カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1721 から 1740 件目(100 頁中 87 頁目) RSS

  • 組込み開発者におくるMISRA-C
    • MISRA-C研究会
    • 日本規格協会
    • ¥3740
    • 2004年05月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 3.5(2)
  • 本書は、MISRA-Cの詳細な解説書です。通して読めば、これが単なる車載用ソフトウェアを対象としたプログラミングガイドにとどまらず、広く一般の組込みソフトウェア管理者・技術者にとって、その基本的概念を知り、ルールを身につけるための良いテキストであることに気づくでしょう。
  • 信濃古代史考新版
    • 大和岩雄
    • 大和書房
    • ¥4620
    • 2013年12月
    • 取り寄せ
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 「信濃と古代ヤマト王権」「信濃と渡来人」「信濃の神と神社」の三つの視点から、現代の長野県人の原点である“古代の信濃”を俯瞰し、探求する。秦氏・秦の民と信濃国の関連に言及した論考を加えた新版。
  • なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?
    • 中島恵(ジャーナリスト)
    • 中央公論新社
    • ¥880
    • 2015年04月
    • 要確認
    • 送料別
    • 3.57(8)
  • 春節(中国の旧正月)にどっと押し寄せ「爆買い」パワーを見せつけた中国人。なかでも売れに売れたものが温水洗浄便座だ。なぜ彼らは日本製の高級便座に殺到し、買い求めていったのか?ここに中国人が日本にあこがれ、「本当は住みたい」とまで言う「秘密」が隠されている!
  • 雑草のはなし
    • 田中修
    • 中央公論新社
    • ¥924
    • 2007年03月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.5(10)
  • 庭の片隅で、都会の歩道のコンクリートの隙間で、雑草はひっそりと生きている。名も知らない草も多いが、子孫を残そうと懸命に生きる戦略には驚かされるものも多い。ハハコグサとチチコグサの花はどう違う?葉の小さいオオバコがなぜ「大葉子」なのか?ツキミソウはどうして夜に咲くのか?春夏秋冬の雑草の見つけ方、見分け方を一つひとつ写真と文章で紹介し、植物の生き方のふしぎを解き明かす。カラー130点。
  • 物語オーストラリアの歴史
    • 竹田いさみ
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2000年08月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.5(10)
  • APEC提案、カンボジア和平の国連提案、農業貿易の自由化など、オーストラリアは国際社会の構想を次々と実現してきた。中規模な国家ながらベンチャー精神にあふれた対外政策はどこから生まれてきたのか。さらにアジア系移民が暮らす多文化社会は、かつての白豪主義からの一八〇度の転換であり、社会革命といえる。英帝国、米国、アジア諸国との関係を軸に一五〇年の歴史空間を描き、新しい国家像の核心に迫る。
  • 茶の湯を愛したお殿さま
    • 八尾嘉男
    • 淡交社
    • ¥1320
    • 2015年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 織豊期から江戸時代へ移ると、武器を手に戦功を上げていたお殿さまたちも、求められる素養ががらりと変わってしまいます。政治能力や教養といったものが必要とされる時代、特に茶の湯は大名たちの嗜みであり、同時に癒しでもありました。27人のお殿さまの生涯をたどりながら、茶の湯を愛した姿をご紹介します。
  • 入門医療経済学
    • 真野俊樹
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2006年06月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.54(11)
  • よい病院とわるい病院を見分けるにはどうすればよいだろう。レストランや車なら、高い値段のものが質もよいと考えればほぼ間違いはない。しかし医療では名医でも新米の医者でも値段は一緒であり、経済法則は働いていないように思える。では、なぜ医療の値段は同じなのか。本書は、医療が持つこのような特徴を、「情報の非対称性」「市場の失敗」等の視点から経済学的に分析し、今後の医療制度改革の方向性を提示する。
  • 99・9%の人間関係はいらない
    • 安井元康
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2016年12月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(6)
  • なぜ周りの目を気にするのか?人付き合いを「リストラ」して「孤独力」を磨けば、キャリアは切り拓かれる!「非学歴エリート」として自分を貫く著者が、「自ら進んで社内で嫌われる」逆バリ戦略を伝授する。「飲み会を断ることで、かえって評価される方法」など仕事術が満載。
  • ル・コルビュジエを見る
    • 越後島研一
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 2007年08月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.89(12)
  • ル・コルビュジエのお洒落で格好いいイメージは、建築専門誌以外でも特集記事が組まれることが多く、広く知られている。いったい、彼の建築のどこが人々を魅了するのか。本書は、彼が遺した膨大な作品群の中から初期のサヴォワ邸と後期のロンシャン教会堂という「世紀の名作」を軸として、この二つの建築物の新しさ・美しさはどこにあるのかを解き明かしつつ、一人の建築家の足跡と、日本の建築家に与えた影響を探る。
  • 旧型国電50年(2)
    • 沢柳健一
    • JTBパブリッシング
    • ¥1980
    • 2003年08月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 4.0(1)
  • 貴重な写真と形式図を満載。
  • トラクターの世界史
    • 藤原辰史
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2017年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.14(20)
  • 19世紀末にアメリカで発明されたトラクター。直接土を耕す苦役から人類を解放し、作物の大量生産を実現。近代文明のシンボルとしてアメリカは民間主導、ソ連、ナチス・ドイツ、中国は国家主導により、世界中に普及する。だが農民や宗教界の拒絶、化学肥料の大量使用、土嬢の圧縮、多額のローンなど新たな問題・軋轢も生む。20世紀以降、この機械が農村・社会・国家に何をもたらしたか、日本での特異な発展にも触れて描く意欲作。
  • 科学史年表増補版
    • 小山慶太
    • 中央公論新社
    • ¥1078
    • 2011年03月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.17(9)
  • 科学の歴史を辿ると、偉大な発見は、地道な観察・研究だけでなく、偶然の結果から生まれたものも多い。そこには、自然の原理を解明しようと情熱を傾けた「科学者」たちの創意工夫と試行錯誤があった。「近代科学」が生まれた十七世紀から、宇宙や生命の神秘に自然科学が迫る現代まで、物理・天文・化学を軸に、四百年の歩みを年表形式で読み解く科学史ガイド。二〇一〇年までを新たに増補した最新版。
  • ブラジルの流儀
    • 和田昌親
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 2011年02月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.33(13)
  • 「21世紀の勝ち組」と言われるブラジル。サッカーW杯、リオ五輪のダブル開催も決まった。長い間、政治的・経済的に不安定で、社会矛盾も深根かったが、ルラという希代の指導者のもと、「風格ある大国」に生まれ変わろうとしている。資源と食料で不安を抱える日本にとって、その双方を豊富に持つこの国は、救世主に違いない。危機に強い国民性から、芸術的サッカーまで、ブラジルの驚きの「流儀」がいま明らかになる。
  • R&B馬鹿リリック大行進
    • 高橋芳朗/宇多丸
    • スモール出版
    • ¥1760
    • 2016年02月27日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 3.5(4)
  • オシャレでアーバンな海外のR&B…でも、その歌詞をよく読んでみたら、しょーもない下ネタだった!TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』で大反響を巻き起こした、伝説の特集シリーズを完全書籍化。爆笑できてタメになる、音楽の再発見と探究の書!
  • 戦前日本のポピュリズム
    • 筒井 清忠
    • 中央公論新社
    • ¥1012
    • 2018年01月22日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.56(11)
  • 現代の政治状況を表現するときに用いられる「ポピュリズム」。だが、それが劇場型大衆動員政治を意味するのであれば、日本はすでに戦前期に経験があった。日露戦争後の日比谷焼き打ち事件に始まり、怪写真事件、満洲事変、五・一五事件、天皇機関説問題、近衛文麿の登場、そして日米開戦。普通選挙と二大政党制は、なぜ政党政治の崩壊と、戦争という破滅に至ったのか。現代への教訓を歴史に学ぶ。
  • 歴代天皇総覧
    • 笠原英彦
    • 中央公論新社
    • ¥1034
    • 2001年11月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.55(14)
  • 天皇は古代より連綿と代を重ねてきた。壬申の乱、承久の乱、南北朝動乱などの激動を乗り越え、その系譜は千年以上にわたって続いている。皇位継承はどのように行われ、どう変質をとげたのか。摂政・関白、将軍、執権といった時の権力との関わりはいかなる推移をたどったのか。記紀に記される初代神武天皇から昭和天皇に至る百二十四代と北朝天皇五代すべての生涯と事績を丹念に叙述する。巻末に系図、索引を付す。

案内