…。読むと坐りたくなる、坐禅のススメ。
  • 自分も光る人類も光る
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1760
    • 2011年05月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 世界平和の祈りを祈ることは、世界人類が光明化することです。大光明に協力する意味で、皆さんはどんどん世界平和の祈りをしてください。そうすれば自分も光ると同時に、世界人類が光ってきます。全編初出、珠玉の講話集。
  • ラデツキー行進曲〜シュトラウス:ポルカ&マーチ集
    • ウィリー・ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/ヨハン・シュトラウス2世/ウィリー・ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
    • ユニバーサルミュージック クラシック
    • ¥1257
    • 2009年04月22日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ボスコフスキー生誕100年記念企画。ウィーン出身のボスコフスキーでなければ表現し得ない、ウィーンの香りがいっぱいに広がるポルカとマーチ集。ウィーン訛りのポルカや、古き良き時代のVPOの響きも堪能できる。最高の音で楽しむために!
  • 高速道路ファン手帳
    • 佐滝剛弘
    • 中央公論新社
    • ¥1210
    • 2016年08月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.8(6)
  • テーマパーク化するPAの観光情報から、珍標識、絶景スポットといったトリビアまで。震災復興や新東名、圏央道等の物流革命が進む今、未来予想図を描く。著者はほぼ全路線を走破し、海外でもレンタカーで旅を重ねる猛者。豊富な見聞とカラー図版200枚をおりまぜた、完全保存版。
  • 市民コミュニティ・ビジネスの現場
    • ちば地域再生リサーチ/服部岑生
    • 彰国社
    • ¥2640
    • 2012年10月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(1)
  • 衰退から抜け出し、創造力のある町へ。公共も民間も手に負えない再生事業にNPOと居住者による「市民コミュニティ・ビジネス」で果敢に挑む。
  • 闘う文豪とナチス・ドイツ
    • 池内紀
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2017年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(6)
  • 大作『ブッデンブローク家の人々』で若くして名声を獲得し、五十四歳でノーベル文学賞を受賞したドイツ人作家トーマス・マン。だが、ファシズム台頭で運命は暗転する。体制に批判的なマンをナチスは国外追放に。以降、アメリカをおもな拠点に、講演やラジオ放送を通じてヒトラー打倒を訴え続け、その亡命生活は二十年近くに及んだ。激動の時代を、マンはどう見つめ、記録したか。遺された浩瀚な日記から浮かび上がる闘いの軌跡。
  • 批評理論入門
    • 広野由美子
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2005年03月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.8(41)
  • 批評理論についての書物は数多くあるが、読み方の実例をとおして、小説とは何かという問題に迫ったものは少ない。本書ではまず、「小説技法篇」で、小説はいかなるテクニックを使って書かれるのかを明示する。続いて「批評理論篇」では、有力な作品分析の方法論を平易に解説した。技法と理論の双方に通じることによって、作品理解はさらに深まるだろう。多様な問題を含んだ小説『フランケンシュタイン』に議論を絞った。

案内