カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

食欲 の検索結果 標準 順 約 520 件中 341 から 360 件目(26 頁中 18 頁目) RSS

  • 摂食障害治療のこつ
    • 下坂幸三
    • 金剛出版
    • ¥3520
    • 2001年05月
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 本書は摂食障害治療の第一人者として重症例・慢性例と取り組んできた著者が、おのずと到達したその治療の「こつ」を、余すところなく披瀝するものであり、摂食障害という病気に苦しむ本人と家族をともに援助するという視点から書かれた、実践的な臨床書である。
  • ち-ママ・マリアの夜まで待てない
    • 清水マリア
    • 早稲田出版
    • ¥1320
    • 2006年10月
    • 要確認
    • 送料別
    • 5.0(1)
  • 携帯サイト「The News」の人気コーナー。ちーママ・マリアが、ドレスの下の本音をポロリ…銀座のクラブのナイショ話。「おとなのじかん」を満喫していますか?銀座でモテるコツ、こっそりお教えします。
  • からだの成り立ちと食べ物
    • 山元寅男/近江雅代
    • 講談社
    • ¥2200
    • 2008年02月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 消化吸収される「幸せな食べ物」になるために用意されたのは緻密で繊細、華麗なる舞台。消化器系で展開される運命の27章。
  • 腸内フローラと生体ホメオスタシス
    • 光岡知足
    • 学会出版センター
    • ¥4912
    • 1989年12月
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 1988年11月25日ヤクルトホールで開催された第9回理研腸内フローラシンポジウムでは、「腸内フロラーと生体ホメオスタシス」を主題とし、腸内フロラーが食餌を介して宿主の生理、免疫、発癌、老化にどのように影響を及ぼしているかについて、基礎的な観点から討論された。本書は、そのときの内容をまとめたものである。
  • 野川さくらのマシュマロ♪たいむ #3
    • 野川さくら
    • (株)バンダイナムコアーツ
    • ¥2380
    • 2005年10月05日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 数々のアニメ・キャラクターを演じる野川さくら。彼女が発信する人気ラジオ番組『マシュマロ♪たいむ』がCDとなってさらにフワフワな時間を提供。豪華ゲストと盛り上げるドラマやトークが満載だ。
  • 救急・集中治療ビジュアル診断
    • クリストファー・P.ホルステージ/アレクサンダー・B.ベーア
    • 西村書店(新潟)
    • ¥7150
    • 2014年08月
    • 在庫あり
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(1)
  • 栄養代謝テキスト
    • 山下亀次郎
    • 文光堂
    • ¥3080
    • 1997年11月
    • 要確認
    • 送料無料(コンビニ送料含む)
    • 0.0(0)
  • 本書は、医師、コメディカルのスタッフを主な対象とした。特に臨床における栄養学に興味を持っておられる医員と研修医、食事指導にたずさわる栄養士などの方々に基本的な栄養代謝の知識を無理なく修得していただけるように、なるべく図解を試みながら手頃な「栄養代謝テキスト」として執筆したものである。
  • オスとメスと男と女
    • 和秀雄
    • 子どもの未来社
    • ¥880
    • 2004年11月
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.0(1)
  • サル好きの民族といわれる日本人の間では、「サルはマスターベーションを覚えたら死ぬまでやめない」「死んだわが子を抱きつづける母性愛あふれる母ザル」など、「生と性」にまつわるサルの話は、どこかおろかしく「本能」が誇張されている。そんなイメージを払拭し、サルたちの暮らしぶりをじっくり観察してみよう。出産や子育てさえ、学習しなければできないのは、サルもヒトと同じ。サルたちの姿から、わが身をふり返ってヒトの「生と性」を考える、サル研究者のユーモアあふれる報告書。
  • 起きてから寝るまで表現550(日常生活編)
    • Active English編集部/吉田研作
    • アルク(千代田区)
    • ¥1628
    • 2000年03月
    • 要確認
    • 宅配送料無料
    • 5.0(1)
  • 本書は、日本の、変化に富んだ四季の移り変わりと生活の陰影の中から生まれる、さまざまなつぶやきと動作の表現を英語にして、1月から12月まで12の章に分けて掲載したものです。単身者のつぶやきが多かった既刊の4作に比べ、本書には、夫婦、親と子、親戚・近所付き合いなど、さまざまな人間関係にかかわる表現が、各月の基本編の次に、応用編として取り上げられているのが特徴です。
  • 本能のなぞ
    • 大村裕(神経生理学)
    • 読売新聞社
    • ¥1320
    • 1987年02月
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 脳の機構は、謎を秘めた最後の秘境といわれている。とくに性欲、食欲などの本能の働きは、もっともわかりにくいものだった。しかし、最近それを解く鍵が続々と登場してきた。それは、食欲調節物質、睡眠物質、記憶物質などの発見と神経細胞の機構の解明である。なかでも食欲の機構は、本能の機構のなかでもはじめて明らかになったものだ。無数の物質とミクロの細胞との戦いの末に、大村裕教授のつかんだ本能の真実の姿はー。

案内