カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1781 から 1800 件目(100 頁中 90 頁目) RSS

  • 天虹船(2)
    • 四位広猫
    • ビブロス
    • ¥586
    • 1997年05月02日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 夜にかかる虹(下巻)
    • 平井和正
    • エー・ブイ・エス
    • ¥1388
    • 1990年07月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 常に時代をリードしてきたSF界の巨匠の集大成エッセイ集。超ベストセラー群の隠されたエピソード満載。孤高の作家の内なる魂の凝縮。
  • 嵐の中の虹
    • キャスリン・シェイ/竹内喜
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥946
    • 1999年03月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ミッチは問題生徒の更生プログラムで高校に出向することになった。彼は、緑の瞳に広い肩を持つ長身の現役警部。学校で待ち受けていたのは、警官に強い敵愾心を抱く生徒ジョニー、元ギャンググループのメンバーだ。さらに、そのジョニーを温かく見守る美しい女教師キャシーも大の警官嫌いだった。考え方の違いから、ミッチとキャシーは激しく反発し合う。それでも授業を進めるうち、いつしか互いに惹かれていった。しかし二人には、それにジョニーにも、人に語れない過去があった。温もりを求めながらも、三人は重い過去に縛られ相手を傷つけてしまう。ある日授業のなかで、突然ミッチの悪夢がよみがえってきた。ついに、たくましい警官の仮面がはがされていく。忌まわしい過去から解放されるとき、三人に見えたものは…。
  • バラと虹とあなた
    • サンドラ・カンフィールド/西田ひかる
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥918
    • 1995年05月
    • 要確認
    • 送料別
    • 5.0(1)
  • 「踊りませんか」スーパーボウルの前夜祭のパーティーで、アレックスはフットボールのスター選手パトリックに声をかけられた。でも彼女は申し出を受けることができない。ここ何年か関節炎に悩まされ、杖なしでは歩くことさえできないのだ。今夜も、同じ病気で苦しむ子供たちを励ますキャンペーンのために、脚の痛みを押してやってきたのだった。こんな障害を知ったら、彼は決してわたしを誘ったりはしないはず…。アレックスは自分の考えに傷つきながら彼の誘いを断ると、杖を取って逃げるようにパーティー会場をあとにした。翌朝、アレックスのもとに白いバラの花束が届いた。添えられた謝罪のカードを見るまでもなく彼女にはそれがパトリックからだとわかっていた。彼はほかの男性とは違う。アレックスにはそんな予感があった。けれど、そう思えば思うほど、彼女の苦しみは増していくのだった…。
  • 虹とユニコーン
    • レベッカ・フランダース/飯沢 暁
    • ハ-レクイン
    • ¥737
    • 1987年04月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 小さな花屋を経営するフェイス・ヒリヤードは、この何日か大忙しだ。初めて、手に余るほどの仕事を請け負ってしまった。ある結婚式の、花にかかわる一切を引き受けたのだ。当日は、悪いことに怠け者の助手が現れず、フェイスはたった一人、大わらわで教会とその祭壇を花で飾った。脚立にのぼり花のアーチを作っていたフェイスが、バランスをくずして落下し、見知らぬ男の腕に抱き止められたのは、一瞬の間の出来事だった。僕は君と結婚しようと思う-天からの贈り物でも受け止めたように、その男は言った。彼の目に、フェイスは、これまでに見たこともない、優しく、あたたかで、誠実な光を見た。その目に見つめられて苦しむ日が来るなどとは、その時フェイスは思ってもみなかった。
  • 虹色の地獄
    • 高千穂遙
    • 朝日ソノラマ
    • ¥598
    • 1983年04月
    • 要確認
    • 送料別
    • 5.0(1)
  • インディにかかる虹
    • カレン・フィールド/日野てるこ
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥918
    • 1993年11月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • “インディ500”の開催を前にわき立つインディアナポリス。だが、エレインの心はうかれ騒ぎとはほど遠かった。キースったら、なぜこんなことに巻き込まれてしまったの…。小説家の卵である弟のキースは、新作のための体験取材のつもりで、雑誌に載った殺人を匂わす求人広告に応募し、うかつにも手を引けない状況に陥ってしまったのだ。しかもそのことを、やっかいな第三者に知られてしまった。ポール・クーパーー、よりにもよって、雑誌記者に。実は、エレインとキース姉弟には、他にも世間に知られてはならない秘密がある。それが今、キースの考えなしな行動によって露呈の危機にさらされていた。弟の将来も、やっとつかんだわたしの仕事上の地位も、ポールはきっとめちゃめちゃにしてしまうわ…。
  • マレーシアの虹
    • カレン・ヴァン・デア・ゼー/飯田 冊子
    • ハ-レクイン
    • ¥572
    • 1987年03月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 2年間愛し合ってきたウエイトに殴られ、リンデンは彼と別れる決心をした。楽しい思い出が走馬灯のように頭をよぎるけれど、同じ画家としての自分に向けられる嫉妬に、もう耐えられない。彼女は幼いころに暮らしたペランギ島へ帰ることにした。マレーシアの虹の島-ペランギにある、高床式のあの家に。
  • 虹をさがして
    • ダイアン・キング/西田 ひかる
    • ハ-レクイン
    • ¥825
    • 1986年05月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 星の降る夜-“男”はいつも不意に現れる。石油をもとめて世界を駆ける男、ローガン・ジェームズと出会ったのは夜の庭園だった。新進弁護士ニコラは28歳。女であり、妻であるまえに、ひとりの自立した人間でありたいと思ってきた。気がつくと、先輩弁護士の夫とのあいだにはいつからかすきま風が吹いていた……。やがて、突然降りかかった夫の死。再出発の決意を胸に、ひとりロンドンへ向かうニコラ。運命が仕組んだ罠か、思いがけないローガンとの再会。しかし、過去の苦い経験がニコラをためらわせる。このまま引きずられたくない。愛を確かめるまでは……。
  • 情熱の虹
    • カスリーン・オブライエン/久坂翠
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥630
    • 1992年06月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • いつまでも待っているというエヴァンの求愛の言葉を頼りに、ダーシーは、妹を連れて彼の住む島を訪れた。愛してもいない彼と結婚する決意を固めたのには理由がある。日増しに美しくなっていく十五歳の妹を、亡き母の四番目の夫ジョージの毒牙から守るとともに、父の遺産である会社の経営権をジョージの手から奪い返すためだ。遺産は母の遺言で、ダーシーが二十五歳になるか結婚するまでは彼女の自由にならず、ジョージが一手に管理していた。ところが、ダーシーの思わくをよそにエヴァンは長期不在中で、彼女たちを出迎えたのは彼の兄マイルズだった…。
  • 虹のシンフォニー
    • ローリ・ページ/福島純子
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥572
    • 1988年07月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • フェリーはシャンプレイン湖の水面を滑るように進んでいった。デッキに立つサンディの髪がなびいている。シンガーソングライターのサンディーは、生活観の違いからロッド・パワーズと離婚し、息子とふたり、バーモント州の森の中でひっそりと暮らしていた。それが、孫に会いたいというロッドの父親の招きを受け、今日ふたたび、思い出深い湖畔へと戻ってきたのだ。二年前に別れた夫との再会を、心のどこかで予測しながら、サンディーはパワーズ家のロッジに着く。過去の思い出にふけるサンディーの前に、ロッドがあられた。見知らぬ女性を伴い、落ち着いた様子で…。得体の知れない痛みが、サンディーの体を走り抜けた。
  • 虹に続く道
    • ローリー・ブライト/横田緑
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥544
    • 1995年03月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ポケット一杯の虹
    • マリ・フェラレーラ/ほんてちえ
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥662
    • 1989年04月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ビッグ・ショウの開幕予定日まで、あと三週間もない。プロデューサーのマギー・コールはパニック状態に陥っている。鳴りっぱなしの電話は大スターたちからのわがままな要求か文句、あるいはあちこちからのお金の請求だ。しかし、これは誰のせいでもない。全米各地から有名スターをブロードウェイの劇場に集めて開く豪華なチャリティ・ミュージカルショウを企画し進行しているのは、ほかならぬマギー自身なのだから。最大の問題は経費の不足だ。各界から寄付を集めたが、開幕にこぎつけるには、どうしてもまだ二十五万ドル足りない。最後の頼みはウォルビー基金という財団、理事長が芸能界嫌いで、説明を聞いてくれようともしない。そこでマギーは策を講じ、自分の魅力のありったけを賭けて、理事長ブレント・ソマフィールドへのアタックを開始した。
  • 遺跡にかかる虹
    • リン・エリクソン/石川園枝
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥822
    • 1990年03月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 「この壷は偽物だ」ロビンの店にふらりと入ってきた男がいきなり言った。「えっ?いったいなんのこと…」ここサンタフェでロビンが写真店を開いて一年になる。彼が指さしているのは、彼女がインディアンの村に行ったとき、そこで壷を焼いていた職人から借りて撮影した写真だ。アダムと名乗るのその考古学者は、その壷が古代の壷の贋作だと言うのだ。「贋作を作るのは犯罪なんだ。ぼくと一緒にこの壷を作った職人を捜しに行ってほしい」彫りの深い顔だちに神秘的な雰囲気を漂わせた、アパッチインディアンの血を引くアダムに惹かれるまま、ロビンは事件に介入していく。だが、彼女の周囲には次々と犯人からの警告がー。

案内