カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

更新 の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1761 から 1780 件目(100 頁中 89 頁目) RSS

  • 壬申の乱
    • 遠山美都男
    • 中央公論新社
    • ¥902
    • 1996年03月
    • 取り寄せ
    • 送料別
    • 3.37(9)
  • 六七一年十月、天智天皇の弟大海人皇子(天武天皇)は王位継承を断わり吉野に隠棲。翌月、天智の子大友皇子は大海人を討つべく五人の重臣と盟約を結んだ。天智後継の座をめぐる壬申の乱の発端である。天智は大友かわいさで大海人を疎外したのか。大友は絶えず後手にまわり敗れ去ったのか。王位継承をめぐる対立はなぜ大規模な戦争に発展したのか。通説を再検討し、古代最大といわれる攻防のドラマを再現、その歴史的意義に迫る。
  • 塩の行進
    • 春日いづみ
    • 現代短歌社
    • ¥2970
    • 2018年08月
    • 取り寄せ
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 第四歌集。
  • 遊女の文化史
    • 佐伯順子
    • 中央公論新社
    • ¥836
    • 1987年10月01日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.57(10)
  • 遊女とはかつて「性」を「聖なるもの」として生き、神々と共に遊んだ女たちであった。本書は従来の遊女史の枠を越え、万葉集、謡曲、梁塵秘抄、から御伽草子、近松、西鶴、荷風、吉行淳之介に至るまで、文学に現われた遊女像の系譜を辿りつつ、文化を育んだ「遊び」の姿を明らかにする。ホイジンガの遊戯論に示唆され、比較文学の手法を駆使して試みられた遊女論であると共に、新しい文化論、女性論への展望を拓く意欲作。
  • 茶の湯の銘 物語のことば
    • 淡交社編集局
    • 淡交社
    • ¥1100
    • 2013年11月06日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • いかめ坊、石間の水、入り方の月、岩の生ひ先、追ひ風用意、荻の上風…「物語」と「随筆」につむがれ、織りこまれ、読みつがれてきた日本の美しく豊かなことば。銘に使いたい古典のことば、650語。
  • 中学校新学習指導要領の展開理科編(平成29年版)
    • 後藤顕一/田代直幸
    • 明治図書出版
    • ¥1980
    • 2017年11月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • すべての内容の指導ポイントを明示。問題解決過程を重視した学年ごとの重点と単元計画を紹介。主体的・対話的で深い学びを実現する新授業プランを収録。
  • 小学校新学習指導要領の展開(社会科編)
    • 北俊夫/片上宗二
    • 明治図書出版
    • ¥1980
    • 2008年11月
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 5.0(1)
  • 本書では、社会科の学習指導要領の本文はもとより、それを解説した内容(解説書)を踏まえて、これからの社会科授業のあり方や方法等についてわかりやすく説明するとともに、各学年、各単元(小単元)ごと指導計画例を具体的に示した。
  • 蒙古襲来と神風
    • 服部 英雄
    • 中央公論新社
    • ¥946
    • 2017年11月21日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.78(12)
  • 鎌倉中期、日本は対外戦争を経験する。二度にわたる蒙古襲来(元寇)である。台風が吹き、文永の役では敵軍が一日で退散し、弘安の役では集結していた敵船が沈み、全滅したとされる。だが、それは事実なのか。本書では、通説の根拠となった諸史料の解釈を批判的に検証。戦闘に参加した御家人・竹崎季長が描かせた『蒙古襲来絵詞』ほか、良質な同時代史料から真相に迫る。根強い「神風史観」をくつがえす、刺激に満ちた一冊。
  • 現代日本の地政学
    • 日本再建イニシアティブ
    • 中央公論新社
    • ¥990
    • 2017年08月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(2)
  • 国家の行動を地理環境と結びつけて考える「地政学」が復活している。米国主導の秩序と日米同盟に守られていた日本だが、中国の軍拡による脅威は深刻だ。さらに経済力で地政学的利益の実現を目指す中国の手法は「地経学」時代の到来を示す。北朝鮮の核やロシアの動向のほか、エネルギー、サイバー戦争、気候変動など地球規模のリスクの影響も大きい。トランプ米政権のもと、日本がとるべき戦略を俊英13人が描く。
  • 中東イスラーム民族史
    • 宮田律
    • 中央公論新社
    • ¥968
    • 2006年08月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.45(12)
  • アラブ・イスラームの正統な後継を自任し、イラク戦争後の新秩序を模索するイラク、サーサーン朝以来の繊細華麗な文化を誇り、核開発を巡って西欧諸国との対立を深めるイラン、多様性を内包し、EU加盟を目指してヨーロッパとアジアの境界を問うトルコー。イスラームを共通の基盤としつつ、競合と協調を繰り返してきた三民族の歴史を辿り、米、欧、露、イスラエルを巻き込んで展開される地域のダイナミズムを描く。
  • 人民元は覇権を握るか
    • 中条誠一
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 2013年05月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(2)
  • 近年、ユーロ圏の財政・金融危機が取り沙汰される一方で、国際通貨であるドルの脆弱性もささやかれている。依然ドルの影響力が大きいアジア圏では、経済成長いちじるしい中国の人民元が、今後、基軸通貨として擡頭してくるだろう。しかし人民元の覇権は、日本経済を衰退させる危惧があるのみならず、アジア諸国の安定成長を阻害しかねない。日本の通貨戦略はどうあるべきか。アジア経済の今後を占う。
  • 科学的方法とは何か
    • 浅田彰
    • 中央公論新社
    • ¥858
    • 1986年09月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(2)
  • いま諸科学が各々の世界で変貌しようとしている。しかもそれは互いに連動し合っている。ゆらぎをはらんだ現実との対話によって自らもゆらぎを示す科学の実像とは何か。本書は生物学、霊長類学、経済学、数学、哲学の第一線が直面する課題を報告、そのもとに二重らせんとセントラル・ドグマ、部分と全体、ポパーの反証主義、カオスとフラクタル、自己組織性などをめぐって討論し、現代思想の核心に迫ろうとする、知的興奮に満たち試みである。
  • 社会保険・労働保険の基本手続き
    • みらいコンサルティング
    • 労務行政
    • ¥4950
    • 2018年01月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 「採用から退職までの手続き」と「事業所の定期的な手続き」に分けて解説。手続き業務の負担が少しでも軽減できるよう、各種届け出の記載例も数多く掲載。社会保険・労働保険の実務や手続きに戸惑ったとき、新任担当者向けのテキストとしてご活用ください。

案内