カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1641 から 1660 件目(100 頁中 83 頁目) RSS

  • 美しすぎる数学
    • 桜井進/大橋製作所
    • 中央公論新社
    • ¥1100
    • 2014年09月
    • 要確認
    • 送料別
    • 2.0(1)
  • 町工場の職人技がつくりだした「数楽アート」。同作品の魅力を「補助線」に、その美しさを生んだ、壮大な数学の歴史物語を旅しよう!日本は伝統的に、ものづくり・アート・数学がバランスよく発展し、華道、建築、俳句が花開いた。日出づる国の数学文化の奥深さを楽しく解説。
  • 名探偵、大行進!
    • 赤川次郎
    • 光文社
    • ¥712
    • 2006年06月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.67(7)
  • 数え切れないほどのベストセラー作品を生み出してきた赤川次郎。それを支えるのが多くの名キャラクターたちー。作家生活30年を記念して、シリーズ・キャラクターの短編を網羅する企画の第2弾。「大貫警部」「マザコン刑事」「三姉妹探偵団」「花嫁」「こちら、団地探偵局」「華麗なる探偵たち」シリーズを収録。
  • 旧型国電50年(2)
    • 沢柳健一
    • JTBパブリッシング
    • ¥1980
    • 2003年08月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • 貴重な写真と形式図を満載。
  • 日本語の個性
    • 外山滋比古
    • 中央公論新社
    • ¥726
    • 1990年02月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.8(5)
  • 色彩心理学入門
    • 大山正
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 1994年01月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.9(10)
  • 色彩の研究は、ニュートンの実験に始まり今日の色表示体系に至る流れと、ゲーテの観察に始まる、色の主観的な体験の現象学の流れとがあり、そこに両者に欠けた色覚の生理学の流れが加わっている。さらに色には、感情や文化と結びつく複雑な側面もある。この広範囲におよぶ色彩のさまざまな問題を、主要な人物の貢献を紹介しつつ解説する。色彩への実用的知識が要求される現在、その課題にも応えてくれる格好な入門書となっている。
  • スキマの植物図鑑
    • 塚谷裕一
    • 中央公論新社
    • ¥1100
    • 2014年03月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 4.31(20)
  • 街を歩けば、アスファルトの割れ目、電柱の根元、ブロック塀の穴、石垣など、あちこちのスキマから芽生え、花開いている植物が見つかる。一見、窮屈で居心地の悪い場所に思えるが、こうしたスキマはじつは植物たちの「楽園」なのだ。タンポポやスミレなど春の花から、クロマツやナンテンなど冬の木まで、都会のスキマで見つけられる代表的な植物110種をカラーで紹介。季節の植物図鑑として、通勤通学や散策のお供に。
  • 日々の祈り
    • 五井昌久
    • 白光真宏会出版本部
    • ¥1760
    • 1980年04月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 新・日本の外交
    • 入江昭
    • 中央公論新社
    • ¥814
    • 1991年01月10日
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.11(11)
  • 軍事はもとより政治にまして経済を優先されてきた戦後日本は、世界有数の貿易黒字国・債権国となったいま、「持てる国」として世界経済の不均衡を助成していると批判される。そして、戦後世界秩序の大転換の中で、経済力と軍事力の間のギャップが不信感を呼んでいる。市民国家そのものが変貌し、協調と責任分担を根本理念とする、地球化時代というべき国際秩序の下で、日本に何が可能か。戦後五十年を検証して日本の未来を考える。
  • アーロン収容所 改版
    • 会田 雄次
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2018年01月22日
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.0(5)
  • 英軍は、なぜ日本軍捕虜に家畜同様の食物を与えて平然としていられるのか。女性兵士は、なぜ捕虜の面前で全裸のまま平然としていられるのか。ビルマ英軍収容所に強制労働の日々を送った歴史家の鋭利な筆はたえず読者を驚かせ、微苦笑させつつ西欧という怪物の正体を暴露してゆく。激しい怒りとユーモアの見事な結合がここにある。強烈な事実のもつ説得力の前に、私たちの西欧観は再出発を余儀なくされるだろう。
  • ベストセラー炎上
    • 西部邁/佐高信
    • 平凡社
    • ¥1650
    • 2011年09月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.33(17)
  • 6氏のベストセラーを徹底批評。炎の向こうに現代日本の歪んだ素顔が浮かぶ。朝日ニュースターで放送中の異色対談番組「学問のすゝめ」の書評シリーズから厳選収録。
  • 戦略論の名著
    • 野中郁次郎
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2013年04月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.23(25)
  • 戦略とは何か。勝ち抜き生き残るために、いかなる戦略をとるべきなのかー。古今東西の戦略思想家たちの叡智が結集された戦略論の中から、『失敗の本質』で知られる編著者が現代人必読の12冊を厳選。孫子、マキアヴェリ、クラウゼヴィッツの三大古典から20世紀の石原莞爾、リデルハート、クレフェルト、そして21世紀の最新理論まで網羅し、第一線の研究者が詳細に解説する決定版。各章末に「戦略の名言」を付す。
  • アデナウアー
    • 板橋拓己
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2014年05月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.15(7)
  • 第2次世界大戦の敗北により、人心・国土とも荒廃したドイツ。その復興を担ったのが、73歳で首相に就任、14年間その座にあったアデナウアーである。戦前、ケルン市長として活躍した彼だが、ナチに迫害され引退。戦後、保守政党を率い、「復古」「反動」のレッテルを貼られながらも、常に自国のナショナリズムを懐疑し、米仏などとの「西側結合」に邁進、ユダヤ人との「和解」にも挑んだ。「国父」と呼ばれる保守政治家の生涯。
  • 誇れる郷土データ・ブック(2020年版)
    • 古田陽久/世界遺産総合研究所
    • シンクタンクせとうち総合研究機構
    • ¥2750
    • 2019年12月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 本書では、令和新時代の国内外からの観光振興につながるユネスコ遺産(世界遺産、世界無形文化遺産、世界の記憶)、文化庁が新設した日本遺産、それに、誇れる自然環境や文化財などの地域資源を都道府県別に整理。また、参考データとして、日本の主な世界遺産地の観光入込客数の推移も掲載した。
  • 【輸入盤】『ドン・ファン』『死と浄化』『マクベス』、祝典行進曲 キリル・カラビツ&シュターツカペレ・ワイマール
    • シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)
    • Audite *classics*
    • ¥2721
    • 2018年04月21日
    • 通常3~7日程度で発送
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • カラビツ&シュターツカペレ・ワイマール第2弾は
    ワイマール宮廷劇場の第一楽長就任時代のR.シュトラウスの交響詩!

    プロコフィエフの革命20周年のためのカンタータの録音でも話題のキリル・カラビツ指揮、シュターツカペレ・ワイマール。期待の第2弾はR.シュトラウスの3篇の交響詩と祝典行進曲です。
     ここに収録された交響詩はR.シュトラウスがワイマール宮廷劇場の第一楽長に就任していた時期(1889〜1894)に手掛けられ、うち『マクベス』と『ドン・ファン』はワイマールの宮廷で作曲者自身の指揮により初演されております。ウクライナの俊英キリル・カラビツが明晰なタクトで情熱的に演奏しております。auditeならではの高音質録音でお楽しみください。(販売元情報)

    【収録情報】
    R.シュトラウス:
    ● 交響詩『マクベス』 Op.23(1890)(21:09)
    ● 交響詩『ドン・ファン』 Op.20(1888)(17:21)
    ● 交響詩『死と浄化(変容)』 Op.24(1889)(25:17)
    ● 祝典行進曲 Op.1(6:45)

     シュターツカペレ・ワイマール
     キリル・カラビツ(指揮)

     録音時期:2017年12月19-21日
     録音場所:ワイマール・ホール
     録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
    Powered by HMV
  • 物語韓国史
    • 金両基
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 1989年05月01日
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 2.4(6)
  • 5千年の歴史と文化が彩る韓半島には、中国・韓国(朝鮮)・日本など、東アジア諸国の歴史が孕むダイナミズムのなかに、韓民族の諸王朝が興亡する。本書は、檀君朝鮮の建国から1948年の南北分断までを「父が子に語る韓国史」として描く。
  • 日本の経済
    • 伊藤修(経済学)
    • 中央公論新社
    • ¥990
    • 2007年05月25日
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.28(11)
  • 日本の経済はどうなっているのか。本書は、その歴史と現状の両面にわたって、客観的なデータにもとづきつつ、その全体像を提示するものである。まず明治から今日までの歩みを、各種経済指標や国際比較を使って素描する。ついで、国際経済関係、産業、企業経営、職場と仕事、財政、金融などの現状を取り上げ、重要な論点を整理。さらに、アメリカ標準を安易に前提とする議論に対しては警鐘を鳴らし、代替案の可能性を模索する。

案内