カミクズヒロイ書籍検索 楽天ウェブサービスセンター

PHP の検索結果 標準 順 約 2000 件中 1861 から 1880 件目(100 頁中 94 頁目) RSS

  • みっともない老い方
    • 川北義則
    • PHP研究所
    • ¥792
    • 2011年06月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.75(14)
  • 死に物狂いで働いて、ようやく手にした第二の人生。誰もが豊かな老後を送りたい。ところが、現役時代にがんばった人ほど、過去の栄光にしがみつき、会社の肩書や人間関係をそのまま引きずってしまう。いつまでも他人と比べて一喜一憂し、思いどおりにいかないとキレる…。そんな、みっともない老い方をしていませんか?リタイアすれば「ただの人」。60歳になったら「昔はよかった」はやめて、「素」の自分で現在を愉しもう。人生80年。「死ぬときは死ぬがよろしく候」の境地で最期を迎えるために大切にしたいこと。
  • 消滅都市
    • 下田翔大(株式会社WrightFlyerStudios)/高橋慶
    • PHP研究所
    • ¥1320
    • 2015年03月17日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 2.0(2)
  • 3年前、ひとつの都市が忽然と消えた。運び屋のタクヤと、消滅した都市ーロストーから唯一生還した謎の少女ユキ。二人は、消息を絶ったと思われていたユキの父親からのメッセージを頼りに、ロストの中心部へと向かう旅をしていた。ロストをめぐり、ツキやタイヨウをはじめとする研究者たちや、消滅に巻き込まれ亡くなったユキの弟・ソウマらのタマシイとの戦いの末、辿り着いた先に待ち受けていたのは、ロストを引き起こした核(コア)と融合し、変わり果てた姿になったユキの父親だったー。あれから数日。空から石灰が舞い落ちる世界で、タクヤとユキは、ふたたび旅に出ようとしていた…。人気スマホゲーム公式ノベル化!消滅から始まる「もうひとつの物語」。
  • 異端児
    • 松下隆一
    • PHP研究所
    • ¥1650
    • 2017年10月20日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 東大生・京大生が「大工になりたい」と志願する建設会社、日本一の大工集団をめざす平成建設をつくった男。
  • 知的人生を楽しむコツ
    • 齋藤孝
    • PHP研究所
    • ¥1320
    • 2017年06月16日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(1)
  • 人生から「つまらない」が消えていく!気持ちが落ち着き、毎日が豊かになる。すぐに実行できる具体例の宝庫。
  • 東大卒プロゲーマー
    • ときど
    • PHP研究所
    • ¥836
    • 2014年07月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(52)
  • 道なき道を選び続ける若きプロフェッショナルが赤裸々に綴った、自省と開眼の書。ゲームと勉強をリンクさせて東大に合格、バイオマテリアル研究における成果が国際学会で評価されるほどの人物は、なぜエリートコースを捨て、未開の地ともいえるプロゲーマーの世界へ進んだのか。論理の限界にぶつかったIQプレイヤーが、何を考え、どう行動したのかーゲームをとおしてたどりついた、新しい勝利の方程式。
  • アメリカの戦争責任
    • 竹田恒泰
    • PHP研究所
    • ¥902
    • 2015年09月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.17(19)
  • 戦後70年、先の大戦を論じる時に日本では様々な「戦争責任」が語られる。しかし、そこで誰も表立って触れない論点が、戦後最大のタブーともいわれる「アメリカの戦争責任」だ。原爆投下の目的が戦争終結を早めるためだった、という言説はどこまで正しいのか。「ポツダム宣言」をめぐる米ソの攻防、削除された「天皇条項」など当時の資料を渉猟しながら、「日本を降伏させないこと」をアメリカが考えるようになった驚愕の経緯を著者は描き出していく。そうした問題を両国が直視し、互いの過ちを知ってこそ、真の日米友好の礎が築かれるはず。気鋭の作家が自らの覚悟を込めた一書。
  • 本当のことがわかる昭和史
    • 渡部昇一
    • PHP研究所
    • ¥1650
    • 2015年07月15日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 4.0(2)
  • だから日本は、戦った!軍官僚の派閥抗争、コミンテルンの暗躍、人種差別への悲憤慷慨…「些細なこと」が歴史を変える。
  • 現代建築のトリセツ
    • 松葉一清
    • PHP研究所
    • ¥902
    • 2016年05月13日
    • 要確認
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • ザハ・ハディド、キール・アーチ、デザインビルド…新・国立競技場をめぐる議論で飛び交った「現代建築」の固有名詞や専門用語。これだけ世間の関心を集めたのに、その歩みや作品の価値については知らないことばかり。そもそも現代建築の「現代」っていつから?モダニズムとポスト・モダニズムはどこが違う?超高層ビルは国家の象徴だけど、ショッピングモールはただの金儲けの手段?日本の現代建築の名作は、寿命わずか30年?丹下健三、磯崎新、安藤忠雄ら日本の建築家たちはなぜ世界から尊敬されるのか?本書を読めば、今日からあなたは現代建築ニュースの解説者に!
  • アジアを救った近代日本史講義
    • 渡辺利夫
    • PHP研究所
    • ¥990
    • 2013年12月13日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(2)
  • 反省と批判の言葉に溢れたわが国の近代史。だが著者はいう。国家の歴史を肯定的に受けとめずして、充実した人生を送ることはできないー。明治維新から異例の速度で近代主権国家の枠組みをつくりあげ、台湾・韓国の発展に尽力し、大陸の泥沼に嵌って敗戦へと至った日本。しかしアジアの解放を信じ、世界に雄飛した人々の信念は心を揺さぶってやまない。そうした「戦前のグローバリズム」を体現する拓殖大学の草創期を担った桂太郎、後藤新平、そして新渡戸稲造。稀代の人物たちの思想と行動を読み解きながら、日本人としての自信と誇りを呼び覚ます迫真の学び直し講義録。
  • 明日、世界が終わるとしても
    • 太田忠司
    • PHP研究所
    • ¥924
    • 2016年05月08日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 3.5(2)
  • 一九九九の年、七の月、空から恐怖の大王が降ってくるだろうーノストラダムスの予言を知った四人の高校生は「死」を思い、残された期限をどう生きるかを考える。その記憶は、大人になった彼らの人生に意外な影響を与えていくのだった。夢に挑む史生、意外な職につく恵津子。時代の荒波に揉まれながらも「生きること」に真摯に向き合う彼らの姿を描く、胸を揺さぶる物語。
  • 松下幸之助「一日一話」
    • 松下幸之助/PHP総合研究所
    • PHP研究所
    • ¥754
    • 1999年04月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.39(44)
  • 本書は、松下幸之助が生前語った人生や仕事、経営や国家・社会に関する英知と洞察にあふれることばを厳選して、「一日一話」の形にまとめた語録集。経営者としての鋭い感性、数々の難局を切り抜けてきた体験から出る深みある発言は、日常での考え方・生き方の指針となる。仕事や人間関係で迷ったとき、心の支えとなる一著である。
  • 人生、今日が始まり
    • 森光孝雅
    • PHP研究所
    • ¥1650
    • 2017年09月06日
    • 在庫あり
    • 宅配送料無料
    • 0.0(0)
  • 倒産の危機を乗り越え、真の経営者として成長する軌跡を辿る!
  • 腸内細菌キャラ図鑑
    • 藤田紘一郎
    • PHP研究所
    • ¥1430
    • 2017年10月20日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.0(1)
  • 「デブ菌」「ヤセ菌」って何?ウンチで健康度がわかるってホント?乳酸菌・ビフィズス菌・大腸菌…あなたのおなかの「住人たち」をキャラクター化。たのしく学べて、腸内環境がよくなる本!
  • 学校では教えてくれない日本史の授業
    • 井沢元彦
    • PHP研究所
    • ¥859
    • 2013年02月
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 4.15(30)
  • 誰もが学生時代に日本史を習う。しかし、「なぜ源頼朝は天皇家を滅ぼさなかったのか」「なぜ日本人は無謀な戦争に反対できなかったのか」といった本質的かつ重要な問いに、きちんと答えられる人は非常に少ない。本書は、学校の授業や教科書にはない「長いスパンの中で歴史的出来事の本当の意味を考える」という視点で、日本史をもう一度学び直す本。
  • 諸葛孔明対卑弥呼
    • 町井登志夫
    • PHP研究所
    • ¥1012
    • 2015年01月08日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(1)
  • 「赤壁の戦い」-曹操率いる八十万もの大軍を、“奇門遁甲”によって潰走させた軍師・諸葛孔明。そのおそるべき力に対し、曹操がとった奇策こそが、倭国の女王・卑弥呼の召喚だった!邪馬台国女王の正体とは?卑弥呼が操る“鬼道”とは?三国志の英雄と、日本史最大の謎ともいうべき卑弥呼との直接対決の行方はいかに。同時代に生きた二人の異才が壮大なスケールで繰り広げる、奇想天外な長編歴史小説。
  • 「水辺の楽校」の所くん
    • 本田有明
    • PHP研究所
    • ¥1430
    • 2016年06月07日
    • 在庫あり
    • 送料別
    • 0.0(0)
  • 始業式の日、5年生の教室に6年生が入ってきたかとまちがえるくらい大きな男子、所一真くんがぼくのとなりの席になった。所くんは一週間もたたないうちに、クラスのみんなから「トトロ」と言われて、いじられるようになった。そんなある日、所くんが「水辺の楽校」という場所にぼくを誘ってくれた。

案内