カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1521 から 1540 件目(100 頁中 77 頁目) RSS

  • 英国公文書の世界史
    • 小林 恭子
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2018年03月08日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(3)
  • 中世から現代までの千年に渡る膨大な歴史資料を網羅する英国国立公文書館。ここには米国独立宣言のポスター、シェイクスピアの遺言書、欧州分割を決定づけたチャーチルの手書きメモから、夏目漱石の名前が残る下宿記録、ホームズや切り裂きジャックの手紙、タイタニック号の最後のSOS、ビートルズの来日報告書まで、幅広い分野の一次資料が保管されている。この宝石箱に潜む「財宝」たちは、圧巻の存在感で私たちを惹きつけ、歴史の世界へといざなう。
  • 直言・提言・進言
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1281
    • 1990年03月01日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 神のみ心に根ざした確固たる人間観、人生観、宇宙観を通して、日本国民、日本国政府と政治家へ、宗教者と宗教界へ、そしてアメリカへそれぞれ直言、提言、進言をして、これからの人間と人類のあるべき姿を明示する。
  • 外務省革新派
    • 戸部良一
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2010年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.8(7)
  • 一九三八年七月、時の外相宇垣一成の私邸を八人の青年外交官が訪れ、所信を披瀝するとともに、彼らがリーダーと仰ぐ白鳥敏夫の外務次官起用を強く訴えたーときに軍部以上の強硬論を吐き、軍部と密着して外交刷新を実現しようと行動した外務省革新派。彼らが主張した「皇道外交」は、満洲事変後の「世界史的大変動」の中で大衆に受け入れられ、世論を先導していく。戦争へ向かう時代を新たな角度で切り取る意欲作。
  • 沖縄の歴史と文化
    • 外間守善
    • 中央公論新社
    • ¥770
    • 1986年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(6)
  • 沖縄は地理的に遠く、日本本土の趣きの異なる歴史と文化をもっているため、歴史を区切る概念も、文化を貫く美意識も、それらを表現する言語も、すべて本土的な尺度でははかれない。本書は、単に日本列島の一島嶼群として捉えるのではなく、広く太平洋文化圏の中に位置づけ、日本人および日本文化のルーツの1つともいうべき沖縄の歴史と文化を、諸分野の研究成果を取り入れながら紹介する、沖縄の実相を識るための入門書である。
  • 茶の湯ブンガク講座
    • 石塚 修
    • 淡交社
    • ¥1320
    • 2016年08月02日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 狂言・歌舞伎・文楽、松尾芭蕉に夏目漱石。古今の書物に登場する「茶の湯」を、現代語訳と軽妙な語り口で解説する新視点のブンガク講座。茶席で思わず話したくなる茶の湯の教養が詰まった珠玉の17作品。
  • 健康新時代
    • 太陽エージェンシー
    • ¥880
    • 2015年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 被災した時間
    • 斎藤環(精神科医)
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2012年08月
    • 要確認
    • 送料別
    • 2.75(5)
  • 2011年3月11日、三陸沖を震源とする巨大地震が発生した。東北大平洋岸には大津波が襲来し、福島第一原発では水素爆発が起きたー。この未曽有の大災害に、精神科医で被災地の出身者である著者はどう向き合い、何を伝えようとしてきたのか。本書は、日々深刻化する事態の中で手探りで続けられた全発言のドキュメントである。被災者のこころのケアから原発問題まで、日本社会が直面している課題を浮き彫りにする。
  • 「超」難解クロスワード
    • 「中央公論」編集部/ニコリ
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 2015年10月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 脳トレに最適!月刊『中央公論』読者が「難しすぎる」と悩んだ名物連載がついに一冊に。66の難問が、頭の中をグルグル活性化させる!創刊から130年近く、論壇・文壇の一流作品の発表舞台となった『中央公論』。そこで熟成された「教養力」と「一流脳」があなたのものになる!?
  • 戦略論の名著
    • 野中郁次郎
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2013年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.24(24)
  • 戦略とは何か。勝ち抜き生き残るために、いかなる戦略をとるべきなのかー。古今東西の戦略思想家たちの叡智が結集された戦略論の中から、『失敗の本質』で知られる編著者が現代人必読の12冊を厳選。孫子、マキアヴェリ、クラウゼヴィッツの三大古典から20世紀の石原莞爾、リデルハート、クレフェルト、そして21世紀の最新理論まで網羅し、第一線の研究者が詳細に解説する決定版。各章末に「戦略の名言」を付す。
  • 魚の自然誌
    • ヘレン・スケールズ/林裕美子
    • 築地書館
    • ¥3190
    • 2020年01月30日
    • 予約受付中
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 戦艦武蔵
    • 一ノ瀬俊也
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2016年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.17(7)
  • 二〇一五年、戦艦武蔵がフィリピン沖海底で発見され、世界の注目を集めた。だが、太平洋戦争中の一九四二年に完成し、四四年のレイテ沖海戦で撃沈された武蔵は、敗戦後、長きにわたり半ば忘れられた存在だった。姉妹艦の大和が一貫して脚光を浴び、戦記や映画、アニメなどで繰り返し描かれたのとは対照的である。両者の差はどこから生まれたのか。建造から沈没までの軌跡を追い、さらには戦後日本の戦争観の変遷をたどる。

案内