カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

PHP の検索結果 標準 順 約 2000 件中 641 から 660 件目(100 頁中 33 頁目) RSS

  • 百年先が見えた男
    • 江上 剛
    • PHP研究所
    • ¥858
    • 2019年05月10日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 松下幸之助に「美しい経済人」と評された稀代の経営者・大原總一郎ー。数々の分野でシェアNo.1を誇る企業=現在のクラレを創り上げた男の生涯は、波乱に満ちたものだった。国産第一号の合成繊維「ビニロン」の事業化や、国交回復前の中国へのプラント輸出…。激動の昭和史を背景に、“百年先が見えた経営者”と言われた男の人生を描いた感動のノンフィクションノベル。
  • いじめを生む教室
    • 荻上 チキ
    • PHP研究所
    • ¥1012
    • 2018年07月13日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.13(19)
  • 「いじめ問題」を解決するために必要な知識とは何か。連日のように悲惨なニュースが報じられ、そのたびに多くの議論が交わされるが、その中には具体的な根拠に欠ける当てずっぽうな「俗流いじめ論」も少なくないと著者はいう。一方で、メディアには取り上げられずとも、いじめが社会問題化して以来30年以上にわたり、日本でも世界でも数々の研究が行なわれ、多くの社会理論が磨かれてきた。本書では、そうした数多くの研究データを一挙に紹介しつつ、本当に有効ないじめ対策とは何かを議論する。いじめ議論を一歩先に進めるために、必読の一冊。
  • 人生を逆転させた男・高橋是清
    • 津本陽
    • PHP研究所
    • ¥924
    • 2017年11月08日
    • 要確認
    • 送料別
    • 4.0(1)
  • 留学先の米国で奴隷同様の扱いを受けながら、首相にまで上り詰めた男がいた。教師、官吏、相場師、銀行員と様々な職を経験し、失敗を繰り返しながらも、性来の楽天主義と自学自得の精神で、日銀総裁、大蔵大臣、首相となった高橋是清。世界恐慌、日露戦争の戦費調達など、大国を相手に国家の誇りを捨てず堂々と渡り合い、幾度も日本の危機を救った男の生涯に迫った力作評伝。
  • 100万円が1年で貯まるお片付け
    • きさいち 登志子/荻原 博子
    • PHP研究所
    • ¥1320
    • 2019年10月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 家計簿が苦手・収入が少なくても大丈夫!あなたのとなりの貯め上手さんが当たり前のようにやっている方法を紹介します。
  • 地銀衰退の真実
    • 浪川 攻
    • PHP研究所
    • ¥957
    • 2019年04月25日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(3)
  • 荒波が地銀を襲う。スルガ銀行の不正融資やアパートローン、厳しいノルマによる過剰融資など課題は山積するばかり。一方、堅調を維持する信用金庫・信用組合は、顧客からの「信用」を蓄積し、顧客の要望を地元のビジネスに転換している。両者の違いは何か。地銀が直面する問題は私たちの組織でも十分起こりうる。トップから現場の営業パーソンまで、全国各地に赴き取材を重ねてきた著者による地域金融の未来を描く予言書であり提言書。
  • 生産性2倍の整理術
    • 「THE21」編集部
    • PHP研究所
    • ¥990
    • 2019年06月28日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.5(2)
  • ミスが激減する!仕事が速くなる!最強の「片づけ術」モノを捨てると心も晴れる!
  • 人生という作文
    • 下重暁子
    • PHP研究所
    • ¥858
    • 2015年11月13日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(1)
  • 「書くとはすなわち、自分自身を見つける事だ」と著者は説く。フロイトの提唱した精神療法のように、無意識下の自分、まだ見ぬ自分を知る。それが「書く」という行為が持つ真の力だ。本書では「なぜ・何を・どう」書くのかについて、著者が二十年来続けているエッセイ教室などの例を挙げ具体的に解説する。書く手段は、日記でもブログでも、エッセイや旅行記でも良い。人間関係・仕事・家族・老い…。あらゆる悩みや迷いは「書く」事で乗り越えられる。単行本『最後はひとり』(PHP研究所)に加筆、再編集し、巻末に松本清張賞作家・山口恵以子氏との対談を加えた改訂新装版。
  • 面白くて眠れなくなる人体
    • 坂井建雄
    • PHP研究所
    • ¥726
    • 2018年02月01日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 2.5(2)
  • これだけ科学や医療が発達しても、人体はまだまだ謎だらけ。どんなコンピュータでも敵わない、「生命の営み」の精緻なメカニズムを知れば、きっと自分の身体を“見る目”が変わるはず。本書は、「食べ物をノドに詰まらせるのは人間だけ?」「唇が赤い理由は?」「脳そのものは痛みを感じない?」など、身近な疑問から“人体のふしぎ”をわかりやすく解説します。病気と健康への意識も高まる一冊。
  • しあわせの黄色いバス
    • あべ美佳
    • PHP研究所
    • ¥726
    • 2018年01月09日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 1.0(1)
  • 初添乗に臨む新人バスガイドの美織。しかしアナウンスは拙く、失敗してばかり。そんな彼女を見かねて、助け船を出したのは、一人の女性客で…(「東京のバスガール」)、国際結婚した若い妻の不機嫌に右往左往する夫(「嫁に来ないか」)、共同経営者と訣別した女性の携帯に届いた音楽に込められたメッセージとは?(「なごり雪」)など、一台のバスに乗り合わせた人々の人生模様を、昭和の名曲とともに綴る傑作短篇集。
  • 鯖猫長屋ふしぎ草紙(六)
    • 田牧 大和
    • PHP研究所
    • ¥836
    • 2019年03月10日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.38(8)
  • 江戸は根津宮永町にある「鯖猫長屋」の朝は、今日も賑やかだ。長屋の面々を“仕切って”いるのは、鯖縞模様の三毛猫サバ。そんなサバには人間の子分が二人いる。飼い主で画描きの拾楽と、「成田屋の旦那」と呼ばれている定廻同心・掛井だ。その掛井が手下の平八をかばって窮地に立たされる。拾楽がサバの力を借り、事件の核心に迫っていくと…。謎解きと人情が交錯する人気シリーズ第六弾。
  • 本当に怖いキラーストレス
    • 茅野 分
    • PHP研究所
    • ¥946
    • 2018年06月15日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.5(2)
  • うつ病などのメンタルヘルス疾患を発症し、休職や退職をせざるをえないビジネスパーソンが、年々増加の一途をたどっている。正規社員になれば、むごい働き方でストレスを受け、非正規雇用を選択すれば経済的窮地に陥るー継続的な我慢をせずに、仕事を続けていられる人など、ほんの一握りにすぎない。また日本人の三大死因「がん」「心疾患」「脳血管疾患」を引き起こす根本原因もストレスなのである。本書は、人を死に至らしめる心因としての「キラーストレス」の正体と、ストレスから身を守るための対処法を三つのキーワード「頑張らない」「あきらめる」「空気を読まない」を中心に詳説する。
  • 愛されて仕事ができる人の「対応力」
    • 西 真理子
    • PHP研究所
    • ¥1430
    • 2019年06月28日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.0(1)
  • 外資系企業秘書の経験から磨かれた明日を生きる女性の行動ルール。文句を言う人、不機嫌な人への対処法も紹介。
  • 本当はカラダに悪い100のこと
    • 『PHPくらしラク〜る♪』編集部
    • PHP研究所
    • ¥1320
    • 2016年11月15日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 健康のために「よかれ」と思ってしてきたこと、知らず知らずのうちに日々習慣となっている生活スタイルが、じつは体に悪いことだった…!?本書は、月刊誌『PHPくらしラク〜る』の増刊号として発行した「本当はカラダに悪い100のこと」と、「本当はカラダに悪い食べもの」の中から記事を選りすぐり、2部構成でまとめました。第1部は食事や食べものなど「食」にまつわる話、第2部では、「食」以外の日常生活で出合うさまざまな話を集めています。
  • 学校では教えてくれない戦国史の授業
    • 井沢元彦
    • PHP研究所
    • ¥902
    • 2018年02月01日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(2)
  • 戦国時代は応仁の乱から始まったといわれているが、実は20年以上前の第6代将軍、足利義教の暗殺から戦乱の端緒は開かれていた!また、長篠の戦いは、馬防柵によって足止めされた武田の騎兵隊の馬が鉄砲の轟音に驚き、自滅したのが真相だった。このように、今までの定説と大きくかけ離れた事実が、戦国時代にはいくつもある。歴史の教科書を鵜呑みにしていては、戦国のリアルな実像はわからない!
  • 京都下鴨なぞとき写真帖 2
    • 柏井 壽
    • PHP研究所
    • ¥682
    • 2019年05月10日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(1)
  • 京都の老舗料亭の当主・朱堂旬は、番頭に仕事を任せて遊んでばかりーと周囲には思われているが、じつは人気写真家・金田一ムートンとして、葵祭や祇園祭、十日ゑびすや紅葉の名所等、京都の風物を撮影していた。彼のカメラがとらえるのは景色だけではなく、訪れる人々の秘めた悩み。「松葉」のにしんそばなど、京都グルメでその心を癒しながら、ムートンは彼らの問題を解きほぐしていく。文庫オリジナル。
  • 徳川家康
    • 岳真也
    • PHP研究所
    • ¥1012
    • 2017年01月06日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 負けて逃げて、負けて逃げての繰り返し…。武田信玄の術中にはまって三方原で大敗、盟友・信長には息子・信康を弑するよう命じられて従い、秀吉には局地戦で勝ちながらも、卓越した外交手腕の前に膝を屈した。なぜ、かような男が乱世を制することができたのか。忍従を強いられた壮年期から、大勝負に打って出た晩年まで、家康の秘められた胸中を独白体で描き切った歴史長編。

案内