カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1821 から 1840 件目(100 頁中 92 頁目) RSS

  • 虹の麗人完全版
    • 山藍紫姫子
    • 白夜書房
    • ¥1258
    • 1992年06月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 5.0(1)
  • 好評、大絶賛の『瑾〓花』に続く、山藍紫姫子、待望の第二弾、名作『虹の麗人』完全版。
  • 虹のように消えてゆく
    • miyu
    • ぶんか社
    • ¥1188
    • 2009年09月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ナオはドジで目立たないフツーの女子高生。生まれたときからおさななじみのシンに片想いをしている。でも成績優秀でクールなシンは知ってか知らずか気のない態度。そんなシンにやきもきさせられているナオの前に、超・美少女の転校生・舞が現れた。お嬢様でかわいくて頭もよい。ナオから見ると完璧な美少女の舞はシンに果敢にアタックをはじめて-。シンとナオと舞。3人の恋と思惑が錯綜し、忘れられない運命の夏がはじまった。COCORO BOOKS大賞S*girl賞受賞作。
  • たまばあちゃんと虹色あさがお
    • あみたによしみ/虎山もとは
    • 新風舎
    • ¥864
    • 2006年09月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 少しめんどくさがりやのこうちゃんはある日、たまばあちゃんからあさがおの種をもらいました。なんとそれは、願いをかなえる虹色のあさがおがさくかもしれないという、不思議な種だったのです。あさがおをきちんと育てたことがないこうちゃんは「今度こそ!」とがんばるのですが…。ぼくらの毎日は、おどろきとかんげきの連続!子どもたちの“気づき”をうながす、10作の短編を収録。
    • 水木増雄
    • 日本文学館
    • ¥1080
    • 2007年01月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 虹色フェアリーテイル
    • 鏡国亜利珠
    • 新風舎
    • ¥1296
    • 2006年05月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 15歳の日常、現実、悩み、葛藤、希望…いつまでもまっすぐに向き合い、その想いを感じたままに綴った純度100%の詩集。
  • 虹色の雫
    • 小田雅子
    • ながらみ書房
    • ¥2700
    • 2000年07月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 虹の下
    • 安野栄子
    • 葉文館出版
    • ¥1620
    • 1999年09月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
    • megm″
    • 新風舎
    • ¥1404
    • 2005年03月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • どしゃぶりの雨のときもあるし、キラキラ輝いているときもある。雨のあとの空に虹が出るように、私の心にも大きくてきれいな七色の虹がかかるよ。
  • 虹色のレシピ
    • OnodaIzumi/YamazakiHiroyasu
    • 新風舎
    • ¥972
    • 2004年06月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 虹色の吐息
    • ジュリー・ケナー/竹原麗
    • ハーパーコリンズ・ジャパン
    • ¥745
    • 2003年10月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • リサは映画プロデューサーをめざす野心家の女性。恋人のケンが念願のレストランをオープンした日、彼女は大物プロデューサー、ティレルから仕事の誘いを受ける。願ってもないチャンスとばかり、リサはその仕事に飛びついた。たとえケンと離れ離れになっても、キャリアを集むほうが大事だった。五年後、彼女は苦しい生活を送っていた。ティレルの会社が倒産し、彼の薬物疑惑がリサの身にも飛び火して、満足に職に就けない有様だ。一方、ケンは高級レストランを次々オープンし、時代の寵児に。マスコミからレストラン内を撮影させてほしいと取材が殺到している。取材陣の中に、かつての恋人が紛れ込んでいるのにケンは気づいた。藁をもつかむ思いでリサが彼を頼ってきたのだ。苦い再会を果たす二人。愛憎の狭間で二度目の恋の幕が上がった。
  • 虹よ、冒涜の虹よ(上巻)
    • 丸山健二
    • 新潮社
    • ¥720
    • 2003年08月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 二人の首領を同時に射殺する暴挙に出た気鋭のやくざ「真昼の銀次」は北国の海岸に立つ高さ100Mの電波塔に潜伏した。人間らしい生き方を選んだ元舎弟の世話になり、大自然の移ろいに身を委ねているうちに、銀次が徹したはずの悪はひび割れてゆく。そんな銀次を“仮面”があざ笑い、“死に神”が地獄へと引きずり込もうとする。そこへ老彫り師が現われ、刺青を彫らせてくれと頼む。
  • 虹よ、冒涜の虹よ(下巻)
    • 丸山健二
    • 新潮社
    • ¥720
    • 2003年08月01日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 自身を絶対悪に染めあげるため、虹の刺青を背負った銀次だが、死が周辺の人間に相次ぐ事態に直面して、魂が揺らぐ。生にも死にも見限られ、その狭間であがくアウトローが最後に対決した相手とは…。想像力と言語表現の限りを尽くした豊饒な文体と、従来のハードボイルドを寄せつけない凄まじい緊張の世界が、読む者を圧倒する。人跡未踏の小説世界を築いた丸山文学の傑作長編。

案内